記事

東電がつくった作業用ヘッドセットの正体 AR/MRシステムの有用性はどこで決まるのか? - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

 VR、AR、MRと略称がガンガン並ぶ世の中になってきました。VRはゲームなどでもお馴染みですが、AR、MRに馴染みがない人もいるでしょう。先日東京電力ホールディングス(以下 東電)とポケット・クエリーズが作業現場でMRを活用する共同研究を始めると発表しました。


マイクロソフト社のMRデバイス HoloLens(ホロレンズ)

VR、AR、MRとは

 VRは、Virtual Realityの略で、日本語では「仮想現実」といいます。人工的に作られた仮想空間に、アバターとして自分が入り込み、いろいろな体験ができるというものです。VRが全て仮想なら、ARは、Augmented Realityの略で「拡張現実」。こちらは現実世界をカメラなどで取り入れ、それにバーチャルの視覚情報を重ね表示することにより、現実世界を拡張するというものです。

 文章だとちょっと分かり難いので、例を挙げましょう。ゲーム「ポケモンGO」でポケモンハンティングのシーンなどがそうです。道を歩いていると、ポケモンに出くわすこのゲーム、風景はスマホのカメラのデーターで現実。ポケモンがバーチャルの視覚情報というわけです。ARはモノを説明する時、非常に使いやすく、今、大注目の技術です。

 それを更に進化させたのが、MR。VRとARの技術をMixさせたということで、Mixed Reality(複合現実)と呼ばれます。ARのポケモンGOに出てくるポケモンは、常に真正面を向いています。これはARだと右に回りこんで右から見たり、後ろから覗き込んで見たりができないからです。

 逆にVRはできます。MRはARの画面で右に回りこんで右から見たり、後ろに回りこんで後ろから見たりできる様に、より細かな位置情報を把握し、視覚方向に合わせ、最も最適な描写ができるようにしたものです。非常にリアルで、自然な操作が可能にしたものです。

 まさに米映画のターミネーターや、アイアンマンの視覚イメージです。高度な技術であり、注目を集め始めたところです。人の命に関わる医療分野などでは、MR中心でことが進められております。

東電は現場を想定


MRを外部スクリーンで見たところ。取材陣に関するデーターがなく、一般情報が表示されている

 このMR、東電はどこで使いたいかというと「現場」です。現場で優秀な人と言うのは、大体の場合、ちょっとお年を召しています。理由は簡単で「経験」がモノをいうことが多いからです。この経験をまとめたものがマニュアルです。

 しかしマニュアルは大部ですし、慣れないと読みにくいものです。MRはマニュアルにはピッタリです。写真ではなく現物に対し、「ここを押して」とか「ここを開けて」とかの表示ができます。わかりやすいです。もちろん裏を覗き込むことも可能です。

 一回、原発のマニュアルを見せて頂いたことがありますが、ファイルキャビネットにぎっしり。慣れない(経験を積まない)限り、最も有用なファイルを探し出すことすら一苦労。トラブル時だったら、間違えなく後手に廻るのでは避けられないような量です。デジタル化、MR化で、それを防止できるわけです。

 会社で使われる多くのマニュアル(手順書)には、一番多く使われることから書かれます。少なくとも、今までしていた操作音が小さくなったなど微妙なことは書かれていないことが多いです。しかし、それがトラブルの予兆だったなどはよくある話しです。その微妙なことを埋めるのが「経験」だったりするわけです。


現場で使われるMR。機器の一部がマーキングされ引出線が出ている

 MRとセンサーを組み合わせると人が気付かない時でも、正常と違うと指摘してくれることができます。異音がするとか、何故か温度上昇しているとかです。原因まで指摘することは厳しいですが、人と違って見逃しは少なくなります。MRと経験を積んだ人の組み合わせは、最強のガーディアン・コンビと言えます。

 今回は、MRを付けた現場と、中央管制室が連携するということで、現場経験の少ない人も確実な現場作業ができるという考え方です。

MRシステム共通の問題点

 今回使用されるMRデバイスはマイクロソフト社のHoloLens(ホロレンズ)。オーバーグラスで、化学実験で使う保護眼鏡、もしくはスキーゴーグルに光学デバイスが付いたモノと考えてください。ウェアラブル(身に着用できる)デバイスの一つです。

