記事

NHKでも特集。親の介護が原因で社会復帰できぬ103万人の衝撃

shutterstock_67412545

image by: Shutterstock.com

40代、50代の人たちが親の介護のため職を離れ、そのまま社会復帰不能となる「ミッシングワーカー」。とある番組を視聴しその数の多さに驚いた無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者、廣田信子さんは、介護を引き受ける心優しい人たちがこのような状況に陥ることを憂慮するとともに、その対策について記しています。

40、50代の「ミッシングワーカー」103万人の衝撃

こんにちは! 廣田信子です。

気になる番組がNHKで放送されました。NHKスペシャルミッシングワーカー」です。ご覧になって衝撃を受けられた方も多いと思います。

今、40歳代、50歳代の働き盛りの人たちに異変が起きているといいます。「ミッシングワーカー」とは、アメリカ発の労働経済学の言葉で、働かなくてはと思いながら求職活動をあきらめているため失業者として数字にも表れない人たちのことです。その多くは、親の介護のため離職し、そのまま社会との接点を無くしてしまったのです。

その存在は知られていて、問題にはなっていましたが、今回その数字が示され、衝撃を受けました。40歳代、50歳代をみると、

  • 正規労働者:1,600万人
  • 非正規労働者:795万人
  • 失業者:72万人 に対し、

ミッシングワーカーは103万人にも及ぶというのです。失業者より多いのです。その多くは独身の男性です。独身のため親の介護を引き受けることになり、仕事が続けらなくなったケースも、もともと、失業等により仕事を失い、親と同居しているうちに、親の介護が始まり、そのまま求職をあきらめてしまったケースもあります。

結婚して家族があり生活も経済も独立していれば、親の介護のために仕事をやめるという選択が取りにくく、別の方法を検討せざるを得なかったところでしょうが、子供が独身で、親子で家族を構成していれば、自分が親の面倒をみなければという気持ちになるのも分かります。ましてや、自分が失業中だったり、休みさえとりにくいブラックな派遣労働であったら、介護に専念という選択はやむをえない自然の流れだったかもしれません。家があり、親の年金があれば、何とか生活していけるという事情もあります。

放送では触れていませんでしたが、親の年金で自分も生活するようになると、親を年金で入れる施設に入れよう、外部の手を借りようという選択肢もとりにくくなります。親の年金は図らずも自分が生きていくためにも必要なお金になりますから。家があり、親の年金があれば、親子2人なんとか生活ができます。そのため、なかなか外の相談機関を頼ることもできなくなります

放送で紹介された方々の以前は正社員としていきいき働いていた写真と、今、社会と接点を無くし、今後の見通しが立たない、孤独で、自信を失っている姿の両方を見て、胸が締め付けられる思いがしました。

親の介護を献身的に引き受けるぐらいですから、みな、やさしい目をしています。このやさしい人たちにとって、ここ10年ぐらいの間に、仕事に必要なスキルも増大し、長期ブランクがあった50代の方にとって労働条件は厳しいものになり、社会復帰が難しいのも分かります。

でも、福祉の現場や農業生産の現場等学び直すことでこの方々が仕事をしていける道はきっとあるはずです。彼らを支援している関係者は、とにかく一日も早く社会復帰することが大事だといいます。その支援は、専門家だけでなく、地域の人にも孤立しないような協力が求められています。親を看取って孤独の中にいる方が、民生委員さんの働きかけで、地域との接点ができ、近所の方とたのしそうに会話を交わしている映像に、救われた気がします。

今後、社会の労働を担う15歳~64歳の人口が急速に減少します。すでに、労働力不足は深刻です。ですから、定年延長で高齢者にも働いてもらおう、女性も子育てと両立して働き続けられるようにしようとやっきになっているのですが、一方で、労働を担う中心にいる40代50代にこれだけ働けていない人がいるということは、ものすごく衝撃的で、社会全体の問題です。

働いていない期間が長くなればなるほど、社会復帰のハードルは高くなります。家があって、親の年金があり、親が亡くなった後も親が残した貯金があるうちは何とか生活できてしまうので、外からは見えにくいのですが、その孤独は計り知れません。親子で暮らし、独身の子供が仕事をしないで親の介護をしているという家庭は、決して珍しくありませんが、孤立していないか周りが気配りしていくことが必要なのです。

映像に写った様子では、一人暮らしになり仕事をしていなくて時間があるはずでも、部屋も散らかり、掃除もされていませんでした。身だしなみや服装も投げやりのように感じました。生きる意欲が低下している表れだと思います。

これは、誰にでも起こることです。私など、外出する用事がなく、お客がくる予定がないと、とたんに、身だしなみも掃除も手抜きになりますから、潜在的な予備軍です。身だしなみを整え部屋を掃除することで気持ちは前向きになるということもありますから、私も意識しなくちゃと思いました。

マンションでも、ゴミ屋敷化、姿を見かけない、専有部分に人を入れない…というようなことは、高齢者に限らず、孤立のサインだと思って、情報を共有し、早めに何らかの対処が必要だと思いました。改めて、集まって暮らすマンションは、ちょっと意識すれば、サポートが必要な人にも気づきやすい環境なのです。

で、親としてはどうすればいいか…です。

改めて、介護が必要な親と労働の場にいにくい子どもは共依存の関係になりがちです。子供の未来を思ったら、親は子供を自宅から追い出し強制的に自立させ、自分は、介護が必要になっても、専門家に相談して、施設に入る、福祉制度を利用する等子どもを頼らない生活設計をしなくてはだめだ…ということを強く思いました。

まあ、そう私が思わなくても、それぞれ家庭がある子どもたちは、自分が介護に専念する…なんて言わないでしょうが(笑)。改めて、それでいいんです!

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の疑惑に触れぬマスコミ

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    旅行キャンセルのはずが高額請求

    水島宏明

  3. 3

    小室圭さん留学で秋篠宮家に溝か

    SmartFLASH

  4. 4

    日本を叩くドイツメディアの無知

    MAG2 NEWS

  5. 5

    かぼちゃの馬車が額面上は高い訳

    MONEY VOICE

  6. 6

    不出馬なら議員辞職 玉城氏覚悟

    田中龍作

  7. 7

    報ステ降板の小川アナ もう限界

    文春オンライン

  8. 8

    国民負担で超インフレ起きぬ日本

    広瀬隆雄

  9. 9

    自民議員が石破氏に改憲巡り反論

    赤池 まさあき

  10. 10

    カレー革命 小麦粉抜きが主流に

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。