記事

トランプの米朝会談「行き当たりばったり」外交か「ビッグディ―ル」実現か

[写真]米朝首脳会談を控え、シンガポール首相と会談するトランプ大統領(中央)(ロイター/アフロ)

 現地時間6月12日午前9時から、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による「米朝首脳会談」がいよいよ行われる。先月24日には、北朝鮮の攻撃的な態度に対し、トランプ大統領が首脳会談の中止を伝える書簡を北朝鮮側に送り、会談そのものが見送られる公算が強まった。しかし、そこから北朝鮮は態度を一気に軟化。これに応える形で、アメリカも会談の実施に向けて再び動き出し、当初の予定通り12日にシンガポールで米朝首脳が膝を突き合わせる運びとなった。

 アメリカと北朝鮮、それぞれが異なる思惑を抱えるが、大統領に就任してから外交面で大きな成功体験のないトランプ大統領にとっては、何としても「ディールを勝ち取る必要がある」重要な会談となる。強引な通商・外交政策が原因で、先日カナダで開かれた主要7か国首脳会議(G7サミット)では四面楚歌の状態に置かれたアメリカにとって、この歴史的な会談は起死回生の一打となるのだろうか。

【写真】北朝鮮の「核放棄」裏切りの歴史

前夜の正恩氏は植物園訪問、自撮り写真も

[写真]バラクリシュナン外相(左端)と金正恩委員長(中央)ら(バラクリシュナン外相のツイッターより)

 歴史的な米朝首脳会談の開催まで12時間を切った11日夜、金正恩委員長は妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長や側近らを引き連れて、シンガポールの有名ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」に隣接する植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」を訪れている。植物園の滞在は1時間弱であったが、ホスト役として植物園を案内したシンガポールのバラクリシュナン外相との自撮りにも気さくに応じ、非常にレアな「金正恩のセルフィー」写真は、バラクリシュナン外相のツイートを通じて世界中に拡散された。

 会談前夜に植物園を訪問し、報道陣の前でソフトなイメージをアピールした金正恩委員長。しかし、アメリカと北朝鮮の実務者レベルでの協議は11日も終わることなく続いた。シンガポール入りしているポンペオ米国務長官は同日午後の記者会見で、米朝首脳会談の成功を楽観視しているとの見解を示した。ポンペオ長官は従来のアメリカ政府の主張を変えることなく、北朝鮮の「完全で検証可能かつ、不可逆的な非核化」(CVID=Complete, Verifiable, and Irreversible Dismantlement)が交渉の基本ラインであると主張したが、同時にアメリカが金正恩体制の維持に「前例の無いレベルでの保証」を用意していることも示唆している。

ボルトン補佐官は結局、拡大会合に出席か

 金正恩委員長が植物園観光のために滞在先のホテルを離れた頃、米ホワイトハウスは米朝首脳会談のスケジュールを明らかにした。トランプ大統領は、当初13日までシンガポールに滞在する予定だとされていたが、現地時間12日の午後8時頃にはシンガポールから帰路につく。会談は現地時間午前9時(日本時間午前10時)にスタート。冒頭に両首脳による挨拶が行われた後は、トランプ大統領と金正恩委員長は通訳を交えて、2人だけの会談を最初に行う。その後、米朝双方の高官も加わり、拡大会合が行われる。拡大会合が終了すると、昼食会も予定されており、トランプ大統領は現地時間午後5時ごろに記者会見を行う予定だ。

 ホワイトハウスが11日に発表した拡大会合に出席するアメリカ側高官の中には、強硬派として知られるボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も含まれている。イラン核合意からアメリカが離脱する際、トランプ大統領の決断に大きな影響を与えたとされるボルトン補佐官は4月に大統領補佐官に就任したばかりだが、核放棄の進め方として北朝鮮に「リビア方式」の受け入れを繰り返し要求していた。北朝鮮はボルトン氏やペンス副大統領がたびたび言及したリビア方式の受け入れに憤慨し、一時は米朝首脳会談の開催そのものが危ぶまれた。複数の米メディアによると、首脳会談前の地ならしで2度にわたって平壌を訪れたポンペオ長官がボルトン補佐官の発言に激怒。米朝首脳会談での拡大会合メンバーから、ボルトン氏を外すことが政権内で決定されたとも報じられていたが、12日の拡大会合には出席する見通しだ。

「非核化」と「体制保証」で合意見いだせるか

 リビア方式について少し説明しておこう。イラク戦争によってフセイン政権が崩壊した2003年、アメリカとイギリスはウラン濃縮に使われる遠心分離機を積んだ船を地中海で拿捕した。遠心分離機はリビアに届けられる直前であった。当時のリビアではカダフィ政権によって核開発が進められていたが、アメリカとイギリスは遠心分離機の押収後、リビアに対して大量破壊兵器の一括廃棄を要求した。これには核開発だけではなく、化学兵器や弾道ミサイルの廃棄も含まれており、その見返りとして経済制裁の解除とカダフィ政権の体制保証が提示された。

