記事

W杯ロシア大会は木製スプーン「ロジキ」で応援、ブブゼラより静か

[モスクワ 11日 ロイター] - 14日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会では、応援用の楽器として、数本を打ち合わせて音を出す「ロジキ」と呼ばれる木製スプーンが使用される。

2010年W杯南アフリカ大会では、観客がプラスチック製の携帯ラッパ「ブブゼラ」で大音量を放った。これに対してロジキは、スプーンで手や体で叩いたりして音を出す。叩いている間、ひっきりなしに音が出るものの、音量は小さくなる。

慣れないサポーターのために、叩くのが簡単なプラスチック製のものも販売されるという。

大会の公式楽器には、デザイナーのルスタム・ヌグマノフ氏が制作した色付きの「勝利のスプーン」が選ばれた。同氏は「伝統的なロシア楽器で、ロシア文化の価値を示す楽器を選ぶに当たり、ほかにもトレショートカ(鳴子)などの選択肢があった。ブブゼラのようにならず、リズムを生み出す楽器を選びたいと考え、ロジキに決まった」と話した。

あわせて読みたい

「ワールドカップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  2. 2

    価格破壊QBハウス 値上げは責務

    自由人

  3. 3

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  5. 5

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  6. 6

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

  7. 7

    自民議員の酷い夏時間案が話題に

    キャリコネニュース

  8. 8

    ネットで散見されるダメな批判例

    常見陽平

  9. 9

    翁長氏を罵った自称保守は罪深い

    古谷経衡

  10. 10

    安倍首相は改憲案そのまま出すな

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。