記事

拉致被害者が死亡していたらどうするのかと口にした中西教授

米朝首脳会談の評価をめぐる有識者の座談会が花盛りだ。

その一つであるきょう6月14日の毎日新聞「米朝首脳会談識者座談会」で、京都大大学院教授の中西寛氏が拉致問題に関するくだりでこう語っていたのを見つけた。

「・・・北朝鮮を信用できないから拉致被害者の生存を前提にする交渉手法も分からなくはない。だが不幸にも死亡していた場合はどう決着するか、日本の外交関係者は明確にする必要がある・・・」と。

これこそが、誰もが思っている事であり、そして誰もが言い出せないことだ。

その、誰もが言い出せない究極の質問を、中西寛という保守の国際政治学者が大手新聞紙上ではじめて、「死亡」という言葉を使って提起してくれた。

もはやタブーは破られたのだ。

野党は国会でこの言葉をそのまま使って質問すべきだ。

メディアは国民に代わってこの質問を記者会見で問いただすべきだ。

そして、その相手は日本の外交関係者ではなく、安倍首相自身だ。

もはやタブーは取り除かれたのだ。

この質問こそ安倍首相を追い込むことになる究極の質問だ。

いよいよ拉致問題は最後の段階に入って来たという事である(了)

あわせて読みたい

「拉致問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    価格破壊QBハウス 値上げは責務

    自由人

  2. 2

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  3. 3

    阿波踊り強行で踊り手自滅の恐れ

    AbemaTIMES

  4. 4

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  5. 5

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  7. 7

    経営能力ない大塚家具のシナリオ

    ヒロ

  8. 8

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  9. 9

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

  10. 10

    ネットで散見されるダメな批判例

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。