記事

イタリア新政権の財政計画、債務持続性の不透明感増す=格付け会社

[ロンドン 13日 ロイター] - ドイツの格付け会社スコープは13日、イタリアの新政権が掲げる歳出拡大策や増税撤回計画について、既に懸念されている同国の債務の持続性を巡り不透明感を高めていると指摘した。

大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」と極右「同盟」による連立政権が提示した財政計画に格付け会社が直接言及するのはこれが初めて。

スコープはイタリアの格付けを「Aマイナス」としている。これはS&Pグローバルやムーディーズ、フィッチの格付けより2段階高い水準。

スコープはリポートで「五つ星運動と同盟の連立政権樹立は、マクロ経済と財政政策の見通しに不透明感をもたらす」とした。

また「2019年の付加価値税(VAT)増税や2011年の年金改革を撤回するとしている連立政権の計画は、1000億ユーロ超(対国内総生産比5.8%超)の政策パッケージのごく一部が実施されただけでも債務を圧迫する」との見方を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  2. 2

    キャラ名刺やめろ 弁護士が警鐘

    BLOGOS編集部

  3. 3

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  4. 4

    棚橋弘至 40代は現実受け入れよ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    よしのり氏 医師の文句受け失望

    小林よしのり

  6. 6

    安倍外交批判するロシア紙に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    杉田氏擁護で炎上 評論家が反論

    キャリコネニュース

  8. 8

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  9. 9

    正恩氏「北朝鮮はみすぼらしい」

    高英起

  10. 10

    プーチン氏発言に苛立つ安倍首相

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。