記事

「ブラックペアン」二宮和也もビックリ 「30代の男性外科医の手術が一番危険」!? 89万件調査の衝撃結果 二宮演じる天才外科医は34歳の設定だが…… - 鳥集 徹

1/2

「ブラックペアン」(TBS)の二宮和也、「ドクターX」(テレビ朝日)の米倉涼子、「医龍」(フジテレビ)の坂口憲二──近年の医療ドラマで活躍する天才外科医たちには、若くてかっこいい人たちが配役されています。なかでも、「手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医」(TBSブラックペアンの紹介サイトより)、渡海征司郎(心臓外科医)を演じる二宮さんは、現在34歳という若さです。

【写真】二宮和也演じる天才外科医は34歳という設定だが……

たった5年足らずで「天才外科医」になった設定だが……

 もし医学部に現役で合格したとすると、6年ストレートで卒業したとして24歳、それから2年の初期臨床研修と3年程度の後期研修(専門研修)を終えて29歳ですから、研修を終えてたった5年足らずで、「天才外科医」の称号を得たことになります。


TBS 番組公式サイトより

 ですが、外科では手術はたくさんの数を経験しなければ上達しないと言われています。こんなに短い期間にあらゆる技術を身につけ、100%の成功率でこなせるようになるのでしょうか。実は最近、こんな興味深い研究論文が報告されました。「若い外科医が手術した患者のほうが、死亡率が高かった」というのです。

 この論文の筆頭著者は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校助教授(医療政策、医療経済学)の津川友介医師。ベストセラー『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』(東洋経済新報社)の著者で、「男性より女性の内科医のほうが患者の死亡率が低い」など、統計データの解析に基づく話題の論文を次々に発表している、今大注目の研究者です。

 論文は2011~14年に米国の病院に緊急入院して手術を受けた65~99歳の患者のデータを解析したもので、約4万5000人の外科医によって行われた、約89万件の手術が対象となりました。

若い外科医が手術した患者の死亡率が高かった!

 患者の重症度などに応じリスク補正を行って解析したところ、40歳以下の外科医が手術した患者の術後死亡率が6・6%なのに対し、40歳代が6・5%、50歳代が6・4%、60歳以上が6・3%と、若い外科医が手術した患者の死亡率が高いという結果だったそうです。

 とくに、「30歳代の男性外科医(6・6%)が死亡率が高い」との結果が得られたそうですから、手術成功率100%という二宮さんの役どころは、データ的には「現実離れしている」と言えるかもしれません。

 論文を解説したブログの記事で津川医師は、この結果について次のようにまとめています。

「現在のように周りがきちんと目を光らせて加齢とともに目が見にくくなったり手元が狂うようになったらどこかのタイミングでメスを置くように勧告する。この仕組みがきちんと機能している限りは、外科医は年を重ねるほど腕がよくなると考えてよいようです。その一方で、若い外科医の患者の死亡率は高い傾向があるので、ある程度経験するまではきちんと上級医が監督する必要がありそうです」

医師仲間も太鼓判 70歳を超える高齢スーパー外科医も

 米国でのデータに基づく結果ですので、それがそのまま日本の医療現場にあてはまるかどうかは議論の余地があるかもしれません。ただ、名だたる外科医を何人も取材させてもらった私の印象と照らしても、理解のできる結果だと感じました。というのも、私は20年ほど前から医療現場の取材をしていますが、その頃から名医として知られ、現在も現役バリバリという高齢の外科医を何人か知っているからです。

 私は昨年8月に「週刊文春」で2週にわたって「ライバルが認める『がん手術の達人』」という記事を担当しました(8月17日・24日合併号および同月31日号)。各種のがんを専門とする多くの外科医にアンケートを送って腕も人間性も信頼できる外科医の名前を挙げてもらい、その中で複数の推薦のあった外科医を126人リストアップした記事です。

 そのリストには、70歳を超える外科医の名前も数名あがりました。一般の仕事なら現役を引退してもおかしくない年齢です。正直、そのような年齢の人たちを、こうしたリストに載せていいのか大いに悩みました。そこで、同じ分野の他の外科医数人に、意見を聞いてみたのです。するとある外科医から、こんな答えが返ってきました。

「〇〇先生は、今でも現役バリバリですよ。見事な手術をされて、とても勉強になるので、今でも私の部下の外科医を連れて年に1回は手術見学をさせてもらっています」

 外科医の仕事というのは、知力や体力だけでなく、長年数をこなすことで培われた技術や経験が大いにモノを言います。高齢だからというだけで、「手術は無理に違いない」と決めつけることはできないのです。

あわせて読みたい

「医療事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  2. 2

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  3. 3

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  4. 4

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  5. 5

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    米国ネット通販の税徴収可能に

    ロイター

  8. 8

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  9. 9

    検挙も困難 仮想通貨の市場操作

    NewSphere

  10. 10

    オタクの「古参=偉い」に違和感

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。