 カダフィ政権は2003年12月に核を含む大量破壊兵器の一括廃棄に合意し、経済制裁も解除された。だが「アラブの春」によってリビアでも2011年2月から反政府運動が激化。北大西洋条約機構(NATO)に支援される形で反カダフィ派は首都トリポリを陥落させ、40年以上続いたカダフィ政権は崩壊。カダフィ大佐は2011年10月に潜伏先のスルト(出生地でもあった)で負傷し、民衆から暴行を受けた後に死亡した。

 カダフィ政権の末路を目の当たりにした金正恩委員長は、リビア方式がいかに不確実なものかを痛感したとされている。アメリカ側は「完全で検証可能かつ、不可逆的な非核化」を北朝鮮に求めるが、カダフィ政権に提示したものよりも確実な“体制保証”をオファーし、合意点を見出したい考えだ。

米国民「何を期待すればいいか分からない」

 「非核化と体制保証」が大きな議題となる米朝首脳会談だが、トランプ政権は「最高のディール」を勝ち取ることへの期待と、「最悪のシナリオ」に直面した際の対応の両方を視野に入れておく必要がある。

 北朝鮮が非核化の要求を受け入れたとしても、実際にどれだけの核弾頭が国内に存在するか明らかになっていない状態で、「完全な非核化」は現実的には難しいとの声は少なくない。また、核問題が非常に大きなテーマになったことで、北朝鮮国内の人権侵害といった問題が少なくともすぐには改善されない公算が強まった。中長期的に考えると、歴代の米政権が掲げてきた「価値観外交」から逸脱しており、トランプ政権自体の外交戦略が見えてこない怖さが際立つ。

 トランプ大統領は自らを交渉の達人と呼ぶが、これまでの外交でみると真逆の印象が強い。TPP(環太平洋経済連携協定)、パリ協定(地球温暖化対策の国際枠組み)、イラン核合意からの離脱では関係国を大きく動揺させてきた。これらの離脱では具体的な代替案が示されたわけでもなく、トランプ大統領は現状、外交面では「離脱の達人」だ。

 6月8日と9日にカナダで行われたG7サミットでは、関税をめぐってアメリカと他の先進国が激しく対立。サミットは保護主義への反対と北朝鮮の非核化を求める合意文書がまとめられたが、その直後にトランプ大統領は合意文書を承認しないとツイート。通商問題でカナダのトルドー首相を「弱虫」とツイートし、トランプ政権のナバーロ通商会議委員長にいたっては、テレビの報道番組の中で、トルドー首相に対して「地獄におちるべき」とまで発言している。トランプ大統領は、国際社会から総顰蹙(ひんしゅく)を買った直後にシンガポール入りした。数十年というスパンで米大統領との会談に向けて準備してきたとされる北朝鮮に対し、これまで「行き当たりばったり外交」が目立ってきたトランプ政権はどのようなカードが切れるのだろうか。

 アメリカでは今秋に中間選挙が行われる。外交で少しでもポイントを稼いでおきたいというトランプ大統領だが、思惑通りの結果になるかは不透明だ。NBCニュースとウォールストリート・ジャーナル紙は11日、米朝首脳会談に関する世論調査結果を発表したが、実に3割を超えるアメリカ人が「米朝首脳会談で何を期待すればいいのか分からない」と答えている。アメリカの有権者にさえ、明確な意義やビジョンが示されていない米朝首脳会談。ディール好きのトランプ大統領が選んだのは、リスクの方が大きいギャンブルかもしれないが、どのような結果になるのだろうか。

あわせて読みたい

「米朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    迷走続ける立民 最低の支持率に

    WEB第三文明

  2. 2

    石破氏との討論拒否する安倍首相

    猪野 亨

  3. 3

    政治には期待薄な満員電車の解消

    LM-7

  4. 4

    安倍首相 皇太子さまの人脈懸念?

    NEWSポストセブン

  5. 5

    若者の性交離れ 女子に顕著傾向

    NEWSポストセブン

  6. 6

    左翼に理解も 若き愛国者の訴え

    AbemaTIMES

  7. 7

    税金垂れ流しJR北海道は合併せよ

    中田宏

  8. 8

    夏時間の推進派を沈黙させる一文

    早川忠孝

  9. 9

    よしのり氏 2歳児発見の男性凄い

    小林よしのり

  10. 10

    サマータイムは試算出したら終了

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。