記事

「起きろよグロッキー!」トランプ氏、俳優デ・ニーロ氏の批判に応酬

10日に行われたミュージカルの優秀作品や関係者を表彰するトニー賞の授賞式で、米俳優ロバート・デ・ニーロ氏がドナルド・トランプ米大統領を罵るスピーチを行った。トランプ大統領はツイッターで、デ・ニーロ氏は「映画の中でボクシング選手に殴られすぎた」などと応酬した。

デ・ニーロ氏はこれまでにも同大統領を殴りたいと話していた。今回のスピーチでは、トランプ氏への二言の罵倒でスタンディング・オベーションを浴びた。

これに対しトランプ大統領はツイッターに、「とても知能指数(IQ)の低いロバート・デ・ニーロは、映画で本物のボクシング選手に殴られ過ぎた。昨日彼を見たが、『殴られてふらふら』なんじゃないかと確信した。彼はきっと、経済がこれまでで最も良く、雇用も史上最高で、たくさんの企業が米国に注ぎ込むように戻っていることを知らないんだ。起きろよグロッキー!」と書き込んだ。

アカデミー賞受賞歴のあるデ・ニーロ氏は、「レイジング・ブル」など数多くのボクシング映画に出演している。10日夜に行われたトニー賞の授賞式はテレビで生中継されたが、そこでもパンチの手を緩めなかった。

デ・ニーロ氏の罵倒は数百万人の視聴者のためCBSネットワークによって消去されたが、ソーシャルメディアで大きな反響を呼んだ。

同氏は長くトランプ大統領を声高に批判してきた。2016年の大統領選中には、トランプ氏を激しく非難する動画を公開し、「馬鹿者」「国家の大惨事」と呼んだ。

また、もしトランプ氏が当選したらイタリアに移住すると述べ、デ・ニーロ氏の曽祖父が住んでいた町は、もしそうなったら彼を「保護」すると応じていた。

大統領選の結果が出た日、デ・ニーロ氏は「あの町に引っ越す必要があるかもしれない」と冗談を飛ばした。

トランプ氏がハリウッド・スターのスピーチでの攻撃に反応したのは初めてではない。

昨年のゴールデン・グローブ賞の授賞式では、米女優メリル・ストリープ氏がトランプ氏を痛烈に批判。いじめを正当化するような行動をとっていると指摘した。

しかし、トランプ氏はストリープ氏を「ハリウッドで最も評価され過ぎている女優」と呼んで反発した。

また、アカデミー賞を3度受賞しているストリープさんは「ヒラリーの取り巻き」で「大負けしている」と付け加えた。

(英語記事 Trump hits back at 'punch-drunk' De Niro

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  2. 2

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  3. 3

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  4. 4

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  5. 5

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    米国ネット通販の税徴収可能に

    ロイター

  8. 8

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  9. 9

    検挙も困難 仮想通貨の市場操作

    NewSphere

  10. 10

    オタクの「古参=偉い」に違和感

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。