記事

米株上昇、市場は来週の米欧中銀会合に注目

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米国株式市場は主要指数が上昇した。貿易を巡る対立への警戒感が後退したものの、米欧の中央銀行で来週開かれる政策決定会合を控えて比較的薄商いとなった。

中盤までマイナス圏だったS&P総合500種は、ヘルスケアや主要消費財セクターが主導して終盤にプラス圏に転じた。

市場は、米国との主要貿易相手国との関係を巡る懸念からはひとまず注意をそらしているもようだ。

トランプ米大統領が先にカナダ、欧州連合(EU)、メキシコへの鉄鋼・アルミニウム関税適用を決定したことから、カナダのシャルルボワで8日に始まった主要7カ国首脳会議(G7サミット)では緊迫した協議が行われる見込み。打開策への期待は低く、あるG7当局者は共同声明が出ない可能性も高いと明らかにした。

ただ一部の投資家には、米国や欧州の中央銀行が来週開く政策会合や12日の米朝首脳会談を控え、様子見の姿勢もみられた。

アボット・ダウニングの投資担当幹部は「投資家が消化すべき材料は多くあるが、経済には力強さがなお見られ、投資家は引き続きそこに引き寄せられる」と話した。

MVフィナンシャルのカトリーナ・ラム氏は、特に注目されるのは米企業の力強い成長見通しだと指摘。今年の売上高の伸びは7%を上回る見込み。トムソン・ロイターI/B/E/Sによると、今年の米企業の増益率は22.2%と見込まれている。

週間ではS&P総合500種が1.62%高、ダウ工業株30種は2.76%高、ナスダックは1.21%高だった。

S&P主要セクターのうち、この日の上昇率トップは主要消費財<.SPLRCS>で1.3%高。プロクター・アンド・ギャンブル<PG.N>が続伸して1.9%高、増配を発表したフィリップ・モリス<PM.N>は2.6%高だった。

ヘルスケア指数<.SPXHC>は0.7%上昇。製薬会社アラガン<AGN.N>が4.3%高だった。

テクノロジーセクターは0.03%高で終了。新型「iPhone(アイフォーン)」の出荷台数を前年から20%減少する見通しと報じられたアップル<AAPL.O>は1%安で終了した。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.42対1の比率で上回った。ナスダックでは1.09対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は60億5000万株。直近20営業日の平均は66億株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25316.53 +75.12 +0.30 25209.2 25325. 25165. <.DJI>

9 63 70

前営業日終値 25241.41

ナスダック総合 7645.51 +10.44 +0.14 7607.74 7653.5 7595.1 <.IXIC>

8 4

前営業日終値 7635.07

S&P総合500種 2779.03 +8.66 +0.31 2765.84 2779.3 2763.5 <.SPX>

9 9

前営業日終値 2770.37

ダウ輸送株20種 10938.47 +95.65 +0.88 <.DJT>

ダウ公共株15種 663.96 -0.13 -0.02 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1412.29 -12.05 -0.85 <.SOX>

VIX指数 12.18 +0.05 +0.41 <.VIX>

S&P一般消費財 873.51 +2.21 +0.25 <.SPLRCD>

S&P素材 379.64 +0.99 +0.26 <.SPLRCM>

S&P工業 640.62 +2.72 +0.43 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 520.11 +6.69 +1.30 <.SPLRCS>

S&P金融 465.17 +1.20 +0.26 <.SPSY>

S&P不動産 197.36 +0.90 +0.46 <.SPLRCRE

C>

S&Pエネルギー 565.02 -1.24 -0.22 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 982.32 +6.83 +0.70 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 150.11 +0.30 +0.20 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1256.13 +0.36 +0.03 <.SPLRCT>

S&P公益事業 244.98 -0.03 -0.01 <.SPLRCU>

NYSE出来高 7.89億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 22670 + 50 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 22630 + 10 大阪比 <0#NIY:>

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  3. 3

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  4. 4

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    早稲田の名物教授にセクハラ疑惑

    PRESIDENT Online

  7. 7

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

  8. 8

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  9. 9

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

  10. 10

    在京テレビは被災経験局を見習え

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。