記事

メルカリ、もうすぐ上場。時価総額3700億円にして実は「赤字企業」の落とし穴=栫井駿介

1/4

メルカリ<4385>が6月19日に東証マザーズに上場します。上場時の時価総額は約3,700億円と、今年最大となる見通しです。しかし、これだけ有名な会社にもかかわらず、業績は赤字となっています。果たしてメルカリは買うべき株なのでしょうか。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

拡大期で巨額の広告宣伝費が必要。この先も成長を期待できるか?

ダウンロード数1億件も、業績は赤字

メルカリは、個人間で物品の売買を行うスマートフォンアプリを提供・運営しています。相手に住所を知られることなく売買ができることや、アプリで簡単に商品の登録ができることから人気を集め、アプリのダウンロード数は日米で1億件にのぼります。

出典:有価証券届出書
出典:有価証券届出書

サービス開始以来快進撃を続ける一方、1年前には現金が出品されたことでマネーロンダリングや貸金業法違反が指摘される問題も発生しました。そのような困難を乗り越えてようやく上場に至ったという経緯です。

企業が上場すると、「目論見書」や「有価証券報告書」が公表され、事業の状況や業績を確認できます。メルカリの業績を見ると、売上高こそ順調に伸びていますが、直近の損益は赤字となっています。3,700億円の時価総額がありながら、紛れもない「赤字企業」なのです。
参考:新規上場申請のための有価証券報告書(メルカリ)※PDFファイル

ただし、赤字企業だからといって投資対象から切り捨てるのは早計です。米Amazonは、ほとんど利益を出していないにもかかわらず株価は上昇を続け、いまや世界第2位の時価総額を誇ります。特に、利益を圧迫している要因が将来の利益のための投資であるのなら、今の業績だけで企業を評価するべきではありません

メルカリが赤字になっている要因は、主に広告宣伝費です。2018年6月期を見ると、220億円の売上高に対し、141億円が広告宣伝費となっています。逆に言えば、それ以外のコストはほとんどかからないビジネスモデルなのです。

このようなビジネスでは、まずは利益度外視で市場シェアを勝ち取ることで、売上がある程度まで伸びれば利益は瞬く間に増加します。メルカリのサービスはまだはじまったばかりですから、今が赤字なのは当然の成り行きと言えます。

あわせて読みたい

「メルカリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    銀行口座持たないのが当たり前に

    Hayato Ikeda

  2. 2

    満員電車に赤ちゃん 腹立つ現実

    文春オンライン

  3. 3

    小池氏が学歴疑惑に苦しい言い訳

    文春オンライン

  4. 4

    W杯は不謹慎?地震後の指摘に疑問

    かさこ

  5. 5

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    山口達也氏 豪邸を5億円で売出し

    NEWSポストセブン

  7. 7

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  8. 8

    回復する内閣支持率に3つの理由

    ヒロ

  9. 9

    加計理事長会見に垣間見えた本心

    文春オンライン

  10. 10

    たけしと死去したベイダーの逸話

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。