記事

米朝共同声明は第一歩 非核化の具体性がないからダメではない 米艦軍事演習の中止を歓迎する

初の米国と北朝鮮のトップ同士の会談が実現し、米朝共同声明が発表されました。
米朝共同声明

多くのマスコミがこの米朝共同声明に対し、具体的な道筋が示されていないという論調であり、ある意味では非難が込められています。
米朝あいまいすぎる合意 結局、北朝鮮の主張ほぼ丸のみ」(朝日新聞2018年6月13日)

これまでも何度も「非核」という北朝鮮の言動に翻弄されてきたということも背景にあるのかもしれません。

しかし、この米朝会談の直前まで相互に威嚇ばかりを繰り返してきただけでなく、米国トランプ氏はみさかいのない行動に出るのではないかという不安が常につきまとう人でしたので、今回の米朝会談の実現は、平和を望む人たちにとっては何とも言えず、胸をなで下ろしたのではないでしょうか。

この米朝会談の実現は、ひとえに韓国の文在寅大統領の尽力のたまものです。米朝それぞれの指導者がどんなに挑発的な行動を繰り返そうとも会談の実現のために文氏がいろいろと演出に苦労してきたことが実現に結びついたのです。

これに引き替え、日本の安倍政権ときたら米国に追従どころか煽るだけの立ち回りしかしてこなかったのですから、本当に恥ずかしい存在です。

制裁強化だとか、二言目には拉致問題がというのですが、それはそれです。まずは朝鮮半島、極東の平和の実現こそが大事なときであり、相互の信頼関係を築かなければ何事も進展しません。

拉致問題も同じで、今のままで「強行」姿勢をとり続けて何が解決しますか。明らかに日本国内向けのポーズにしかなっていないわけです。

日本政府の対応でさらにずれているのが、米国トランプ氏が米艦軍事演習の中止の表明に対して、「懸念」を表明したことです。
安堵した矢先の米韓合同演習中止 日本の安全保障どうなる?」(朝日新聞2018年6月13日)

「米韓演習、在韓米軍を含め東アジアの安全保障に重要な役割を持っている。北朝鮮は非核化の約束はしたが、具体的な動きが見えない中で、我々が警戒監視を変えるような態勢は考えていない」。

小野寺五典防衛相は13日、記者団にそう語り、トランプ氏の意向表明に懸念を示した。

普通の感覚があれば、この時期だからこそ北朝鮮に向けられた軍事演習など中止して当然です。

突如としてトランプ氏が発言したそうですが、思いつきとはいえ英断です。「懸念」を示す方がどうかしています。一方で軍事演習を実行しながらその対象国に核兵器を廃絶せよなんて言ってみても説得力はないではありませんか。

日本政府は、米朝関係が円満になっていくよりも、対立してもらっていた方がいいという動機が透けて見えます。

煽るだけ煽った…

[画像をブログで見る]

考えてみれば北朝鮮が求めているのは国家指導体制の保障です。そのために体制保障を担保するものが核兵器だったわけです。経済支援も欲しているでしょうが、それは北朝鮮が国として、海外の投資に対して安全を保障することによってのみ実現するものです。

もともと米国トランプ氏がこの極東地域において軍事力を行使したいという気持ちは中東ほどではないのでしょう。

イスラエルの米国大使館をエルサレムに移転させるのも利権と集票のためというように大きな利害がありますが、そのためにはイランとの核合意ですら反故にするという暴挙までやってのけています。世界からひんしゅくを買おうとも全く意に介さない強者です。

逆に北朝鮮に関してはそうした意味での利害などありません。米国本土の安全さえ確保できれば、後はどうでもいいという程度の問題です。

米韓合同軍事演習中止や在韓米軍の削減などは米国にとっては経費削減の意味しかありません。

そうしたトランプ氏の姿勢であるにも関わらず、米国頼みの強硬姿勢をとり続けた安倍政権は本当に滑稽です。

もちろん今回の米朝会談が実現したことをもって将来に渡って平和が実現するという保障はありませんが、しかし、実現しないより実現した方がいいに決まっていますし、これ自体がまた再度の第一歩にもなるものです。

あわせて読みたい

「米朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  3. 3

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  4. 4

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  5. 5

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  6. 6

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  7. 7

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  8. 8

    橋下氏 原発めぐるバトルの裏側

    AbemaTIMES

  9. 9

    世界大学ランク 数では日本が2位

    ベネッセ 教育情報サイト

  10. 10

    下ネタOK ガッキー30歳の新境地

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。