記事

身内に甘い安倍氏と泣いて馬謖を斬った中曽根氏の違い


【在職期間では安倍氏に抜かれたが…】

 安倍晋三・首相の連続在職日数は「2000日」に迫ろうとしている。小泉純一郎を抜いて、ついに佐藤栄作、吉田茂という「大宰相」に次ぐ歴代3位の長期政権となった。

 安倍首相は「戦後レジームからの脱却」を掲げ、憲法改正、規制緩和、日米同盟の再構築など、「大勲位」中曽根康弘・元首相(100)の背中を追いかけてきた。いま、安倍氏は仰ぎ見る存在だった中曽根氏をすでに在職期間で追い抜いたが、国民の目に映る安倍氏の姿は“大宰相”とはほど遠い。

「権力は腐敗する」とは英国の歴史家ジョン・アクトンの有名な言葉だが、長期政権を維持するためには政権の規律をどのように保っていくかが問われる。その観点でいえば、安倍首相と中曽根氏の大きな違いが、自らのスキャンダルへの対応だ。

 安倍政権は1年以上にわたってモリカケ疑惑に足を掬われ、国会では国民がウンザリするほど延々と疑惑追及が続いている。事態を泥沼化させている原因は、身内をかばう首相自身のふんぎりの悪さにある。加計学園問題での対応がまさにそうだ。

〈新しい獣医大学の考えはいいね〉

 愛媛県文書に記述されていた首相発言が加計学園担当者による“でっちあげ”だったことを学園側が公表しても、安倍首相はなお、「(加計学園に)抗議をすることについては、そもそもの理由がない」「怒るとか怒らないとかということではない」と、「腹心の友」加計孝太郎・理事長をかばい続けている。

 中曽根氏は潔く切った。旧制静岡高校時代からの友人で、有力な後援者だった殖産住宅相互社創業者の東郷民安氏が会社の上場で得た資金を中曽根氏の総裁選のために提供し、のちに巨額脱税で立件された事件(殖産住宅事件・1973年)があった。中曽根氏は国会で東郷氏を一切かばうことなく、最高裁で有罪が確定した後、「個人的には東郷君は気の毒だ」といってのけた。

 政界を揺るがせたリクルート事件では、中曽根内閣の官房長官を務め、「将来の総理・総裁」とみられていた藤波孝生氏のクビを差し出した。“後ろ楯”に見放された藤波氏は収賄で立件され、自民党を離党せざるを得なくなった。藤波氏の秘書だった松木謙公・代議士が振り返る。

「藤波さんは中曽根政権時代の問題を全部1人でかぶらされたようなものでした。私が藤波先生に『誰かをかばっても仕方がない』というと、当時はロッキード事件で田中角栄さんが逮捕された後だったこともあり、先生は『韓国をみてごらん。政権が変わる度に前大統領が逮捕されている。日本もそういう国だって思われるのは嫌だよなぁ』と身代わりになった」

 政治学者の後房雄・名古屋大学大学院法学研究科教授が指摘する。

「中曽根さんは権力を守るためには非情に徹した。いわば泣いて馬謖(ばしょく)を斬ることでケジメをつけ、政治の場面転換を図る。善悪は別にして、プロ政治家のやり方です」

 比べて安倍首相は身内に甘く政治に私情を持ち込む。

「森友問題では昭恵夫人を守るために結果的に役人に嘘をつかせ、公文書を改竄させることになった。スキャンダル大臣への対応では、腹心の下村博文・元文科相は内閣改造までクビにしなかったし、稲田朋美・元防衛相もギリギリまで更迭に踏み切れず、事態をどんどん悪化させた」(同前)

 安倍首相が政治に私情を持ち込んだことで、必要以上に国政は混乱した。

※週刊ポスト2018年6月15日号

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    早稲田の名物教授にセクハラ疑惑

    PRESIDENT Online

  3. 3

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  4. 4

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  5. 5

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  6. 6

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  7. 7

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  8. 8

    脱退2年活動禁止 NMB48奴隷契約

    文春オンライン

  9. 9

    日本人のW杯会場ゴミ拾いに称賛

    BBCニュース

  10. 10

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。