記事

今も感謝され続ける「日本人」。遠いウズベキスタンに残したもの

shutterstock_721141003
bmarya83 / Shutterstock.com

ウズベキスタンに行くと、現地の人々が揃って教えてくれることがあるそうです。「これは、日本人が作ったものだ」──。現在のかの国を支えている建造物を作った「日本人」とは誰のことを差しているのでしょうか。参院議員で元在ウズベキスタン特命全権大使の中山恭子さんが、無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』誌上で、胸を打つ感動的なエピソードを紹介しています。

異国の地での合言葉「桜を見よう」

中央アジアの一国、ウズベキスタン共和国。戦後、この地に強制労働下におかれた日本人たちがいました。かれらは苦しい状況下に置かれながらも希望を失わず、懸命に生き抜いたのでした。

大使の仕事は両国の友好関係を深めることをはじめ、経済発展の支援や両国の文化交流人的交流など様々です。そのために各地を巡りましたが、行く先々で、必ずと言ってよいほど、現地の人たちが教えてくれることがありました。

「いま走っているこの道は、日本人がつくった道だ」
「あの建物は、日本人が建ててくれたものです」
「あそこの運河も日本人がつくってくれました
「このアパートは日本人が建てたものだから強くて安心なんです」

それも、誰もがまるで我がことのように自慢げに話してくれるのです。他にも首都タシケントにあるナヴォイ劇場ベカバード市の水力発電所など、日本人によって建てられた建造物は枚挙に遑がありません。しかも、その多くが強い地震にも、びくともしなかったというのです。

皆が教えてくれる日本人とは誰のことを指しているのでしょう

敗戦後、各部隊からソ連軍によって強制的に移送されてきた日本の軍人たちです。極東から貨物列車に揺られてシベリアの地を越え、遠くウズベキスタンの地に連れてこられました。おそらくウズベキスタンでの使役は、初めから重労働を課す仕事が大半を占めていたのでしょう。20代から30代の若者たち約2万5,000人でした。

その日常は、朝になると隊列を組んでラーゲリ(収容所)を出て仕事場に向かい、一日の重労働を終えると再び隊列を組んでラーゲリに戻ることの繰り返しで、祖国日本の地を再び踏めるとの保証はどこにもありませんでした

そのような状況下に置かれた彼らを支えていたのは一体何だったのでしょうか。

それはほかでもありません。「日本人として恥ずかしくないものをつくろう」という一念でした。また、いつ帰れるか分からなくとも、「いつの日か、もう一度桜を見よう」を合言葉に頑張ったと、日本に戻った方々からお聞きしました。

いつ果てるともしれない抑留生活。その中にあって、彼ら日本人は、どんなに辛く厳しい仕事であっても、ともに励まし合いながら、規律を守り、勤勉に、几帳面に、工夫をして、与えられた仕事をやり遂げました。

あわせて読みたい

「ウズベキスタン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜカルディ商品は買う気失うか

    MAG2 NEWS

  2. 2

    大地震でも出社 学ばぬ日本企業

    キャリコネニュース

  3. 3

    大阪市長の地震対応に称賛集まる

    キャリコネニュース

  4. 4

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  5. 5

    片山晋呉に激怒した招待客とは

    NEWSポストセブン

  6. 6

    再選望むも八方塞がりの安倍首相

    先見創意の会

  7. 7

    安倍首相「先手先手で対応する」

    ロイター

  8. 8

    たかまつなな 正論貫くのは無駄

    たかまつなな

  9. 9

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  10. 10

    栄氏の謝罪に反省感じられぬワケ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。