記事

安倍首相と加計理事長の記憶力は大丈夫か

■大阪地震とサッカーW杯の間隙を縫う記者会見

学校法人・加計学園の加計孝太郎理事長が、岡山市の学園本部で記者会見を開いた。愛媛県今治市での獣医学部新設を巡る初めての記者会見だった。

加計理事長は、愛媛県の文書にある「2015年2月25日」の安倍晋三首相との面会について、「記憶にも記録にもない」と全面否定した。

記者会見が始まったのは、6月19日午前11時過ぎだった。前日の18日朝には、大阪で震度6弱を記録する地震が発生し、新聞やテレビの記者たちはその対応で追われていた。さらに19日夜には、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本対コロンビア戦が予定されていた。


2018年6月19日、記者会見する加計学園の加計孝太郎理事長(右)と岡山理科大の柳沢康信学長(写真=時事通信フォト)

憶測だが、加計氏は「いまがチャンス」と考えたはずだ。大阪の地震とサッカーのW杯で新聞紙面やテレビ番組枠がいっぱいで、「きっと私の記者会見は小さく扱われる」と期待したのだろう。

しかも記者会見は加計学園が2時間前に地元の報道各社にファクスを送って一方的にスタートし、押し切る形でわずか25分で終わった。参加できるのも地元の記者に限られた。東京や大阪で加計学園の獣医学部新設の疑惑を追及する社会部記者たちははじき飛ばされた格好となった。

国民は一連の「もりかけ疑惑」で安倍政権に大きな不信感を抱いている。こんな記者会見で世論を納得させようとするのは、不信感に拍車をかけるだけである。なぜ、加計氏はそのあたりが分からないのか。

■処分の内容も、安倍政権とどこか似ている

記者会見で加計氏は、加計学園が愛媛県に「2015年2月に安倍首相と面会し、獣医学部新設の話をした」との“虚偽情報”を伝えたことについて「多大な迷惑を掛けた」と謝罪した。

加計学園は愛媛県に対し、“虚偽情報”を伝えた事務局長を減給10%(6カ月)の処分とした。加計氏自身は自主的に給与の10%を1年間返納し、理事長の職は続ける。

この処分はあの改竄問題で揺れた財務省の処分にどこか似ている。

財務省は改竄を指示したとされる財務省理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官ら関係する幹部を減給などの処分としたほか、トップの麻生太郎財務相も減給処分の対象にした。だが、麻生氏は財務相をそのまま続けている。

加計学園の今回の処分は、幕を引きたい安倍政権と裏で打ち合わせたうえでの処分だったのではないか。信頼を寄せる腹心の友である安倍首相と、どこかでこっそり会って決めたとみられても仕方がない。

■加計理事長と安倍首相もよく似ている

加計氏は国家戦略特区を活用した学部新設の申請について「問題はなかった」と強調した。

そのうえで安倍首相との関係を「何十年来の友達だが、仕事のことを話すのはやめようというスタンスで会っている。こちらのことは興味ないと思う」と説明した。

このような信じがたいことを、よくいえるものである。「何十年来の友達」なら仕事のことも家庭のことも話すだろう。それが信頼できる友達というものだ。

それなのに「仕事の話はしない」などと強調するから、疑いの目で見られるのだ。安倍首相も似たような国会答弁を繰り返している。2人は似ているのだ。

さらに加計氏は「たまたま総理と仲が良かったことで、こういうことが起きた」とも話していたが、納得しがたい説明である。

■加計ありきで計画が進められたところに疑惑あり

ここで加計学園の問題を手短に復習しておこう。

国家戦略特区制度を活用した獣医学部新設の計画に首相官邸周辺が関与し、加計学園ありきで計画が進められたとの疑惑が持たれている。これが加計学園の問題だ。

学園の加計理事長は安倍首相の古くからの友人だ。文部科学省の記録文書からは「内閣府から『総理の意向』と伝えられた」との記載が見つかっている。

前文科事務次官の前川喜平氏も「官邸側から働きかけを受けた」と証言した。

安倍首相は学園の計画を「17年1月20日」に知ったとしていた。

ところが加計氏が「15年2月25日」に安倍首相と面会し、安倍首相が「いいね」と語っていたとの愛媛県の文書が新たに出てきた。安倍首相や加計学園側は面会そのものを否定している。

加計学園が運営する問題の岡山理科大獣医学部は、今年4月に愛媛県今治市に開学した。

■朝日は「具体性も説得力も欠く」と批判

ここでいつものように各紙の社説を読み比べたい。まず朝日新聞の社説(6月20日付)を見てみよう。

「問題の鍵を握る人物がようやく公の場に出てきたというのに、その説明は具体性も説得力も欠いていた。これでは到底、疑念の払拭はできない」と書き出し、見出しもストレートに「これでは納得できない」と主張する。

