記事

「ロバート・デ・ニーロはIQが低い」トランプ大統領が米朝会談後に反撃


トニー賞授賞式で、ロバート・デ・ニーロは拳を振り上げてトランプ大統領を批判 (写真:The New York Times/Redux/アフロ)

シンガポールで行われた史上初の米朝会談は、その成果に疑問は残るも確かに歴史的な瞬間だった。トランプ大統領は「大成功だ」と自画自賛を繰り返し、エアフォース・ワンで帰国の途についた。国外の脅威をひとまず退けた大統領は、機内で国内の“敵”への反撃を行っていた。

米国時間10日のトニー賞授賞式で、ロバート・デ・ニーロは開口一番「トランプはクソ野郎だ」「とFワードを交えて批判。ハリウッドきってのリベラル派で知られる氏のスピーチに、客席はスタンディング・オベーションで応えた。

いつもであれば、こうした攻撃には返す刀で反撃するトランプ大統領だが、さすがに米朝会談を控えそれどころではなかったようだ。会談後、肩の荷が下りた大統領はTwitterにこんな投稿をした。

「ロバート・デ・ニーロは非常にIQが低い人だ。映画で本物のボクサーから、あまりにもたくさんのパンチを頭に受けたからな。昨晩、彼を見たが、あれは間違いなくパンチドランカーだろうね」

「常に経済こそが雇用に最も良い作用をもたらし、多くの企業がわが国に富を還元してきたということになど、彼は気づきもしないだろう。目を覚ませ、フラフラのボクサー!」

ツイートの中で大統領は「too many(あまりにもたくさんの)」という綴りを「to many」と間違えており、「tooな。too」「どっちがIQ低いんだよ」「しっかりしな、パンチドランカー」といったツッコミがコメント欄に殺到している。

デ・ニーロの発言もネット上では賛否両論で、「品位を疑う」「今回の彼の態度にはガッカリした」という声も多かった。しかし、米国を代表する俳優の一人であるデ・ニーロに「IQが低い」などと的外れな個人攻撃を仕掛ける大統領に、米国民は改めて失望したようだ。<

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  4. 4

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    早稲田の名物教授にセクハラ疑惑

    PRESIDENT Online

  7. 7

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

  8. 8

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  9. 9

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

  10. 10

    在京テレビは被災経験局を見習え

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。