記事

台湾が「マンゴー天国」となった遠因に、日本統治時代の作物技術

1/2

ここ数年、日本でもブームとなっている台湾スイーツ。中でも太陽の恵みをその実に凝縮させたかのようなアップルマンゴーは、多くの人を魅了しています。そんなアップルマンゴーが台湾の名物となったひとつの要因に、「日本の統治」があったようです。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、先日亡くなった「台湾のアップルマンゴーの父」と言われた男性のニュースを引きながら、日本が台湾農業に与えた大きな影響等を紹介しています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年6月7日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【台湾】アップルマンゴーの父が残した日本の作物技術

“アップルマンゴーの父”鄭罕池さん死去 頼行政院長が追悼/台湾

現在、台湾の夏の風物詩のひとつにマンゴーかき氷があります。マンゴー果肉を贅沢にちりばめたこのマンゴーかき氷は台湾で人気に火がつき、日本でも今や若者を中心に人気を得ており、主に東京ですが台湾式マンゴーかき氷を出す店も増えています。このかき氷は、マンゴーの生産が盛んな台湾で、台湾産マンゴーの活用法のひとつとして誕生したものでした。

そして、台湾で盛んに栽培されているマンゴーは、皮がリンゴのように赤くなることから「アップルマンゴー」と呼ばれる品種で、台湾の原生種ではありませんでした。台湾にアップルマンゴーを持ち込み栽培に尽力した人物が鄭罕池という人物であり、その方が亡くなったというニュースが台湾で流れました。頼行政院長も彼の死を悼み、彼の功績を惜しみなく評価しています。

台湾が今のようなマンゴー天国になった背景を知るには、日本統治時代まで遡る必要があります。日本統治時代、台湾の農業は惨憺たるものでした。日本統治時代に、多くの日本人研究者や日本人技師らが台湾の産業を向上させるために貢献したのです。

アップルマンゴーの父であった鄭罕池さんは、もともとはサトウキビの栽培を行っていた人でした。台湾のサトウキビ産業は日本統治時代以前からありましたが、新渡戸稲造が台湾に来たことでサトウキビは台湾の根幹産業となったのです。以下、拙著『台湾は日本人がつくった』(徳間書店刊)から抜粋します。

台湾へ渡った新渡戸は、半年かけて全島を巡り、殖産興業の要は製糖業にあると確信した。調査の後、パリで開かれた万国博覧会へ出かけたのを機に、欧米諸国及び、その他の植民地の製糖設備を調査して歩いた。

帰途はエジプトとジャワへ寄り、製糖業経営の実地視察、殖産局長心得を学んで帰ってきた。製糖政策の具体策を盛り込んだサトウキビの品種改良、栽培法、製造法などの意見書「糖業改良意見書」を児玉総督と後藤新平に提出した。

台湾糖業の発展は新渡戸の改善策により、品種改良開始から11年目には砂糖生産量が6倍になったと言うから、彼の貢献度が相当なものだった事が判る。その後の技術向上により、日本領台前には年間5万トンだったが、昭和11年から翌年の最盛期には、年産100万トンを越えた。

こうして台湾のサトウキビ産業は20世紀初頭に最盛期を迎えますが、終戦を経て、国際社会がだんだんと成熟していくにつれ、台湾の砂糖は安い輸入品に押されるようになり、徐々に台湾での生産量が減少していきました。そして、今ではかつての工場は必要とされなくなり、台湾糖業公司も1990年代から経営の多角化を進め、現在では、砂糖部門に加え、観光業部門石油販売部門畜産部門などの8部門に分かれています。以下、台湾サトウキビの現状をレポートした資料を引用します。

2014年期の生産量は54万トンであり、生産量は日本の約半分である。また、収穫面積は約8,000ヘクタールであり、このうち約8割は台湾糖業公司の自社圃場である。製糖工場は中部の虎尾工場(雲林県)と南部の善化工場(台南市)の2カ所にある。1日当たり圧搾量は各工場とも約2,500トンであり、操業は例年、12月から翌年3月までの4カ月にわたり行われている。

台湾のサトウキビ品種育成の現状ならびにサトウキビ野生種の自生状況

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  5. 5

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  7. 7

    安倍自民が連敗 地方に耳傾けよ

    舛添要一

  8. 8

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  9. 9

    松井秀喜のG復帰 ナベツネが壁?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。