記事

【読書感想】知の越境法~「質問力」を磨く~

1/2

知の越境法 「質問力」を磨く (光文社新書)


Kindle版もあります。

知の越境法?「質問力」を磨く? (光文社新書)

内容紹介
素朴なギモンは貴重な情報源/人に説明して自分の理解を深める/異分野の知恵を借りて停滞を破る/想定外の問いで本音を引き出す――

記者から「週刊こどもニュース」キャスターへ“左遷”されるも、お茶の間の人気を獲得し、「分かりやすさ」を武器にしてフリージャーナリストに転身した著者が、普段の環境を離れ、領域を跨いで学び続けることの効用と、積極的に“移動”することの重要性を説く、私たちのための「越境のススメ」。
 池上彰さんが、自身の「勝ち組ではなかった」半生を振り返りながら、そこで身に着けてきた「生存戦略」について語っている本です。

 NHKの記者からテレビ番組のキャスター、そして、現在の人気フリージャーナリストというのは、エリートコースというか、成功の連続にみえるのですが、本人にとっては、必ずしもそうではなかったようなのです。

 むしろ、NHKの典型的なエリートコースにうまく乗れなかったからこそ、フリーとしての成功があったんですね。

 積極的に自分の道を切り開いてきた、というよりは、行けと言われた場所で、自分なりに工夫する習慣をつけてきたことが、池上さんの道を切り開いていったのです。
 NHKの解説委員は総勢で約40人。それぞれがアメリカや原発や中東などの専門分野を持ち、自分のテーマを追って取材ができます。その結果を、解説番組で解説するのです。

 私はNHK入社後、松江、呉での勤務を経て、東京の社会部で10年勤務しました。その後、キャスターとして、「首都圏ニュース」を5年、「週刊こどもニュース」のお父さん役を11年担当。その間、早くキャスターを辞めて、解説委員になりたい、と思っていました。

 NHKでは、毎年、人事考課表に今後の異動希望先を書く欄があります。私はそこに毎年「解説委員希望」と書いて出していました。すると、あるとき廊下で解説委員長に呼び止められたのです。

「君は解説委員になりたいという希望を出しているけれど、それは無理だな。解説委員には何か一つ専門分野がなければ。君には、専門分野がないだろう」

 NHKでの人生設計が潰えた瞬間でした。

 私は図らずも会社の都合で専門性を持つことがなかったわけで(それはそれで楽しんだのですが)、それなのに、「専門性がない」とは。解説委員になれば、それなりのレベルのことができるという自負はありました。いや、専門家に勝てないまでも、渡り合えることはできるだろう、との思いがありました。

 しかし、解説委員室への扉は閉じられました。

 では、私の強みとは何だろう、と考え直しました。弱点と思われたことが実は強みだった、ということはよくあることで、私はその専門性のなさ=幅広く何でも知っている、というのが他人と違うところではないか、と気がつきました。
 もちろん、その「幅広く何でも知っている」というのも、ちょっとネットで検索した程度ではなくて(というか、池上さんの若かりし頃にはネットはありませんでしたし)、独学でかなりいろんなジャンルの勉強をされているんですよね。

 ある程度専門的な知識を持っていなければ、「子どもたちにわかりやすくニュースを解説する」ことはできませんし。

 池上さんは、自分の強みとして、「それぞれのジャンルでは専門家にはかなわないけれど、幅広いジャンルの知識を持っており、広い視野で物事をみて、それをわかりやすく伝える技術を持っている」というのを見出したのです。
先に名前を出した小柴(昌俊)氏はニュートリノの研究でノーベル物理学賞を受賞しました。受賞後、私が担当していたNHKの「週刊こどもニュース」に出演していただき、こどもたちに説明してもらったのですが、そのとき、私は、「これ何の役に立つんですか」と聞きました。すると小柴氏は「何の役にも立ちません」とはっきり言い切るではありませんか。

 理屈としては、これで宇宙の構造が分かると言いますが、「宇宙の構造が分かったからといって、私たちの暮らしが良くなるわけではありません」とのことでした。

 ところがその後、ニュートリノになる前の段階のミュー粒子が、何でも貫通してしまうのに、火山のマグマは通りにくいことが分かります。これにより、マグマがどこにあるかを特定する。いわば火山のレントゲン撮影ができるようになりました。つまり、役に立つようになったのです。

 同じ理屈で、名古屋大学の研究グループが、エジプトのピラミッドを通過するミュー粒子を観測し、ピラミッドの中に未知の空間があることを突き止めました。

 何の役にも立ちません、と思って研究していたら、ほかのどこかで役に立ってしまった、というわけです。科学の世界にはこういうことがよくあります。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  2. 2

    避難所確保を 蓮舫氏意見に返答

    和田政宗

  3. 3

    安倍3選を阻止できる唯一の人物

    PRESIDENT Online

  4. 4

    よしのり氏 自衛隊員増やすべき

    小林よしのり

  5. 5

    格差を再生産する学歴フィルター

    城繁幸

  6. 6

    安倍首相は危機管理に向いてない

    菅直人

  7. 7

    R-15映画 大人の下ネタに感動

    松田健次

  8. 8

    小室哲哉は「ウソ」の釈明が必要

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ストロー廃止に意識が低い日本人

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    横着は中年の特権 老害化に注意

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。