記事

安倍総理「北朝鮮と直接向き合い解決していかなければならないと決意」

 米朝首脳会談でトランプ大統領が「共同声明には盛り込まなかったが、拉致問題についても話をした」とコメントしたことについて安倍総理は12日夕方、官邸で記者団に「トランプ大統領に感謝したい」と述べるとともに、「日本が直接しっかりと北朝鮮と向き合い、二国間で解決をしていかなければならないと決意をしております」とした。

ーー米朝首脳会談の結果をどう受け止めますか。

 まずはじめに、今日の米朝首脳会談に至るまでのトランプ大統領のリーダーシップと努力に対して、心から敬意を表したいと思います。

 今回の米朝首脳会談において、朝鮮半島の完全な非核化に向けた金正恩委員長の意思をあらためて文書の形で確認した、このことを北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた一歩と支持いたします。そして私たちにとって、日本にとって重要な、大切な拉致問題について、先般トランプ大統領に対して私からお話をしたことを、しっかりと言及していただいたことを、高く評価いたします。

拉致問題について明確に提起していただいたことについて、トランプ大統領に感謝したいと思っています。詳細についてはトランプ大統領と電話でお話をして伺いたいと思っております。

 今後も拉致・核・ミサイルと北朝鮮を巡る諸懸案について解決を目指して、日米で、日米韓で、また中国、ロシア、国際社会としっかりと連携しながら全力を尽くしていきたいと、こう考えています。

 もちろん拉致問題については日本が直接しっかりと北朝鮮と向き合い、二国間で解決をしていかなければならないと決意をしております。

ーー拉致問題について共同声明で触れられていませんが、いかがですか。

 合意文書については米側から説明がすでにあった通りであります。

 しかし拉致問題について最終的に解決をしていくのは、まさに日本の責任において、二国間の問題として日朝で交渉しなければならない問題であります。その意味において、まずはトランプ大統領が直接金正恩委員長に対してこの問題を解決すべく、解決する必要性について言及した、提起した、これは初めての事であります。

米国の大統領が金正恩委員長に対して明確に言及したということは初めての事であり、日本としてしっかりとこの問題について全力を尽くしていく、そして日本と北朝鮮との間で解決をしなければならない問題であろうと、このように考えております。

▶最新情報はAbemaNewsチャンネルで生放送中。

あわせて読みたい

「米朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  2. 2

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  5. 5

    元民主議員 仙谷氏の訃報に驚き

    大串博志

  6. 6

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  7. 7

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  8. 8

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  9. 9

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  10. 10

    マイカー時代終焉 トヨタの覚悟

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。