記事

G7 米輸入制限に批判集中 結束壊れる

先進7ヶ国(G7)首脳会談(サミット)は、カナダ東部のシャルルポワで、8日昼(日本時間9日未明)に開幕しました。開幕前から、アメリカが孤立して、6対1になる、と言われていましたが、初日の経済討議でアメリカの輸入制限への批判が噴出し、トランプ大統領が孤立を深めた、と報じられています。

そして、7ヶ国が一致したのは、北朝鮮問題の即時解決への理解と協力に賛同、ということだけだった、とのこと。しかも、トランプ氏は、初日は遅刻してきて、翌日は北朝鮮との会談のため早退、という状態で、G7を軽視しているとしか思えません。

自由貿易体制を守ってきたG7に、トランプ氏は保護主義を前面に押し出しています。アメリカは、今月1日、安全保障を理由に、欧州連合(EU)やカナダへの高関税措置を発動しました。

アメリカは、鉄鋼・アルミ関税に加えて、輸入自動車・部品への関税も検討していて、日本への適用も検討している、といわれています。日本の安倍首相は、橋渡し役に腐心したそうですが、EUやカナダと歩調を合わせてアメリカを諌めたり、WTOへの提訴など態度をはっきりさせたほうがよいと思います。

「米国第一主義」を掲げて、欧州首脳との対立を深めるトランプ氏の孤立ぶりは、G7で共有してきた価値観が揺らいでいることを示しています。アメリカは、昨年のG7後に、温暖化防止の画期的な国際ルールといわれた「パリ協定」から離脱しました。

G7サミットは、中国も入っているG20に押され気味で、形骸化や変質がいわれてきましたが、新しい国際秩序ができていない中で、亀裂を深めるアメリカのやり方は、納得できません。

何とか、他の国が協力して、先進国としての共通の価値観にアメリカを引き戻す努力をすることが望まれると思います。

あわせて読みたい

「アメリカ外交」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  2. 2

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  3. 3

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  4. 4

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

  5. 5

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  6. 6

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  7. 7

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  8. 8

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  9. 9

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

  10. 10

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。