記事

記事をそのまま丸ごとスキャンしてネットにあげてはダメなんです・・・

最近、自社が載った記事を丸ごとスキャンして「うちの会社の記事が出ました!」とフェイスブック等で紹介するケースを頻繁に見かけるようになりました。

新聞記事や雑誌記事を読めないように部分的に写真に撮ってしてアップし(著作権に配慮)っていう手法は多く見られましたし、また一部引用で出典元を示すというのが正しい方法だったかと思います。

フェイスブックは仲間内しか見ないから大丈夫と思っているのかもしれません。そもそも自分が買った新聞・雑誌だから良いのでは?と感じている人もいそうです。

実はこの話はデリケートな話題で、以前ご指摘したところ「細かいうるさい人」と思われてしまったのでした。それからは見かけても完全スルーを決め込んでいるのですが、あまりに多かったので思わずブログで取り上げる次第です。

私自身が広報関連の仕事をしていること、また記者と頻繁に接点があることで尚更気になるのかもしれません。

フェイスブックに限らず、記事全文掲載の問題は多くあります。

この件に関しては目黒広報研究所で田中さんが取り上げていますので、よろしければこちらもご一読ください。

田中さんのブログの一部を引用しておきます。
広報の仕事においてもっとも身近な例としては、記事のコピーがあげられます。著作権法の第2条で、著作物とは「思想又は感情を創作的に表現したもの」と規定しています。新聞の記事や雑誌の記事も著作物に該当します。私的に利用するためにコピーすることは許されていますが、記事を無断でコピーして社内で配ったり、無断でスキャンして社内ウェブに掲載したりすることは、著作者の持つ複製権を侵害することになってしまいます。
一方で、著作権法には制限規定というものがあって、著作権者から許諾を得ないでも著作物を利用できるケースがいくつかあります。それが私的利用や引用などです。特に記事を引用する場合は、引用部分がわかるようにカッコなどで区別する、出所を明示するなどの原則について知っておくと便利です。

トピックス

議論「信頼性向上狙い塾講師を国家検定に…」必要あると思う?

新着ニュース

  1. コンゴ男性の難民認定命令 「政治的迫害恐れ」
  2. 改正農協法が成立 JA全中の事業議論加速
  3. ご当地「ボス」7地域別に発売 サントリー食品
  4. 予防接種受けない米幼児、感染症まん延のリスクに=CDC
  5. 仏エルメス、15年上期の営業利益は20%増で予想通り
  6. 焦点:夏場も期待外れの消費回復、低所得層拡大に政府も危機感
  7. 第2四半期の英GDP改定値、前期比+0.7% 速報値と同じ
  8. 副操縦士が訓練飛行中、沖縄事故 第一航空が会見
  9. チプラス前首相の急進左派連合、ギリシャ世論調査で首位
  10. 米FRBのインフレ目標、中国不安や国際化で達成困難との見方も

ランキング

  1. 1

    "非科学的"遺伝子組換え作物論争に終止符を

    BLOGOS編集部PR企画

  2. 2

    "財政破綻なんて全くもって非現実的な話"

    Chikirin

  3. 3

    マツコも指摘? 弱者である"若者"が嫌われる

    田中俊英

  4. 4

    韓国に"一石二鳥"の成果だった世界遺産問題

    nippon.com

  5. 5

    武藤議員ブログが"ブラックすぎる"と話題に

    キャリコネニュース

  6. 6

    「戦争したいんでしょ」自衛隊が受ける誤解

    岡田真理

  7. 7

    "戦争法案許せない"学生が国会前でハンスト

    田中龍作

  8. 8

    愚かな鹿児島知事の"女性に数学は不要"発言

    岩田温

  9. 9

    "リア充"たちでさえ五輪開催に自信なくす?

    SeaSkyWind

  10. 10

    英"女性専用車両"を議論 性犯罪増加が原因

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。