記事

紀州のドン・ファン怪死「22歳幼妻」がセクシービデオに

 5月24日に、和歌山県田辺市の自宅で急死した野崎幸助さん。77年の人生で、4000人の女性に貢いだ性豪、「紀州のドン・ファン」が亡くなって、20日近くが過ぎた。6月6日、和歌山県警は、その死因を「急性覚醒剤中毒」と結論づけた。

 誰が覚醒剤を摂取させたのか。謎が謎を呼ぶ事件の渦中にいるのは、22歳の妻・Sさん。2018年2月に結婚し、50億円ともいわれる資産の相続人となった「悲劇の幼妻」である。一夜にして、人生の支えを失った彼女の過去が、捜査で明らかになったという。 

「結婚前の2017年、少なくとも4本のビデオに出演していた」と話すのは、前出の捜査関係者だ。野崎さんの死後、県警は、野崎さんが経営していた会社関係者への家宅捜索、取調べを開始。従業員の携帯電話を押収したところ、出演作品のデータが複数見つかった。

「社長が亡くなる少し前に、Sさんがビデオに出ていたことが社内で話題になったんです。みんなその映像を持っていました」(会社関係者のA氏)

 本誌が入手した画像は、“素人”を謳ったモデル体型の美女が登場する「MGS動画」で配信されたシリーズ作のひとつ。これに、Sさんが出演していたのだ。「遺体の第一発見者だから、経歴を調べられるのは無理もない」(社会部記者)というのだから、Sさんの心中は穏やかではないだろう。

 Sさんはほかに、素人女性が駅でナンパされてホテルに連れ込まれる作品にも登場している。この作品の制作に関わった業界関係者が明かす。

「おとなしくて優しいコ。撮影時にはわがままも言わず、しょうもない会話にもつき合ってくれていた。素人ものは人気が高く、街を歩いていたら誰もが振り向くほどの美人でないと起用されません」

 このメーカーに問い合わせると、「いっさいお答えすることはありません」と答えた。

 札幌から上京後、モデル事務所にスカウトされていたというSさんに、野崎さんはとにかくゾッコンだった。

「Sさんとのツーショット写真を会社のあちこちに貼っていました。社長は、Sさんを嫉妬させたくて、ほかの女性に自分とのツーショット写真を自宅や会社に送らせることも。それだけに、Sさんのビデオ出演を知った社員は『気の毒だね』と言って、内緒にしていたんです。亡くなるまで知らなかったと思います」(同前)

 Sさんは、野崎さんの資産の4分の3、金額にして約37億円もの資産を相続する権利を持つ。警察やメディアが、その一挙手一投足に注目するのも無理はない。

(週刊FLASH 2018年6月26日号)

あわせて読みたい

「紀州のドン・ファン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  2. 2

    よしのり氏 禁煙巡るヤジ許せぬ

    小林よしのり

  3. 3

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  4. 4

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

  5. 5

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  6. 6

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  8. 8

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  9. 9

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。