記事

“平成の軍歌”?ファンからは絶賛も…RADWIMPSの“愛国的”な新曲が物議

アニメ映画『君の名は。』の主題歌『前前前世』が大ヒット、紅白歌合戦にも出場した人気バンド・RADWIMPSの新曲が物議を醸している。問題になっているのは、今週リリースされた新曲『カタルシスト』に収録されている『HINOMARU』で、歌詞には
 

「胸に手をあて見上げれば 高鳴る血潮、誇り高く

  この身に流れゆくは 気高きこの御国の御霊

  さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に」(1番)

 「ひと時とて忘れやしない 帰るべきあなたのことを

  たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ」(2番)

 といったフレーズが並んでいることから、「軍歌かと思った」「J-POPの君が代みたい」「愛国心がくすぐられる」といった感想が続出しているのだ。

 曲の制作意図について、ボーカル野田洋次郎さんは自身のInstagramで

「日本に生まれた人間としていつかちゃんと歌にしたいと思っていました。僕はだからこそ純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました。自分が生まれた国をちゃんと好きでいたいと思っています。まっすぐに皆さんに届きますように。」

 と語っており、ファンたちも

 「沢山の先祖が守り続けてくれたこの国もっともっと大切にしたいー」「私の好きな野田洋次郎が好きな日本だから、私の日本が大好きになった!」「よーじろーのその想い届いてるよ!グイグイ来てるよ!よーじろーが歌にしてくれるから気付くことが出来る!」

 などのコメントを書き込んでいる。J-POPのアーティストが愛国心を感じさせる曲を発表し話題を呼んだことは過去にもあり、椎名林檎さんの『NIPPON』(2014年)、ゆずの『ガイコクジンノトモダチ』(今年4月)などが記憶に新しい。

 

 旧日本海軍のメニューを再現した料理を提供している軍艦居酒屋NAGATO(横浜市)のオーナー・永島達矢さんは取材に対し「うちのBGMで流している曲のような言葉がちりばめられていて、"平成の軍歌"といっても過言ではない。サッカーのワールドカップなどを通して、若い人の間でこうした歌詞への敷居も下がってきているのではないか。世界的にも大国主義化している中、こういう歌詞に触れるのは右とか左とか関係なく、良いことなのではないか」とコメントしていた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  4. 4

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  5. 5

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  8. 8

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  9. 9

    北の法王招請に能天気すぎる韓国

    高英起

  10. 10

    誰もが美人? ハーフが苦しむ偏見

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。