記事
  • S-MAX

教育現場へのICT導入をインフラ面からサポート!NTTドコモが参画した小学校の授業におけるタブレットを用いたICT活用事例を紹介【レポート】

1/2


docomoが参画した小学校授業へのICT活用事例をレポート!

NTTドコモでは2020年に向けた新しい教育指針へのICT(Information and Commnication Technology/情報通信技術)活用、また働き方改革へのICT活用などを目的に有識者や教育現場と協力してのICT活用推進に取り組んでいます。

一例として2017年度よって「教育の情報化」の有識者・研究者である東北学院大学・稲垣忠教授と協力し、宮城県内の小学校で授業にICTを活用する実践に参画してきました。

この取り組みを紹介する場として2018年5月13日(日)にNTTドコモ東北支社で「富谷市立明石台小学校でのタブレットを用いた実践授業の成果報告会」を開催しています。当日取材しICT活用事例・利用検証に関する話を聞いてきたので、レポートしていきます。

smax-tohoku-ict02
東北学院大学教授の稲垣忠氏

今回の報告対象である実践授業のフィールドとなったのは富谷市明石台小学校(宮城県)。タブレット端末を授業に取り入れた「反転学習」に取り組むことで、教育現場でのICT活用にトライしてきました。

報告会の参加者のほとんどは自治体や教育現場などで働く教育関係者。参加者数は当初予定の20名から当日までに50名まで拡張され、あらためて関係者内での関心の高さが伺いしれます。

ちなみにNTTドコモでは「携帯安全教室」など特別授業は開催しているものの、通常の授業に組み込む形での参加や協賛は今回が初めて。

今回は協賛となっており「100台のiPad(セルラーモデル。SIMセット済み)」を無償で貸与。生徒数(400名)との不足分をID発行でカバーする“ソフトウェア的な対応”も組み合わせ、個別環境を実現しています。

報告会の内容は大きく「講演」「教育現場からのフィードバックと分析」「ディスカッション」の3パート。冒頭は授業実践に協力していた東北学院大学・稲垣氏の基調講演でスタートしました。

稲垣氏は政府広報のオンラインサイトにて公開中のイメージ動画「Society 5.0」( https://www.gov-online.go.jp/cam/s5/ )などを紹介しつつ、教育現場においてもこれから「IoT」「人工知能(AI)」「ロボット」がカギになってくること、そこから「教育がこれからどうなっていくか?」を参加者に問いかけます。

「先生(教育者)という存在がそもそも必要な時代なのか?」という参加者からの意見も聞かれる中、稲垣氏は「従来の『教育者中心のスタイル』から『学習者中心のスタイル」に変わっていく』こと、またその実例としてこの後に触れる実践授業が参考になることを伝え話は進んでいきました。

今回の実践授業にもつながるポイントとして取り上げられたのが、現状の「教育者中心のスタイル」では難易度が高い「到達ベースのシステム」。授業で教えたい内容を「児童全員が」「求められる同じレベルまで」理解できるか?というもので、コマ数に制約がある今の学校教育では実現が難しいことのひとつです。

しかし、ICTを活用し「学校の授業でやること」「自宅にて個人でやること」を上手にわけられれば、この点を解決できる可能性は高くなります。このことの実践例として、以降は富谷市立明石台小学校での実践内容報告へと移っていきます。

smax-tohoku-ict03
1つ目の実例を報告した明石台小学校教諭の阿部太輔氏

報告された実例は2つ。1つ目は明石台小学校4年生の授業「算数・計算のきまり」での取り組みです。反転学習とは「授業から学習が始まる形」ではなく「家庭から学習が始まる形」のこと。従来が授業→家庭の順に学ぶ「復習型」とすれば、反転学習は家庭→授業に学ぶ「予習型」といえます。

1つ目の実例では学習の流れが次のとおりになっていました。

(1)【家庭】学習用の動画をダウンロードし視聴する
(2) 【家庭】ノートをまとめて写真で送付(提出)する
(3) 【家庭】宿題をおこなう
(4) 【学校】事前に集めた提出内容をもとに、家庭学習を振り返る
(5) 【学校】つまづきが見られたポイントの解説、応用問題

smax-tohoku-ict04

smax-tohoku-ict05
資料の配布・回収などで授業を支援する「ロイロノート・スクール」

smax-tohoku-ict06

smax-tohoku-ict07
児童の理解度に応じて出題内容を自動で判断するドリル「やるKey」

反転学習にはツールとして資料の配布・回収・作成・整理に株式会社LoiLo(ロイロ)が開発する授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」、宿題など理解を深めるドリルとして凸版印刷株式会社の小学校向けドリル学習サービス「やるKey」も活用。

あわせて読みたい

「ICT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜカルディ商品は買う気失うか

    MAG2 NEWS

  2. 2

    大地震でも出社 学ばぬ日本企業

    キャリコネニュース

  3. 3

    大阪市長の地震対応に称賛集まる

    キャリコネニュース

  4. 4

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  5. 5

    片山晋呉に激怒した招待客とは

    NEWSポストセブン

  6. 6

    再選望むも八方塞がりの安倍首相

    先見創意の会

  7. 7

    安倍首相「先手先手で対応する」

    ロイター

  8. 8

    たかまつなな 正論貫くのは無駄

    たかまつなな

  9. 9

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  10. 10

    栄氏の謝罪に反省感じられぬワケ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。