記事

「米国発“貿易戦争”は第二次大戦前夜?」 ―既成制度見直しで中国の自由貿易違反を封じ込め― - 屋山太郎

 トランプ米大統領が引き起こした貿易戦争は、2回目のG7でも収まる気配がない。互いに新たな障壁を設けたり、関税を引き上げたりし続ければ、世界は第二次大戦前夜の様相になるだろう。各国ともかつての苦い経験を知っているから、喧嘩は素手で殴り合う程度で収まっているが、いつどういう形で円満に収まるのか、目途が立たない。

 目途の立たない“戦争”に何故トランプ氏は打って出たのか。端的に米国にとって貿易の現状が不公平過ぎると判断したのだろう。あらゆる分野でダントツだった米国はWTO体制の下で貿易を続けた結果、いつの間にか二流国に落ちた。世界の警察官として振る舞うこともできない。日、欧主要国と経済レベルも似通ってきた。最も腹が立つのは、中国にうまくやられて、将来、軍事的にも逆転されかねない地位にあることだろう。トランプ氏の「アメリカ・ファースト」の叫びは、アメリカ人の腹の底に溜まっていた怒りに強くアピールしたに違いない。

 多角的な貿易協定を嫌って、取り敢えずNAFTA(北米自由貿易協定)をやり直すことになった。同協定は米国とカナダ、メキシコとの3ヵ国貿易協定だが、米国だけが貿易赤字が出る結果になっている。メキシコで製造された自動車は無税で米国に輸入される。とすれば、車メーカーは賃金の安いメキシコに工場を建てるはずだ。NAFTAは極端な例だが、WTO(世界貿易機関)のルールは、途上国が有利になるように案配されている。

 この有利さに付け込んで儲け放題儲けてきたのが中国である。WTOに中国が持ち込んだ紛争件数は米、欧に次いで3番目だが、実際には中国は自由貿易違反のデパートだ。知的財産権侵害は商品や商標の海賊、不法コピーからハイテクの盗用まで数え出したらキリがない。米国はこれら違反をWTOに訴えているが、判決が出ても弁償されない。稼ぎまくったカネが軍事力に注ぎ込まれたのも口惜しい。

 そこでトランプ氏は中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)に罰金など14億ドル(約1500億円)を支払わせた。米商務省によるとZTEは10億ドルの罰金を払い、新たな違反を犯した場合、没収する分として4億ドルを預ける。ZTEは17年に約9億ドルの罰金を科せられている。

そこでZTEの経営陣の総入れ替えと10年間の専門家による監視を命じ、中国側は呑んだ。ZTEはイランや北朝鮮に通信機器を違法に輸出し、米政府に虚偽の報告をしたという。中国が米国の貿易赤字の47%を占める原因は、社会主義市場経済という訳の分からぬ化け物が自由市場を自由自在に動き廻れるからだろう。

 トランプ氏が言っているのは、①WTO体制が制度疲労を起こし、公平に作用しなくなっている。②これを利用し、中国は泥棒のように儲けている――の2点だ。TPP11はできたばかりだが、既成の制度は見直しが必要なのではないか。

屋山 太郎(ややま たろう)
1932(昭和7)年、福岡県生れ。東北大学文学部仏文科卒業。時事通信社に入社後、政治部記者、ローマ特派員、官邸クラブキャップ、ジュネーブ特派員、解説委員兼編集委員を歴任。1981年より第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画し、国鉄の分割・民営化を推進した。1987年に退社し、現在政治評論家。「教科書改善の会」(改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会)代表世話人。
著書に『安倍外交で日本は強くなる』『安倍晋三興国論』(海竜社)、『私の喧嘩作法』(新潮社)、『官僚亡国論』(新潮社)、『なぜ中韓になめられるのか』(扶桑社)、『立ち直れるか日本の政治』(海竜社)、『JAL再生の嘘』・『日本人としてこれだけは学んでおきたい政治の授業』(PHP研究所)など多数。

あわせて読みたい

「貿易摩擦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  4. 4

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  5. 5

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  6. 6

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  7. 7

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  8. 8

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  9. 9

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  10. 10

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。