記事

金正恩に騙されないようにトランプに釘を刺すのが安倍首相の役割である。 - 6月6日のツイート

スマホアプリ[Himalaya]、『舛添教授の政経の時間!』、今日は節電のすすめです。エネルギー問題は、需要と供給の両側面があります。節電すれば、エネルギー需要が減りますので、供給も減らすことができます。脱原発依存には、節電も大きな要素です。以下で無料配信中。http://m.himalaya.fm/jp/episode/192248/11100560/2…

人手不足解消のために、政府は外国人労働者の受け入れに舵を切った。問題は、彼らを単に労働力として使って捨てるのか、日本社会に統合させるのかだ。子供が生まれると、欧州のように、2世、3世問題が起こり、文化摩擦なども起こる。しかし、多様な社会になって活力も生まれる。よく議論すべきだ。

安倍首相、7日には日米首脳会談。北朝鮮の非核化、拉致問題の解決など、日本のこれまでの主張は正しい。金正恩に騙されないようにトランプに釘を刺すのが安倍首相の役割である。中間選挙での集票目当てのパフォーマンスのみで、北朝鮮への経済支援は日本が行えというトランプの態度はいただけない。

中国について解説する。共産党一党独裁の下での経済成長はなぜ可能なのか。改革開放から資本主義へと舵を切った中国では、多元主義ではなくても経済は好調である。民主化の歩みが進まない一つの原因である。国際政治学講義の第32回目をブログにアップした。https://ameblo.jp/shintomasuzoe/entry-12381829997.html…

自民党が参議院の選挙制度改革案をまとめた。合区の救済策だ。票の平等という観点から二つの県を合区するしかなかったからだ。参議院は、米上院のように、人口比ではなく各州(県)定数2にするのも一案。また道州制導入もありうる。憲法改正議論は、このような問題についても必要である。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「日米首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    福岡刺殺 闇ウェブ専門家の素顔

    やまもといちろう

  2. 2

    本田圭佑ゴールにSNSは謝罪の嵐

    MAG2 NEWS

  3. 3

    働き方改革巡る竹中平蔵氏の詭弁

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    カジノ代案ない野党はクレーマー

    大西宏

  5. 5

    ソフバンに陰り 公取委の圧力か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    メルカリが好待遇で求める人材像

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  8. 8

    福岡刺殺 ネット上で追悼相次ぐ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    籠池氏が加計理事長の会見に怒り

    NEWSポストセブン

  10. 10

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。