記事

「1年目から大きな仕事」な会社は要注意

1/3

大企業の仕事を「面白みがない」「成長しない」「やりがいがない」などと批判する人がいます。そういう人が勧めるのは「1年目から大きな仕事ができる」というベンチャー企業の仕事。しかし、それは本当でしょうか。投資家の三戸政和氏は「大企業の仕事が細分化されているのは、そのほうが業務を効率的に回せるから。ベンチャー企業の『大きな仕事』は非効率なだけであることも多い」といいます――。(第3回)

※本稿は、三戸政和『サラリーマンは300万円で会社を買いなさい』(講談社)の一部を再編集したものです。

■大企業は面白くない、の勘違い

ベンチャー企業を志向する人の中には、大企業の仕事を「面白みがない」「成長しない」「やりがいがない」などと批判する人が結構多いのですが、少々短絡的で、視野が狭い気がします。大企業や業界大手が中小企業と何が違うかというと、業務の進め方やシステムなどの仕組みが非常に洗練されている、という点です。


写真=iStock.com/YinYang

あなたが現在勤務している会社の主要ビジネスは、業界で何位でしょうか。産業にもよると思いますが、何十年も存続し、業界で名の知られた一定規模以上の企業であれば、いくつかの事業は業界で5位以内に入っているのではないでしょうか。

業界5位でも、長年の厳しい競争に勝ち残った、紛れもない勝者の一角です。当然そこには、歴史を刻むだけのノウハウが蓄積されています。

当たり前ですが、ビジネスモデルだけでは、企業は競争に勝てません。事業は総力戦です。企画開発力、設計力、生産管理力、品質管理力、資本力、資金調達力、マーケティング力、人材採用力、組織力、ブランディング力、購買力、販売力などなど、経営のあらゆる要素を駆使し、マネジメントできていなければ生き残れません。

そうして勝ち残った企業は、勝利のビジネスモデルを持っていると同時に、非常にレベルが高く、最新のビジネスシーンに最適化され、洗練された“勝利のマネジメントモデル”を持っています。

そして、名の知れた企業、優良な企業のもとには、優秀な人材が集まります。中でも特に優秀な社員たちが、社内のマネジメントモデルを次々にアップデートしていきます。

アメリカや日本の一流企業から最新のマネジメントモデルを学び、最新の管理ツールを導入していきます。無駄を省き、モチベーションを高め、生産性を最大化する工夫を常にしているのです。「変化対応業」を標榜したのはかのセブン-イレブンですが、この言葉は、優れた大手企業の社内改善にも当てはまるものだと思います。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  3. 3

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  4. 4

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  5. 5

    おじさんが若者と会う時のルール

    内藤忍

  6. 6

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  7. 7

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  8. 8

    橋下氏 原発めぐるバトルの裏側

    AbemaTIMES

  9. 9

    世界大学ランク 数では日本が2位

    ベネッセ 教育情報サイト

  10. 10

    下ネタOK ガッキー30歳の新境地

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。