記事

「数字に強い」より「カラ元気」がいい――鈴木敏夫が語る「これからのプロデューサー論」鈴木敏夫×大泉啓一郎『新貿易立国論』対談 #1 - 「文春オンライン」編集部

1/3

「日本にはプロデューサーがいない」

 長年、アジアにおける日本企業の活動を見てきた日本総合研究所の大泉啓一郎さんは、痛切にそう感じている。少子高齢化で国内市場が縮んでいるいま、「伸びざかりのアジアの活力を取り込もう」と、官民あげてアジアの市場開拓に取り組んでいるが、成功しているとは言いがたい。

 なぜか。幕末における薩長連合のような性格の異なる組織を束ねるプロデューサーが、いまの日本にはいないからだ。そう考えた大泉さんは、数かずの優れた作品を生みだし、それを世界へ送り出してきたスタジオジブリ、そのプロデューサーを務める鈴木敏夫さんを訪ねた。

 プロデューサーとして集団をまとめる秘訣はなんですか?

◆◆◆


鈴木敏夫さん ©石川啓次/文藝春秋

日本が「貿易大国」でない事実

鈴木 こうやってお話するのは初めてですが、これまで大泉さんがお書きになった、アジアの少子高齢化を指摘した『老いてゆくアジア』や、アジアの大都市に注目した『消費するアジア』、どちらもおもしろくて大きな衝撃を受けました。色いろな人に推薦しましたよ。

大泉 ありがとうございます。今回、出版した『新貿易立国論』では、日本企業を主語にして、低迷する日本経済が復活するための処方箋を考えてみました。

鈴木 処方箋があるのですか? ないですよね。

大泉 ないものを書いたのです(笑)。ただ、それを語る前に、押さえていただきたい点が3つあります。

 1つは「日本はもはや貿易大国ではない」ということです。80年代、人口では世界の3%しかない日本が、貿易では世界の10%ぐらいを占めていました。それが今、4%ぐらいのシェアに落ち込んでいる。

鈴木 そんなに落ちているのですか。

貿易の主役は新興国・途上国

大泉 ええ。シェアだけではなく、金額も減っています。この事実をまず認識しなければいけません。どうしても日本人の意識の中には、「我われは貿易大国だ。TPPをうまくやれば経済も何とかなる」という思い込みがある。でも、そうした状況ではないのです。

鈴木 ニュースでは「貿易黒字に戻った」と言っていますが……。

大泉 それは輸入が減ったからです。東日本大震災で原発の運転が停止したため、天然ガスの輸入が急増し、日本は貿易赤字に転落しました。その輸入が落ち着いたので黒字には戻りましたが、黒字幅は震災前の半分です。

 では、なぜ日本の貿易はふるわないのか。じつは日本だけではなく、いずれの先進国も輸出低迷に苦しんでいる。これは新興国・途上国の経済が台頭してきた影響を受けているからです。これが皆さんに認識していただきたい2番目の点です。

 2000年の時点では、世界の人口の2割しかない先進国が、輸出入など経済の8割を占めていました。逆にいえば、8割の人口を持つ新興国・途上国は世界経済の2割しかなかった。これが教科書でも習った「南北問題」です。

 ところが、先進国と新興国・途上国との格差が急速に縮小しており、いま先進国のシェアは6割ぐらい。このペースでいくと、2030年ごろに先進国と新興国・途上国のシェアが逆転します。ですから「南北問題」は終わる。

鈴木 意外と時間がかかるのですね。もっと早いと思っていました。

大泉 金額的な規模については、そう予測されています。ただ実質的には、もっと早いかもしれません。生産技術のデジタル化が進み、新興国・途上国でも先進国と同じ製品が出来るようになっています。だから「輸出も輸入も主役は新興国・途上国」という時代は、鈴木さんがおっしゃるように、もっと早く来るかもしれません。

アジアに行く人には「向こうのほうが上だよ」

鈴木 そうですか。私自身、以前はアジアに足を踏み入れることが少なかったのですけど、ここ4、5年はタイやインドネシアなどに行く機会が増えました。周囲にも、アジアの方々とビジネスで付き合う人たちが増えてきています。

 そういう人たちに私は、「向こうのほうが上だよ」と、いつもアドバイスするのですが、受け入れる人は少ないですね。下請けだと思って付き合っている人は、たいてい失敗している。

大泉 そうなのです。日本をアジアの上に置いた「日本とアジア」という考え方から抜けられない人が少なくない。

 というのも、ほんの十数年前まで、日本のGDPは中国、韓国、台湾、香港、ASEAN10ヶ国すべての合計よりも大きかった。それが2006年には東アジア諸国・地域に追い抜かれ、2010年には中国が単独で日本を追い抜いた。いまや東アジア諸国・地域のGDPは日本の3倍以上、あと4、5年したら4~5倍になると予想されています。

 ですから、押さえて頂きたい点の3番目は、「日本とアジア」ではなく、「アジアの中の日本」と考えなければいけない、ということです。日本もアジアの一部であるという意識が必要なのです。

鈴木 日本人はみんな勘違いしているんだ。

大泉 ええ、過去の栄光は忘れないといけません。

 そこで私が考えた戦略は、新興国が強くなっているのなら、その勢いを利用すればいい、というものです。

鈴木 ズルいですね(笑)。

大泉 そう(笑)。ASEANには日本の工場が集まっている工業地帯がありますが、その規模は中国にある工場群よりも大きい。だからASEANで生産して中国などへ輸出すればいい。これが「Made by Japan戦略」です。

あわせて読みたい

「スタジオジブリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の疑惑に触れぬマスコミ

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    旅行キャンセルのはずが高額請求

    水島宏明

  3. 3

    小室圭さん留学で秋篠宮家に溝か

    SmartFLASH

  4. 4

    日本を叩くドイツメディアの無知

    MAG2 NEWS

  5. 5

    かぼちゃの馬車が額面上は高い訳

    MONEY VOICE

  6. 6

    不出馬なら議員辞職 玉城氏覚悟

    田中龍作

  7. 7

    報ステ降板の小川アナ もう限界

    文春オンライン

  8. 8

    国民負担で超インフレ起きぬ日本

    広瀬隆雄

  9. 9

    自民議員が石破氏に改憲巡り反論

    赤池 まさあき

  10. 10

    カレー革命 小麦粉抜きが主流に

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。