記事

日朝首脳会談の可能性も?拉致問題解決のキーワードは北朝鮮による「再調査」だ



 日本時間8日未明に行われた7回目の日米首脳会談。日本側の最大のミッションは、来る米朝首脳会談で拉致問題を取り上げるよう、アメリカ側に念押しをすることだ。

 会談後の会見でトランプ大統領は「安倍総理は非常に長く激しく情熱的に拉致問題について話した。私は安倍総理の希望に沿って、北朝鮮と拉致問題を協議するだろう」とコメント。表向きはまさに"満額回答"の反応に安倍総理はホッとしたのか、「拉致問題を早期に解決するため、私はもちろん北朝鮮と直接向き合い話し合いたい。最終的にはやはり私と金正恩委員長、日朝の間で解決しなければならないと決意をしている」として、日朝首脳会談にも意欲を示した。

 9日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した元在韓国特命全権大使の武藤正敏氏は「北朝鮮も、金正恩委員長の意思として、日本と対話したいと思っているはずだ。経済を立て直そうと思えば日本に頼らざるを得ないし、そのためには対話しなければならない。日本にとっても今のムードは好機だということだろう。ただ、北朝鮮が乗ってくるまで、こちらから動くのはどうなんだろうと私は思っている。拉致問題は一刻の猶予もないので、少しでも早く解決したいというのは分かるが、それで金正恩委員長が拉致被害者を帰そうという気になるかどうかはわからない」と指摘する。



 コリア・レポート編集長の辺真一氏は「拉致被害者家族の皆さんは、"千載一遇のチャンスを逃さないで"と思っていると思う。ただ問題がある。日朝協議が再開されようが日朝首脳会談をやろうが、そこで決まることは2014年5月のストックホルム合意に基づく再調査だろう。日本が北朝鮮に求めていたが、核実験によって中断している。私が聞く限り、実は北朝鮮が中間発表を提出してきたが、内容が思わしくないとして日本側が受け取らなかったという話もある。もし、再調査の結果です、受け取ってくださいと言われたときに、次は日本側が受け取るか。その判断を日本は突きつけられる」と話す。

 「政府が認定した残りの12人、その他拉致されたかもしれない人たちの安否を確認することが大事だ。もちろん生存者がいれば全員速やかに日本に引き渡してもらいたい。仮に亡くなっている人がいるならば、死因について説明責任を果たしてもらいたい。その上で北朝鮮政府の公式な謝罪、さらにその賠償という話になってくる」。



 武藤氏は辺氏の話を受け「北朝鮮のような統制国家で、今の生存状況を知らないはずがない。調査する必要なんかないと思う。要するに意思があるかないかという問題だけだ。しかし形の上では調査ということを求めざるを得ないので、"これはウソだ"という確証を我々が持っていないといけない。日本としても拉致被害者の方々がどういう状況なのかを相当調べているはずだ。それを北朝鮮に突きつけて"お前たちの言っていることは違うではないか"と言わないといけない」とコメントした。

 明日に迫った米朝首脳会談。拉致問題が議題に上り、日朝首脳会談、そして拉致被害者の帰還へとつながっていくのか、注目が集まる。(AbemaTV/『みのもんたのよるバズ!』より)

▶放送済み『みのもんたのよるバズ!』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

あわせて読みたい

「日朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  2. 2

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  3. 3

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

  4. 4

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  5. 5

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

  6. 6

    本田翼ゲーム実況で業界に変化か

    女性自身

  7. 7

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

  8. 8

    中国が米国との通商協議とりやめ

    ロイター

  9. 9

    ダウンタウン 君臨し続ける秘訣

    NEWSポストセブン

  10. 10

    安倍首相は会談の情報開示せよ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。