記事

2019年卒学生の6月1日時点内定率は65.7% 売り手市場で就活終えるペースさらに早まる

ディスコは6月7日、6月1日時点での就職活動状況に関する調査の結果を発表した。調査は2019年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に実施し、1145人からの回答を得た。

6月1日時点の内定率は65.7%だった。5月1日に実施時の42.2%から23.5ポイント上昇し、2年連続で6割を超え、好調な出だしとなった。5月の調査では前年同期を4.7ポイント上回り内定を早期に出す動きが顕著だったが、6月に入り前年との差は2.3ポイントに縮まった。

就職先を決定している人は31.4%、また、複数内定を保留しているなどで未決定の人は3.8%で、合計35.2%の学生が就職活動を終えていると見られる。前年同期(28.8%)より6.4ポイント上昇しており、就活を終わらせるペースが早まっているようだ。

就職活動継続者の割合は減少し、その内訳は「内定あり」(30.6%)、「内定なし」(34.3%)を合わせて64.9%だった。

一方で未内定者の7割強が依然として先の見えない状況

無い内定の人は不安を抱えています
無い内定の人は不安を抱えています

内定を得ていない学生に、内定獲得の見通しを聞いたところ、16.3%の学生から「近々内定をもらえる見通しが立っている」(前年より0.9ポイント増)と前向きな回答があった。

しかし、未内定者の7割強が行く先の不安を感じており、「選考中の企業はあるが、内定をもらえるかわからない」の項目(57.8%)と、「選考中の企業はなく、まったく見通しが立っていない」の項目(14.5%)を合わせると72.3%になった。

その他に、「就職以外の道(進学、留年など)を考えている」(11.2%)という回答もあり面接解禁日直後にも関わらず、来春の就職を先送りにする学生が1割を超えていることがわかった。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  4. 4

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  5. 5

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  8. 8

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  9. 9

    北の法王招請に能天気すぎる韓国

    高英起

  10. 10

    誰もが美人? ハーフが苦しむ偏見

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。