記事

警察がウイルス扱いしている「Coinhive」がイノベーションになりうる理由。

スクリーンショット 2018 06 17 9 19 01

「ユーザーの同意なくCPUパワーを使う+そのリソースでマイニングをする」ことがウイルス扱いされているようですが、これが駄目だとイノベーションの芽が摘まれるんですよねぇ。

PoWによるある種の「認証」行為は、広告では実現できません。

悪意あるユーザー、不正行為を働くユーザーを排除する際にPoWを使うというのは、大いに有り得る考え方で、それはまさにブロックチェーンを堅牢にしている考え方でもあるわけです。

「ユーザーにPoWを求める」という技術は小さな芽かもしれませんが、将来的にはスタンダードになりうる発想です。

未来のウェブサービスでは、Coinhiveのように、一定のCPUパワーを捧げることが当然になりうる……ということです。

日本では、残念ながらこの芽は事実上摘まれてしまったように見えます。ちーん。この分野もまた、海外のプレーヤーが取っていくんでしょうねぇ。

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  2. 2

    小室氏が婚約者主張? 宮内庁怒り

    NEWSポストセブン

  3. 3

    海外持ち込み不可のお菓子に驚き

    メディアゴン

  4. 4

    能力ない2割の人と共存する社会

    Chikirin

  5. 5

    橋下氏「自民亭」への批判に苦言

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島豪雨で見えたマツダの地元愛

    片山 修

  7. 7

    支持0%台の国民党 悲惨な代表選

    文春オンライン

  8. 8

    はあちゅう氏話題 事実婚の欠点

    キャリコネニュース

  9. 9

    台湾が日本の災害に親身になる訳

    WEDGE Infinity

  10. 10

    不倫の安倍チルドレンまた文春砲

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。