 私は、この分野の最大の問題点はソフトではなく、このウェアラブルデバイスだと考えています。理由は簡単。「すぐズレる」からです。


片手でHoloLensを抑えながら操作しなければならなかった

 いい眼鏡の条件の一つに、「ズレない」ということがあげられます。これを達成するために行われている技術が、「軽量化」と「フィッティング」。軽量化はレンズだけでなく、フレームもです。そしてフレームを一つ一つユーザーの顔に合わせて調整、フィットさせます。そうして、人が運動しても問題ないようにするわけです。顔、頭の形は人によって違いますから、そこまでしないとフィットしません。

 私は、マイクロソフト社のHoloLens(ホロレンズ)も含め、幾つものデバイスをチェックしたことがあります。が、「これはイイ。使える。」と評価できるモノはありませんでした。眼鏡で言うレンズ部が重いのでズレるのです。その上、表示部分が、狭い。AR、MRのグラスタイプの場合、ほとんど現実世界を見ることになりますので、データーが表示されるエリアは限定されています。ちょっとズレると、非常に見えにくくなってしまいます。

 記者会見後の体験デモでは、無意識でしょうが、全員片手でホロレンズを動かないように押さえていました。私は意識して、きつくセットし、手を外したのですが、ホロレンズは表示部が重いので、下がり気味でした。正直、結構辛いレベルです。

 これはコンセプトがどう、ソフトがどう、という前に、MRデバイスの出来が悪いためですが、これで実用化した場合、現場では片手しか使えない、動きが遅くなる、操作を読み違えるなどということも発生するわけで、これは問題ありと思います。

東電のMRデバイス開発はあるのか?

 今回の東電とポケット・クエリーズの共同開発プロジェクトに、MRデバイスの開発は含まれていません。スケジュールには、業務活用を最も早い場合、「2019年〜」とありますので、ソフトの方は、ある程度目処が付いているのだろうと思われます。ただ、これにMRデバイスの開発は含まれていないと思います。

 確かにMRデバイスは市販のモノを購入すれば良いわけですし、ソフトを完成させると仕事とは完結することになります。しかし「現場で使う」という課題に関しては、ベストな解答になるのでしょうか? 少なくとも眼鏡のように顔からほとんどズレないというモノはできないでしょうか? 技術的難易度も非常に高いと思います。ヘッドフォンでいろいろな種類の耳型を作成、フィッティングに努めたソニーのヘッドマウント・ディスプレイは、それなりによく出来てはいます。しかし、これは椅子に座って静止した状態です。逆に現場では動くことが前提です。しかものぞき込まなければならない可能性もあり、すごくズレやすい環境です。難易度は極めて高いと思います。

 グラスではなくスマホの様な、小型ディスプレイを使うという手もあります。こちらは確実に片手が使えません。やはり現場で片手は頂けません。またサムソンは、コンタクト型のMRデバイスを開発中だそうですが、装着してみない限り、良し悪しの判断はできません。とにかく、私が知る限り、万人に合うMRデバイスは、現時点ではないと思います。

 東電とポケット・クエリーズは、このシステムができた場合は、カスタマイズしていろいろな所に使ってもらう考えですが、だからこそ、どこでも使えるシステムにする必要があります。そう、3.11の時にあったらと思えるレベルに仕上げるべきでしょう。それにはすごいMRデバイスが不可欠です。システムの有用性は、一番弱い所が律速になります。この問題、どうクリアするか、腕の見せ所です。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  2. 2

    キャラ名刺やめろ 弁護士が警鐘

    BLOGOS編集部

  3. 3

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  4. 4

    棚橋弘至 40代は現実受け入れよ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    よしのり氏 医師の文句受け失望

    小林よしのり

  6. 6

    安倍外交批判するロシア紙に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    杉田氏擁護で炎上 評論家が反論

    キャリコネニュース

  8. 8

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  9. 9

    正恩氏「北朝鮮はみすぼらしい」

    高英起

  10. 10

    プーチン氏発言に苛立つ安倍首相

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。