記事

6月10日(日)ムネオ日記

 連日、目黒区の5歳の女児虐待死に触れるが、いろいろ知れば知るほど、あの鬼の様な両親に腹立たしさを感じる。

 父親が香川から先に東京に出て、後から母親と女の子が上京する。父親が居なかった時、女児は体重も増えた。それは、虐待していた父親が居なかったからである。上京し、また一緒に生活し始めてから女児は痩せ衰えていく。

 父親が上京した時、母親は何故関係機関に相談しなかったのか。同時に、香川で2度の事件があったのに、品川児童相談所が2度訪ねても女児に面会出来なかった。

 もっと熱心に、且つ人としての心のこもった対応をしていれば、こうした最悪の事態は避けられたのではないか。

 香川の児童相談所から詳しい資料も品川児童相談所には届いていたという。

 東京の小池知事が東京ファーストと言うなら、こうした弱い人をしっかり守るのが、東京ファーストではないのか。言葉だけの全く心のない行政、組織の在り方を抜本的に見直すべきである。

 小池知事が今になって児童相談員を増やすと言っているが、5歳の女児は戻って来ないのである。なんとも忌まわしい、可哀想な出来事に、連日イライラしてやまない。

 ロシアが、北方領土で光ファイバー回線を敷設(ふせつ)するとし、日本政府は抗議したと報道されている。

 北方領土はロシアが実効支配しているのが、現実である。わかりやすく言えば、ロシアのものなのだ。自分の領土だというロシアの判断に、何を言っても通らない。一日も早く平和条約を結び、北方領土問題を解決するしかない。

 安倍総理の未来志向、新しいアプローチ、お互いがwin-win(ウィンウィン)の関係で現実的解決するしかない。

 安倍総理が9月の東方経済フォーラムで、大きな一歩を印(しる)してくれるものと期待してやまない。

あわせて読みたい

「目黒の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  2. 2

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  3. 3

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  4. 4

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  5. 5

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    安倍カツカレーで思い出す陸山会

    八木啓代

  7. 7

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  8. 8

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  9. 9

    北海道地震 観光呼び込むリスク

    赤木智弘

  10. 10

    よしのり氏が原理主義者に苦言

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。