記事

独経済成長予測を下方修正、イタリアや貿易紛争巡り懸念=DIW

[ベルリン 13日 ロイター] - ドイツ経済研究所(DIW)は13日、2018年のドイツの経済成長率予測を0.5%ポイント下方修正し、1.9%とした。

年初の成長率が予想外に低く、海外発のリスクも高まっているという。

DIWは「イタリアなど一部の欧州諸国を巡る懸念や、米国と他の諸国の貿易紛争がエスカレートする可能性などを背景に不透明感が浮上している」と指摘。

各国の企業が不透明な事業見通しを受けて投資を縮小しており、これがドイツの輸出の伸びを抑制する要因になっているという。

2019年の経済成長率予測は0.2%ポイント下方修正し、1.7%とした。

DIWのフラッツシャー所長は「イタリア情勢によって、ユーロ圏債務危機が再燃するのではないかとの懸念が浮上している」として、欧州、とりわけドイツ政府は、欧州の改革議論を促す必要があると指摘。

「提案や選択肢はそろっており、今は行動する時だ」とし、欧州諸国は一丸となる必要があり、トランプ米大統領や保護貿易主義に対抗すべきとの見方を示した。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  4. 4

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

  8. 8

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

  9. 9

    橋下氏 トランプ氏の交渉は神業

    PRESIDENT Online

  10. 10

    在京テレビは被災経験局を見習え

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。