記事

米朝首脳がシンガポール到着、12日に歴史的会談

[シンガポール 11日 ロイター] - トランプ米大統領は10日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談のため、シンガポール入りした。カナダで開かれていた主要7カ国(G7)首脳会議を途中で切り上げたトランプ大統領は、大統領専用機でシンガポールのパヤ・レバー空軍基地に到着した。

パヤ・レバー空軍基地では、シンガポールのバラクリシュナン外相がトランプ米大統領を出迎えた。ある記者から米朝会談に向けた心境を聞かれると、トランプ大統領は「非常に良い」と応じた。金委員長も10日、トランプ大統領よりも数時間前にシンガポールに到着している。

ホワイトハウスのサンダース報道官は、米朝の高官が11日に実務者協議を行うことを明らかにした。報道官によると、北朝鮮側との事前調整を進めてきたベテラン外交官のソン・キム氏が米代表団を率いる。

ある米高官によると、ソン・キム氏によるこれまでの北朝鮮側との折衝では、非核化の定義に関する米朝の溝が埋まらず、北朝鮮から核兵器破棄への具体的なコミットメントも得ることができなかったため、11日の実務者協議では首脳会談前のぎりぎりの調整を行うことになる。

金委員長は到着後すぐにシンガポールのリー・シェンロン首相と会談。金委員長はシンガポール入り後初の公式コメントで、米朝首脳会談が成功すれば、シンガポールの役割は歴史に残るだろうなどと語った。

トランプ米大統領も11日にシンガポール首相と会談する。米朝首脳会談は12日午前9時(日本時間午前10時)ごろに始まる予定だ。

あわせて読みたい

「米朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    銀行口座持たないのが当たり前に

    Hayato Ikeda

  2. 2

    満員電車に赤ちゃん 腹立つ現実

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    小池氏が学歴疑惑に苦しい言い訳

    文春オンライン

  5. 5

    W杯は不謹慎?地震後の指摘に疑問

    かさこ

  6. 6

    竹中平蔵氏が労働者無視の残業論

    国家公務員一般労働組合

  7. 7

    山口達也氏 豪邸を5億円で売出し

    NEWSポストセブン

  8. 8

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  9. 9

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

  10. 10

    たけしと死去したベイダーの逸話

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。