記事

AKB48選抜総選挙 指原の再来「ブス戦略」須田亜香里に注目


【センターを獲得できるか?】


【今年は立候補しない指原】

 今年で記念すべき10回目を迎えるAKB48選抜総選挙。今年は海外グループのメンバーも立候補できることになり、国内グループとあわせて計8グループ総勢339人という過去最多のメンバーが立候補する総選挙になる、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが注目するのはSKE48の須田亜香里(26)。木村さんが総選挙の見どころとともに須田の「ブス戦略」について解説する。

 * * *
 今年も6月16日にAKB48の総選挙があり、テレビでも約2時間半の生放送が予定されています。

 昨年、前人未到の3連覇を達成した指原莉乃さんが出馬を見送り、2位の渡辺麻友さんが卒業した今回の目玉は、新たにBNK48(タイ・バンコク)とTPE48(台湾・台北)が加わる“世界選抜”であり、史上最多339名の誰が勝っても「初センター」となること。AKB48としては、乃木坂48や欅坂48の勢いに押されている中、再浮上のきっかけをつかむ重要な場と見られています。

 センター候補の最右翼は、昨年3位の松井珠理奈さん(SKE48)と4位の宮脇咲良さん(HKT48)ですが、昨年5位で今年も速報1位の荻野由佳さん(NGT48)らを含めた混戦模様。しかし、テレビ業界で最も注目を集めているのは、この3人ではなく昨年6位の須田亜香里さん(SKE48)なのです。

◆自ら仕掛けたアンケートで過半数が「ブス」認定

 その理由は、須田さんが指原さん以来となる「ブス戦略」を徹底しているから。

 今年の選挙ポスターに「Is this person BUSU?」というキャッチコピーを使ったほか、演説動画でも「私はブスか?」という問いかけに終始。さらにTwitterで、「ブスだと思う?可愛いと思う?」と尋ねるアンケートを行い、女性の62%、男性+ファンの58%が「ブス」と回答しました。

 テレビ番組への個人出演も、現在AKB48グループの中でトップクラスなのは須田さん。たとえば、5月15日に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)では、「おブス女子の怒りSP!」に出演し、5人の女性タレントがそろう中で堂々のセンターを務め、「ネットの検索予測キーワードが“ブス”」「夜中にネットで整形パトロールをしている」「渋谷駅前で自分よりブスを探してストレス発散している」などのコメントで爆笑を取りました。

 この1か月間、全国ネットの番組だけでも、5月10日に『秘密のケンミンSHOW!』(日本テレビ系)、5月16日に『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)、5月20日に『サンデー・ジャポン』(TBS系)、5月28日に『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)に出演。ブストークや変顔などで、持ち味を発揮しました。

 さらに地元・名古屋では、朝の情報番組『ドデスカ!』(メ~テレ)にコメンテーターとして出演。各界の文化人がそろう中、アイドルらしからぬコメント力で存在感を見せています。

 また、テレビ以外でも、昨年2月に発売された著書『コンプレックス力 ~なぜ、逆境から這い上がれたのか?~』の帯に「ブスから神7!?」というコピーが書かれていました。ここでも「ブス」を突破口にしていたのです。

 アイドルであるにも関わらず、かわいらしさとは真逆の「ブス」を前面に出していること。そのことでアイドルという枠を超えた存在として認識されつつあること。どちらを取っても、指原さんの躍進時を彷彿させるものがあります。

◆広い視野に基づくセルフプロデュース

 指原さんと須田さんの共通点は、セルフプロデュースのうまさ。自分の資質と立ち位置を見極めた上でのブストークは、その最たるところですが、決してそれだけではありません。

 そもそも須田さんは今回の総選挙で、「ブスかどうか」を問いたいわけではないのです。彼女は前述したTwitterのアンケート結果を受けた5月29日、「総選挙を知っていても参加したことがない方に自分の票が反映される感覚を味わって欲しくて試みた企画。グループには可愛い子が大勢います。ぜひ今年の #世界選抜総選挙 は気になる子に投票して一緒にワクワクしてみませんか?」と問いかけました。広い視野からグループ全体やイベントそのものを盛り上げようとしているのです。

 また、1位になった際の公約に「30歳までアイドルを続ける」と宣言してファンを喜ばせた一方、5月30日のTwitterには「(速報の結果に)悔しさを感じてしまいました。実力より上を目指せば、叶わないリスクは高くて当然。それでも1位になってみたい本音と向き合うと決めた以上は足りない魅力も受け止めたい!」と正直に悔しさをにじませました。

 さらに、6月4日のブログで、「今日は気が済むまで泣いた!」「改めて言いますが私は一位以外目指しません」「ハートとハートで向き合ったアイドルが一人一人のファンに選ばれることによって一番になれるってことを証明したい」と熱く本心を語ったのです。

 須田さんに、コアなファンだけでなく、ライトなファンが増えているのは、「ブスという立ち位置から謙虚に振る舞い、笑いを取っているから」だけではないでしょう。「私みたいなタイプが1位を取れば、多くのメンバーやコンプレックスを持つ人の目標になれる」と信じて明るく突き進む姿が人間性の豊かさを感じさせ、「ドラマティックなシンデレラストーリーを見届けたい」と思わせているのです。

◆2月には地元でエース・松井珠理奈に勝利

 須田さんは、まだSKE48のシングルですらセンターを務めたことがないものの、今回の総選挙は地元の名古屋開催。2月には、同じ名古屋で開催されたAKB48グループのプロレスイベントで、一足早い番狂わせを起こしました。須田さん(オクトパス須田)は、メインイベントで初代女王・松井珠理奈さん(ハリウッドJURINA)にフォール勝ちしたのです。

 彼女は総選挙でも、センター最右翼の松井珠理奈さんに勝つことができるのか? もしセンターを獲れなくても、スピーチで強烈なインパクトを放ってくれるのではないか? ついに「ポスト指原」が誕生するのではないか? 業界内外でそんな機運が高まっている須田さんの一挙手一投足に注目してみてください。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「AKB48」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    豊洲移転 築地の悪慣習断ち切れ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    片山さつき氏 100万円で口利きか

    文春オンライン

  6. 6

    有吉弘行 加山雄三イジり共演NG

    女性自身

  7. 7

    川上量生氏の知財意見書にあ然

    やまもといちろう

  8. 8

    日本への非難続ける正恩氏の思惑

    高英起

  9. 9

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  10. 10

    100m走10秒を切る人が増えた理由

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。