記事

W杯ロシア大会は木製スプーン「ロジキ」で応援、ブブゼラより静か

[モスクワ 11日 ロイター] - 14日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会では、応援用の楽器として、数本を打ち合わせて音を出す「ロジキ」と呼ばれる木製スプーンが使用される。

2010年W杯南アフリカ大会では、観客がプラスチック製の携帯ラッパ「ブブゼラ」で大音量を放った。これに対してロジキは、スプーンで手や体で叩いたりして音を出す。叩いている間、ひっきりなしに音が出るものの、音量は小さくなる。

慣れないサポーターのために、叩くのが簡単なプラスチック製のものも販売されるという。

大会の公式楽器には、デザイナーのルスタム・ヌグマノフ氏が制作した色付きの「勝利のスプーン」が選ばれた。同氏は「伝統的なロシア楽器で、ロシア文化の価値を示す楽器を選ぶに当たり、ほかにもトレショートカ(鳴子)などの選択肢があった。ブブゼラのようにならず、リズムを生み出す楽器を選びたいと考え、ロジキに決まった」と話した。

あわせて読みたい

「ワールドカップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  5. 5

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  6. 6

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  7. 7

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

  8. 8

    キンコン西野 大阪地震でSNS炎上

    女性自身

  9. 9

    DA PUMPのISSA 極秘結婚していた

    NEWSポストセブン

  10. 10

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。