記事

左翼・フェミニズムの設計主義は文化を滅ぼす

左翼・フェミニズムはイデオロギーであり、設計主義である。

女性の地位向上は必要で、セクハラもやってはいけない行為であるが、あくまでも日本人の道徳観や美意識で捉えるべきであり、「漸進的」に改革していく啓蒙活動は必要だと思っていた。
したがって日本への「#MeToo」運動の流入も、ヒステリーにならない範囲で許容してもいいと考えていた。

だが、アメリカでは「5秒以上見つめるのは禁止」や「一度断わられたらデートに誘わない」という非常識なルールまで設計されている状況らしい。
かつて「101回目のプロポーズ」なんてドラマが大ヒットしたが、あんな主人公は今なら100回逮捕されるだろう。

美人コンテストのミス・アメリカも、今後は水着審査や、イブニングドレス審査を止めるそうである。
外見の美しさを審査するのがセクハラらしく、今後は内面の審査を行うようだが、人間性で優劣をつけるのなら、もっと差別的になる。
左翼・フェミニズムはイデオロギーだから、火がついたら急進的な革命になる。

財務省の福田事務次官のセクハラ糾弾の急進性に対して、わしは警告を発していたが、それは左翼イデオロギーの日本への侵入を水際で食い止めるためである。
設計主義の侵入を食い止める態度こそが、「保守」の真髄なのだ。
わしは、フランス革命を徹底批判したエドモンド・バークと同じことをしているに過ぎない。

決してセクハラを肯定したりしていない。
だがヒステリックで急進的な左翼・フェミニズムとは、断固戦わなければ、文化が滅ぶのである!

あわせて読みたい

「左翼」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  4. 4

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    早稲田の名物教授にセクハラ疑惑

    PRESIDENT Online

  7. 7

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

  8. 8

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  9. 9

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

  10. 10

    在京テレビは被災経験局を見習え

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。