記事

潘基文・前国連事務総長が語った「金正恩の本音」 - 「文藝春秋」編集部

「金正恩委員長は、本音では『核放棄をせず、何らかの形で核保有を続けたい』と考えている」

【写真】潘基文前国連事務総長を取材する黒田勝弘氏


前国連事務総長・潘基文氏©文藝春秋

旧知の黒田勝弘・産経新聞ソウル駐在客員論説委員に対してこう語ったのは、2007年~2016年に国連事務総長を務めた潘基文氏(73)だ。潘氏は、盧武鉉政権で外務大臣を務めた経験もある“韓国随一の外交官”で、国際情勢に通じている。日本のメディアとしては初めて『文藝春秋』の単独インタビューに応じた。

潘氏は北朝鮮の過去の振る舞いについて、次のように述べる。

「1991年~1992年、私が副委員長として参加した南北核統制共同委員会での合意と『朝鮮半島非核化宣言』から1年も経たずして北朝鮮の『核の開発計画』が露呈しました」

そして、2005年の六カ国協議で北朝鮮が「完全なる核兵器の放棄」に合意したにもかかわらず、翌年に核実験を行ったことに触れ、こう警鐘を鳴らす。

「今まで、北朝鮮はすべての約束を自ら白紙化しています。その事実を決して忘れてはなりません」

潘氏は、北朝鮮が今年に入って対話姿勢に転じた理由や、これまでのアメリカとの駆け引きの裏に隠された真意などについても、独自の視点で解説した。

日韓の間の歴史認識問題や国連事務総長時代の思い出、出馬を断念した昨年の韓国大統領選の秘話などについても語った潘氏へのインタビューは、「文藝春秋」7月号に10ページにわたって掲載される。

(「文藝春秋」編集部)

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大地震でホームレスが困ること

    ビッグイシュー・オンライン

  2. 2

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  3. 3

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  4. 4

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

  5. 5

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  6. 6

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  7. 7

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  8. 8

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    エレカシ宮本「GLAYに心折れた」

    SmartFLASH

  10. 10

    安全な登下校を脅かす受動喫煙

    にしゃんた

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。