記事

追悼・桂歌丸 神田松之丞が語る「“俺を使え”と若手に言い続けた大師匠」 - 日本一知られた落語家の、知られざる「若手愛」 - 「文春オンライン」編集部

神田松之丞さん ©鈴木七絵/文藝春秋

「歌丸師匠、亡くなっちゃいましたね……」。7月2日夕方、予定されていたインタビューに現れた講談師・神田松之丞さんは、取材直前に入った落語家・桂歌丸さんの訃報に声を落としました。直接仰ぎ見た、大先輩の背中とは。思い出を語っていただきました。

師匠が「俺を使え」と言う理由

——突然の訃報でした。

 ええ、驚きました。ただ、僕のような者が、別格の存在である歌丸師匠を語るなんて大変おこがましいことなんです。ですが、今回は別のテーマで取材を受ける予定だったところに訃報が入ってきた。このタイミングだからこそ、ということでお許しいただければと思います。

——歌丸さんは松之丞さんが所属する「落語芸術協会」の会長でもありましたね。

 ただでさえ業界の大先輩なのに、協会の会長でもありますからね。普通だったら、僕のような二ツ目にとっては仰ぎ見るだけの雲の上の人なんです。ところが、歌丸師匠は違って、こんな若手にも気軽に声をかける。しかも「俺を使え」って。

——「俺を使え」ですか。

 一つは俺を会に呼んで客を集めろっていう優しさ。僕たち若手のユニットの会「大成金」にゲストで来ていただいてからは、注目度がそれまでと全く変わりました。もう一つは俺の名前を出して笑いを取ってもいいんだ、という優しさ。それで先日『ダウンタウンなう』に出演した時に、歌丸師匠について「死に待ちですよ」って冗談で悪態ついたんです。お言葉に甘えて師匠を使わせていただいたんですが、あの番組、オンエアが6月22日だったでしょう。病状がそこまでと知らないとは言いながら、後でなんとも言えない気持ちになりました。

 ただ本当に、「歌丸」という名前はテレビから地方公演まで、知らない人はありませんでした。師匠もそれが分かっているから「俺を使え」と言ってくださったんでしょうが、それは紛れもなく『笑点』という番組で培った知名度あってのこと。協会の会長の大きな仕事は落語を普及することですから、その意味ではこれ以上の適役はいなかったと思います。

二つの別の山を同時に登ろうとされていたのかなと

——まさに歌丸さんといえば『笑点』のイメージが強いですが、落語家としての「桂歌丸」を松之丞さんはどのように見ていたんでしょうか。

 まだこの世界に入門する前、落語ばっかり聴いていた時代には寄席で師匠の高座を聴いたこともありました。ただ僕はやな客でしたから、「ああ、笑点の人か」ってかなりバカにした態度で聴いてたんです。そういう括りで見ていた。ところが、プロになってから魅力に取り憑かれていきました。たとえば間の取り方。「大間で話す」と言うんですが、噛み砕くように、ゆっくりと、お客様の反応を待ちながら語ってらっしゃる。おそらく、地方の大きなホールで話すことが多かったので、独特の間合いが自然と身についていたんでしょう。あの説得力は、講談の語り口としても勉強にもなりました。もともと新作落語をやっていた方なのに、古典では圓生型の端正な語り口だし、落語に命を燃やしながら、タレントとして最高峰の人だし……何というか落語家として、二つの別の山を同時に登ろうとされていたのかなと。私が言うと生意気ですが、そういう風にみえました。

——晩年になっても三遊亭圓朝の作品に取り組んだり、積極的に高座に上がっていた印象があります。

 70歳超えて圓朝もののネタおろしをやるんですから、欲が深い。ネタおろしって、若手はともかくも、ベテランになればなるほど怖くてできないものです。名前が大きければ大きいほど、失敗した時のリスクは高くなりますから。でも歌丸師匠という人はブランドを背負いながら、それもやり遂げてしまったんですよね。リスク取ってる感じ、正直それはカッコいいなって思っていました。最晩年の呼吸器つけながら高座に上がる姿だって、芸に対する執念を背中で見せる迫力がすごかった。若手のやる気を奮い立たせるくらいの迫力。

習ってみたかった「真景累ヶ淵 お熊の懺悔」

——歌丸さんからもらった言葉などはありますか?

 褒められたことがあるんですよ。「天保水滸伝 鹿島の棒祭り」という講談。歌丸師匠のドキュメンタリー番組を見ていたら、「今まで聴いてきた『鹿島の棒祭り』の中で松之丞のが一番いい」って言ってくださった。そんなわけはないんですが、そうやって褒めてのばそうとしてくれていたんでしょうね。落語家さんの後輩にだったら、そんな甘い言葉はかけないと思うんですが、講談という他ジャンルにも優しかった。

——若手への目配りが細やかというか……。

 とにかく若手を大事にしてくれました。これくらいの大師匠になると、僕のような二ツ目に稽古をつけるなんてあり得ないんですよ。だけど、歌丸師匠は若手によく教えていましたから、僕にもチャンスがあったかもしれないって思いますね。講談にもなっている圓朝作「真景累ヶ淵」。私も「宗悦殺し」だけ持っているんですが、普通「聖天山」までで終わる人が多いのですが、その続きの「お熊の懺悔」。ご一緒した会でソデで拝聴致しました。私みたいなペーぺーが言うのはなんですが、習ってみたかった。心残りですね。でも、少しでもお話をする事が出来て良かったと思います。

(「文春オンライン」編集部)

あわせて読みたい

「落語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラで寄付集める24時間TV

    渡邉裕二

  2. 2

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  3. 3

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  4. 4

    エアコン我慢には何の価値もない

    赤木智弘

  5. 5

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

  6. 6

    子どもの車内放置 親へ忖度不要

    岩永慎一 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  7. 7

    山本太郎氏ら懲罰の議長こそ問題

    猪野 亨

  8. 8

    園監督が米へ「日本に飽き飽き」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    Amazonの意外なベストセラー食品

    後藤文俊

  10. 10

    ストロー規制 廃プラ溢れる日本

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。