記事

1.5億枚売ったシートマスク 大好評の裏に女性の朝の心理

【累計1.5億枚を売る大ヒットを記録】

 朝用シートマスク『サボリーノ 目ざまシート』の人気が止まらない。2015年の発売から3年目を迎え、累計1.5億枚を売る大ヒットを記録。大好評の陰には「スキンケア、実は面倒くさい…」という女性の素直かつ切実な心理があった。

「朝、1秒でも長く寝ていたい」「忙しい毎日のスキンケアが、面倒くさい」…。普段はきちんとしている女性でも、実は誰もが思っていることではないだろうか。化粧品メーカーBCLから発売中の『サボリーノ 目ざまシート』は、60秒パックするだけで洗顔・スキンケア・保湿下地までのステップが完了するというスグレモノだ。

 開発のスタートは、2013年。きっかけは、社内に自分たちが欲しいと思った商品開発を行う『女子開発ラボ』が発足したことだった。ラボのメンバーは、20代から30代の女性5名。「どんな化粧品が欲しい?」「こんなアイテム、どう思う?」など、打ち合わせを重ねる中で最も盛り上がったのが、「洗顔が面倒くさい」「忙しいからスキンケアには時間をかけたくない」という“朝のルーティン”だった。」

「最初は、メイクも貼ってはがせたらいいよねという話をしていたのですが、それはさすがに無理(笑い)。現実的にできることを最大限検討した結果、洗顔から保湿下地まで、1アイテムでできるものを作ろうということになりました」と、『女子開発ラボ』メンバーの齊藤久美子さんは語る。

 開発過程では、朝に使うシートマスクならではの使用感を出すことに苦労した。目ざまシートは、スーッとした爽快感が特徴で、スッキリ目が覚めるような商品だが、スースーすると刺激が強すぎるし、反対に爽快感を抑えるとスッキリ感が得られない。また、スッキリしつつも保湿力を保持させたい、という課題もあった。多くの社内モニターを募り、少しずつ変化をつけて調整していった。

『女子開発ラボ』発足から2年が経った2015年4月に発売。プラザやロフトといったバラエティーショップで小さなプロモーションを実施した程度だったが、発売初日から売り切れが続出してしまった。

 すぐに量産態勢を取るところだったが、それができない事情があった。『目ざまシート』はマスクを広げる手間がかからないよう、特殊な折り方でパッケージに詰められている。この特殊技術の生産ラインが限られていたため、すぐに量産態勢へ拡張が図れなかったのだ。

 悩んだ結果、1年をかけて量産態勢を整え直してから再販することに決めた。それでも、シートマスクは競合数が多く、量産態勢を整えている間に、消費者から忘れられてしまう不安もあった。しかし、それは気苦労に終わった。

 再販以降も好調を維持。発売3年目を迎えた今でも、『サボリーノ』は店頭に並び、売れ続けている。

「当初の売上ぶりや、フルーツをあしらった派手なパッケージというのを、小売店さんも覚えていてくださったんです」(販売担当の平山裕貴さん)

※女性セブン2018年6月21日号

あわせて読みたい

「化粧品業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜカルディ商品は買う気失うか

    MAG2 NEWS

  2. 2

    大地震でも出社 学ばぬ日本企業

    キャリコネニュース

  3. 3

    大阪市長の地震対応に称賛集まる

    キャリコネニュース

  4. 4

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  5. 5

    片山晋呉に激怒した招待客とは

    NEWSポストセブン

  6. 6

    再選望むも八方塞がりの安倍首相

    先見創意の会

  7. 7

    安倍首相「先手先手で対応する」

    ロイター

  8. 8

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  9. 9

    たかまつなな 正論貫くのは無駄

    たかまつなな

  10. 10

    栄氏の謝罪に反省感じられぬワケ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。