続けて朝日社説はこう訴える。

「(愛媛)県の文書には、学園が首相との面会の実現に腐心したり、面会を受けて首相秘書官から資料提出の指示を受けたりしたとの記述もある。単に面会の事実を否定するだけでは、つじつまが合わない」

その通りで今後、加計氏はそこをより具体的に説明していくべきだ。

さらに「面会の際に学園側が提供したとされる資料が、文部科学省内に残っていたことが最近判明した。一連の県の文書の信憑性を裏付けるものだ。加計氏が面会を否定する根拠が『記憶も記録もない』というだけでは、とても信用するわけにはいかない」

加計学園が提出したとされる資料というのは、愛媛県から文科省の担当者に渡ったものだろう。疑惑の解明に欠かせない貴重な資料だ。今後、文科省は進んで公にしてほしい。

また加計氏の「記憶にない」という発言は、政治家が国会の答弁でよく使うセリフである。このセリフが好都合なのは、後でいくらでも修正が効くからだ。つまりまずいと感じたら「思い出した」といえばうそにはならない、という理屈だ。

■加計理事長の対応は不誠実そのもの

朝日社説は、加計氏の記者会見の問題点にも言及する。

「そもそもきのうの会見の設定自体、誠実に説明責任を果たそうという姿勢から程遠かった。会見の案内は開始時間のわずか2時間前。出席者は地元の記者に限られ、東京や大阪などでこの問題を追跡してきた記者に機会を与えなかった。質問が続くなか、会見は加計氏の『校務』を理由に30分足らずで打ち切られた」

沙鴎一歩が怒りを込めて前述したのと同じ内容である。加計氏のマスコミに対する対応は不誠実そのものだ。

さらに朝日社説はこうも指摘する。

「学園側の不誠実な対応は他にもある。参院予算委員会が、面会を捏造した理由や経緯などを示す資料を提出するよう求めたのに対し、『ゼロ回答』で応じたことだ。与野党そろっての要請をどう考えているのか」
「加計氏の形ばかりの会見は、国会が最終盤にさしかかり、この問題の幕引きを急ぐ政権側の動きと軌を一にしている」

まさに幕引きを狙う安倍政権と動きがいっしょで、やはり安倍首相側と加計学園は、ひそかに打ち合わせをしている可能性が高い。

■加計理事長の証人喚問は必至だ

毎日新聞も6月20日付社説で「軽すぎる『作り話』の始末」と加計学園の内心を見抜いた見出しを掲げ、こう指摘している。

「加計氏は面会を虚偽だとする明確な根拠を示さず、『記憶にも記録にもない』と説明しただけだ。そのうえ、軽い内部処分とおわびで済ませようというのは、ことの重大さをわきまえていない」

その通り。マスコミだけではなく、国民をばかにしている。それなのに世論の反発は鈍い。それでは加計学園と安倍政権の思うつぼである。

毎日社説は最後にこう主張する。

「野党の要求する証人喚問について加計氏は『私が決めることではない。お待ちしております』と述べた。与党が喚問を拒む理由はない」

■「お待ちしております」とは国会もなめられたものだ

「お待ちしております」とは国会もなめられたものである。耳を疑いたくなる発言だ。野党は何度も加計氏の証人喚問を求める発言を国会で繰り返してきたではないか。安倍首相と親しいと、ここまでいえるのだろうか。焦点のぼけた国会答弁を繰り返して野党の追及をかわそうとする安倍首相の姿に重なる。

加計氏にここまでいわれた以上、証人喚問は必至である。国会は加計氏の証人喚問を避けてはならない。

ところで加計氏の記者会見を社説のテーマにしたのは朝日と毎日のほか、東京新聞の社説(6月20日付)が「国会での解明が必要だ」(見出し)と主張している。

他紙も社説のテーマに取り上げ、世論を喚起してほしい。

(ジャーナリスト 沙鴎 一歩 写真=時事通信フォト)

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  2. 2

    小室氏が婚約者主張? 宮内庁怒り

    NEWSポストセブン

  3. 3

    海外持ち込み不可のお菓子に驚き

    メディアゴン

  4. 4

    能力ない2割の人と共存する社会

    Chikirin

  5. 5

    橋下氏「自民亭」への批判に苦言

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島豪雨で見えたマツダの地元愛

    片山 修

  7. 7

    支持0%台の国民党 悲惨な代表選

    文春オンライン

  8. 8

    はあちゅう氏話題 事実婚の欠点

    キャリコネニュース

  9. 9

    台湾が日本の災害に親身になる訳

    WEDGE Infinity

  10. 10

    不倫の安倍チルドレンまた文春砲

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。