記事

籠池被告「財務省はまだ文書を隠している」…菅野完氏「佐川氏の証人喚問の時点でストーリーができあがっていた」

 森友文書改ざん問題について財務省が「改ざんは佐川前理財局長が方向性を決定づけた」とする調査報告書を提出したことを受け、6日、籠池泰典被告が記者会見に応じた。籠池被告は報告書の内容に対し「その指示の前にやはり政府から指示が出ない限り、行政マンはそんなことしないでしょ、実際。(総理周辺を)忖度せざるを得なかった所からの事柄があったということでしょ」と主張。

 また、財務省が森友学園側の弁護士に対し「理事長は出張で不在であるとの説明ぶりを提案した」という主旨の記述についても「『身を隠せ』という発言ね。それが本当でしたよ、ということが書かれているわけだ。私は本当のことしか言っていない。それをバカにしたようにカムフラージュした。私は絶対にウソを言っていない」と強調した。

 さらに籠池被告は「一番重要なところではないか。一番肝の部分がないということ自体がおかしい」と、財務省がまだ文書を隠していると指摘。改ざん前の文書には、2014年4月に「安倍昭恵総理夫人を現地に案内し、"いい土地ですから前に進めてください"とのお言葉をいただいた」とのくだりがあった。

しかし、先月開示された交渉記録には、この日の記録が抜け落ちているというのだ。この日のことについて籠池被告は「昭恵夫人と一緒に写った写真を財務省職員に見せたところ、なかなか前に進まなかったものがスーッと前に。何て言いますかな、氷がガラスの面を滑っていくような感じで滑り始めた」と振り返った。

■証人喚問の時点でストーリーが決まっていた?

 先月末に佐川氏らの不起訴処分が決定した際には「コメントは差し引かえます」とのFAXを出しただけだった籠池被告が会見を開いた理由はなんだったのか。

 9日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した著述家の菅野完氏は「財務省の関係者に軒並み不起訴処分の判断が出たのは拘置所から出てきた4、5日後で、この時点では状況がよく分かっていなかった。

拘置所では朝のラジオの録音から勾留されている人の部分をカットして夜に聞かせるそうなので、籠池さんは森友事件の推移についてほとんど知らなかった。しかし財務省の報告書を読んでみて、ウソつき呼ばわりされた自分の証言が実は本当の話で、世の中の人が嘲笑をもって迎えたことに対して不当ではないかという声をあげたかったということだろう」と話す。

 「3月の証人喚問で佐川さんは"財務省は身を隠せと言ったのか"と尋ねられて"私は言っていない"と答えるなど、財務省の報告書と読み比べてみると、佐川さんの証言が完璧に偽証を回避していることがわかる。おそらく証人喚問の時点で、5月の終わりか6月の頭にこの報告書を出すというストーリーができあがっていたんだと思う。そして"籠池はいつ出せる?検察はいつ判断を出す?"という見合いが続いていたんだと思う」。

 政治評論家の有馬晴海氏は「佐川さんの不起訴が大体決まった段階で保釈になった。これはやはり関係があったのではと思う。つまり、決着がつけば籠池さんが出てきて何を言っても変わらないということだろう。やはりこの報告書をもって終わらせたいという意向が相当強くあったのではないか」と指摘する。

■外交文書が改ざんされていたら、空恐ろしいことになる

 元財務官僚の山口真由氏は「2014年4月に財務省側の態度が急に変わった点など、解せないところがいくつかあった。有罪になるかどうかわからないものは起訴するのをやめておこうとする検察の問題もあると思う。そこはやっぱりチャレンジして、裁判で明らかにしていくということがもっとあってもいい」と話す。

 その一方、「私が経験したのは財務省だけだが、"こんなもの国会に出せないだろ"と言われたら"はい、そうですね"と言って、粛々と改ざんを始めるのはリアルに想像できてしまう。私が当事者だったとして、改ざんしなかったのか?と言われれば、それはすごく難しかったと思う。日大アメフト部もそうかもしれないが、濃密で家族みたいな組織で、局長は父親みたいな感じ。法律よりも組織の暗黙の掟の方が大事になってしまう」と明かした。

 8日には自民党の柴山昌彦筆頭副幹事長が「報道が指摘をしているように、国会における安倍総理の答弁が少なくともきっかけになったことは紛れもない事実だろう」と発言、波紋を呼んだ。

 菅野氏は「周りの反応があまりにもおかしい。報告書や添付の資料を読み込めば、誰だって柴山筆頭副幹事長の発言のような結論にならざるを得ない。しかし柴山さんは後で発言を撤回して、"私がきっかけと言ったのは、時系列を整理したまでだ"と言った。安倍さんの発言のせいだとみんな言っているんだから、そうだって言えばいいじゃないか。

言論空間もあまりにも不甲斐ない。この期に及んで守る必要がどこにあるのかと思う。財務省の9億円の国有地の書類が改ざんされたからまだいいものの、外交文書が改ざんされていたら、空恐ろしいことになる。こんな政権で本当にいいのか、立ち止まって考えないと」と訴えた。(AbemaTV/『みのもんたのよるバズ!』より)

▶放送済み『みのもんたのよるバズ!』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

あわせて読みたい

「森友学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    死ねの書き込み おっぱいで消滅

    倉持由香

  2. 2

    都職員VS客 150人が築地で買い物

    田中龍作

  3. 3

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  4. 4

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  5. 5

    モリカケ批判を続ける野党に呆れ

    北尾吉孝

  6. 6

    いま35年ローンで自宅を買う怖さ

    文春オンライン

  7. 7

    豊洲とヤクザ アワビ密漁の実態

    NEWSポストセブン

  8. 8

    小室圭さん 結婚一時金を辞退も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    昭恵氏 NY危険地域で飲み明かす

    NEWSポストセブン

  10. 10

    松本人志 持論撤回せず批判続出

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。