記事

袴田事件再審決定取消はえん罪救済に逆行 裁判所の後進性を示す

東京高裁は、静岡地裁の袴田巌さんに対する再審決定を覆しました。

 弁護団が行ったDNA鑑定の科学的原理や有用性に深刻な疑問があるとして、鑑定の信用性を否定しましたのですが、袴田さんの死刑執行停止・釈放は維持するという歯切れの悪い決定となりました。

無罪裁判

 そもそもこの事件では再審決定をしないこと自体が不当な事件です。

「袴田事件」第2次再審請求即時抗告審決定に対する会長声明」(日弁連)

 事件捜査の経緯をたどってみても、事件発生から1年2か月後に味噌醸造タンクの中から5点の衣類が発見されたなどと不可解な経緯で「新証拠」が出てくるなど、証拠がねつ造されたのではないかとさえ言われている事件です。

 現在では、このようなことをすれば、早晩、必ずばれてしまうのですが、ねつ造かどうかはともかく、少なくともこれだけ疑義のある証拠で死刑判決が下せるのかという問題です。

 疑わしきは罰せずという大原則からは無罪が当然のものです。

 ところが再審という手続になってしまっているため、新証拠が必要ということになります。裁判の性質上、何度もやり直しをしてくれということにならないので、確定判決を覆す以上、新証拠が必要というのは当然の前提にはなるのですが、しかし、それは適正な刑事訴訟手続が行われていた場合に言えることです。

 袴田事件では、どう考えても現代の視点からは無罪になって当然というレベルの粗雑な手続です。

 これまでの再審決定事件はいずれもその後の再審で無罪となっていますが、再審決定がなされると、通常はそのまま無罪判決が既定路線となっています。

 それは再審決定のハードルをあまりに上げすぎているからです。要は「新証拠」によって無罪を確信するようなものでない限り、再審決定はしないというのが裁判所の発想なのです。

 今回の東京高裁の決定は、死刑執行停止、保釈決定を維持したことは、えん罪であることを認識しながら、なお再審決定を取り消したようでもあり、最初から結論ありきだったようにも見えてしまいます。

 袴田事件では再審が開始さえされてしまえば、極論すれば「新証拠」がなかったとしても無罪判決が得られなければならない、そういったえん罪事件です。

 本来であれば、積極的に過去の負の遺産であるえん罪事件として裁判記録を精査し、裁判をやり直すべきものです。

 未だに東京高裁だけでなく、裁判所全体が過去の負の裁判の歴史を直視できないことに病理があります。

 有罪判決に固執する検察も同様に問題です。

狭山事件 未だに証拠全面開示をしていなかった検察、公益の代表失格 冤罪はなくならない

あわせて読みたい

「袴田事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    行方不明2歳発見の職人技を称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    大塚家具 マック再建と社長に差

    大西宏

  3. 3

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  4. 4

    阿波踊り強行は対案ない赤字無視

    永江一石

  5. 5

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

  6. 6

    謎の退任 三菱UFJ前頭取に直撃

    文春オンライン

  7. 7

    なぜ海外は1ヶ月近く休暇とるか

    MAG2 NEWS

  8. 8

    永遠に終わらぬ韓国の慰安婦主張

    tenten99

  9. 9

    2歳児発見の男性「山だと確信」

    AbemaTIMES

  10. 10

    よしのり氏「元号先出しは失礼」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。