記事

北の独裁者を褒めちぎって功を急ぐトランプ大統領の頭の中


【金正恩氏を「素晴らしい人物」と評したトランプ氏(AFP=時事)】

 史上初の米朝首脳会談が成功裏に終了した。しかし、よくよく昨年の事を思い起こすと、トランプ大統領は戦略爆撃機や空母を朝鮮半島近海に展開して軍事的圧力を加え、さらにツイッターで「チビのロケットマン」などと金正恩委員長を侮辱する発言を連発していた。

 あれほどまでに互いを侮辱していたのに、首脳会談での二人は笑顔を絶やさなかった。普通の人間関係なら修復不能なレベルの侮辱の応酬だったのだが、互いに過去の発言を謝罪することなく笑顔になれるのは、トランプ氏にも金正恩氏にも、それぞれ打算が働いているからなのだろう。つまり、win-win(ウィンウィン)が成り立っているのだ。

 トランプ氏の金正恩氏に対する発言の変貌ぶりは、長期的な戦略のもとで熟慮しているものではないだろう。とても一貫した政治理念を持った人物によるものとは思えない。まさに「予測不能」なのだが、そのような発言や行動が大統領の権威を失墜させ、北朝鮮にバカにされていることに、米朝交渉で失敗を繰り返す前に気付くべきだろう。

◆すべてはトランプ大統領の気分次第

 トランプ氏のこれまでの姿勢を見ていると、今後の交渉で何らかの合意に達したとしても、それを信頼してもよいのか疑問が生じる。

 最近では5月8日、トランプ氏はオバマ前政権が締結したイランとの核合意から離脱すると発表した。そして、合意の見返りとして解除していた経済制裁を再び実行すると明らかにしたように、トランプ氏にとっては「合意の破棄」のハードルは低い。

 もし、北朝鮮がトランプ氏の思い通りに動かなかったら、トランプ氏は合意の破棄をほのめかして北朝鮮を脅すだろう。また「戦争カード」をちらつかせるかもしれない。逆に北朝鮮がトランプ氏の思い通りに動き続ければ(機嫌を損なわなければ)、金正恩体制の保証を続けるだろう。

 首脳会談後の記者会見でトランプ氏は、金正恩氏を素晴らしい人物だと褒めちぎっていたが、金正恩氏は自分の権力を守るためなら、多くの自国民を飢えさせ、邪魔な人物は銃殺し、20万人もの人々を強制収容所へ収容して人権を蹂躙することも厭わない独裁者なのである。

 このような残虐な独裁体制の存続を保証し、独裁者を賞賛するトランプ氏は、信頼するに値する常識のある人物なのだろうか。

◆中間選挙しかみていないトランプ大統領

 今回の米朝首脳会談は歴史的なものだが、その意義は今後の経過を見なければ分からない。現段階で首脳会談の意義を評価するのは拙速なのかもしれないが、今年11月の中間選挙に向けて、たとえ表面的なものであっても目に見える成果をあげたいトランプ氏の頭のなかには、長期的な戦略はないだろう。

 この点が、これまでの米朝交渉にはなかった問題点といえる。そして、それが実務レベルの交渉を進める際の米国側の弱点となる。北朝鮮は功を急ぐトランプ氏が置かれた心理と、大統領の方針を無理にでも実現しようとする国務省の交渉担当者の心理を利用して、巧妙な戦術で交渉を進めるだろう。

 すでに2度目の首脳会談開催の可能性について報道されているが、それはあり得る話だ。北朝鮮はトランプ氏の興奮冷めやらぬ間に、次々とカードを切り、自国のペースで交渉が進むように仕向けるだろう。

 北朝鮮にとって、トランプ氏ほど分かりやすい米国大統領は初めてだろう。米国の国益ではなく、個人的な自尊心をくすぐれば意のままに動いてくれるからだ。問題は「予測不能」な人物であることだが、これを克服すれば北朝鮮に有利に働く。

◆日本は独立国としての決断をすべき

 米国が金正恩体制を保証することは残虐な独裁政権の存続を認めることだが、自国の安全保障のためならダブルスタンダードでも構わないのだろう。

 日本はトランプ氏のダブルスタンダードの犠牲となる。日本人拉致問題の解決に向けた動きとは関係なく、米国は日本へ北朝鮮に対する非核化に必要な費用の拠出や、経済支援を行うことを求めてくるからだ。

 日本が米国の財布代わりになるのは、いまに始まったことではないが、日本は米国の同盟国だが属国ではないので、トランプ氏の言いなりになるべきではない。日本の国益と米国の国益は一致している訳ではないし、今回の米朝首脳会談の目的も米国の安全保障のために開かれたものだからだ。

 北朝鮮が非核化だけでなく、日本を攻撃するための準中距離弾道ミサイル(ノドンなど)の廃棄など、日本の安全保障に寄与するステップを確実に進むまでは、米国と足並みを揃えるための経済制裁緩和は避けるべきだろう。

 北朝鮮側の行動に対する対価としての経済支援は最小限とし、強力な経済制裁の継続することで金正恩政権を崩壊させるべきだ。経済制裁の効果が出ているからこそ、北朝鮮は対話を求めてきたのだから、それを利用すべきではないだろうか。

 いつになったら実現できるかも分からない完全な非核化は、それからでも遅くはない。米国との協力関係は大切だが、日本は独立国としての長期戦略のもとで着実に駒を進めるべきであり、間違っても米国の駒になってはいけない。

 いまのままのペースでは、過去の米朝交渉での失敗を繰り返すだけならいいのだが、もっと痛い目に遭う可能性がある。トランプ氏はあまりにも焦りすぎている。おそらく首脳会談での合意内容は何も実現しないだろう。

 日本は北朝鮮との交渉を始めるにあたり、少し立ち止まって北朝鮮の戦略を分析すべきだろう。

●文/宮田敦司(朝鮮半島問題研究家)

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都民ファ事務総長の給与額に驚き

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  2. 2

    日本を叩くドイツメディアの無知

    MAG2 NEWS

  3. 3

    旅行キャンセルのはずが高額請求

    水島宏明

  4. 4

    報ステ降板の小川アナ もう限界

    文春オンライン

  5. 5

    不出馬なら議員辞職 玉城氏覚悟

    田中龍作

  6. 6

    阿波踊り騒動の徳島市長が大反論

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏「石破氏応援したい」

    小林よしのり

  8. 8

    ソニーが銀座に公園を作ったワケ

    片山 修

  9. 9

    小室圭さん留学で秋篠宮家に溝か

    SmartFLASH

  10. 10

    国民負担で超インフレ起きぬ日本

    広瀬隆雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。