記事

ミクシィの「業態転換」が大成功した理由

1/2
ゲームアプリ「モンスターストライク」で絶好調のミクシィ。かつてのSNS中心から業態転換して再成長した会社には、社員の働き方を支える仕組みがあった——。

----------

メイン事業の変遷で社内にも変化が
1999:前身のイー・マーキュリー創業。IT系求人情報サイト「Find Job!」の運営がメイン。
2004:SNS「mixi」の正式提供を開始。
2006:社名を「ミクシィ」に変更。
2013:スマホ向けアプリ「モンスターストライク」の提供開始。
2014:執行役員の森田さんが社長に就任。赤字から一転、過去最高益に。
2015:ゲーム・映像コンテンツの「XFLAGスタジオ」を立ち上げ。

----------

■「共走」して向き合うが、「要望」は聞きすぎない

若手のウェブエンジニアやデザイナーは、今や引く手あまた。そんななか、社員の働きやすい環境をつくるために専門部署をつくった会社がある。それがミクシィだ。

今や引く手あまたの若手エンジニアやデザイナー。彼らにとって魅力的な職場づくりに、積極的に取り組んでいる。

同社には「はたらく環境室」という部署が存在する。1969年の発足以来、多くの組織が参考にした「すぐやる課」(千葉県松戸市)にちなんだ部署だ。どんな業務を行うのだろうか。

「社員の入社から退社までの人事・労務をすべて担います。働きやすいよう執務環境を整え、就業規則もつくります。つまり法務・経理以外の業務サポートを行う部署で、ミッションは『会社の業績』と『組織のパフォーマンス』を上げることです」

室長の橋本貴史さんはこう説明する。スタートしたのは2014年で、ゲームアプリ「モンスターストライク(以下モンスト)」がブレイクし始めた時期。まずはルールも含めた社内システムの見直しから取り組んだ。

「当時パソコンはウインドウズのデスクトップが主流で、マッキントッシュは全体の1割程度。ノートパソコンもあまり配布していませんでした。管理しやすいという理由でしたが、ルールや管理体制を一新し、現在はマックブックが主体になっています。管理側の視点で行うことが、働きやすさを阻害するのなら変えよう、と」

取り組みが加速したのは、森田仁基さんの社長就任の影響が大きかった。一般社員として入社後に実績を積み、部長→執行役員→社長となった森田さんは、人事部長も兼ねていた。社長直轄となった「はたらく環境課」(当時)は、労務、総務部門を吸収し、従業員が勤務するために必要な制度や契約といったソフトから、設備などのハード面まですべてをワンストップで運営する部門として改革が進めやすかったのだ。

■随所にソファや交流スペースを設けた狙い

課が発足して以降も、業績は拡大して従業員も増えた。オフィスは手狭となり、現在は東京都渋谷区内の徒歩数分の距離にある、3棟の大型ビルに入居している。後述するが、19年冬の本社移転を控えた状態である。16年に3つ目のビルに入居する際も、「はたらく環境課」が中心となり執務環境を整えた。ただし事前に社内アンケートは取らなかったという。

「アンケートには、たとえば『シャワールームや仮眠室をつくってほしい』『最寄り駅に近づけて』など、予算や現実性の面で不可能な声も多いのです。業務改善で急いで対応してほしいことは直接言いに来るので、そうした声に向き合いました」

今回の取材で、3つのビルすべてを回った。興味深いのは、随所にソファや交流スペースが目立つこと。会議室もガラス張りで外から見えるものもある。

「ソファを多く置くことで、社内コミュニケーションの活性化をめざしました。現在のように3つのビルに分かれていると、どうしても社員同士が交流する機会が減ってしまう。少しでもそれを解消したいと考えたのです」と橋本さんは振り返る。

働く社員はどう感じているのか。複数のIT企業でエンジニア経験を積んだ中山里紀さん(対戦型ゲーム「ファイトリーグ」の開発マネージャー)は、現場経験を踏まえて話す。

「エンジニアにとって開発環境は大切ですが、不都合があったときの会社の対応は早い。たとえばマシンの手配や必要なソフトウェアの購入も、上長が承認したウェブ上の“依頼チケット”を出せば手配してくれます。仕事用のイスも以前に比べて座り心地がよくなりました。追い込み時期は十数時間も座るので、細かい配慮はいいですね」

「はたらく環境室」では、設備や会社の備品を「全体最適」と「部分最適」で使い分ける。ソファで社員の交流を促しつつ、作業に没頭できる机とイス中心の部屋も用意した。

パソコンなどは全社共通で提供し、業務の特性に応じて導入・管理するものは各部署に委ねる。予算とルールがあるが、裁量の自由度は大きいようだ。

福岡県出身の中山さんは、新卒で地元企業に就職。地方自治体向けの選挙用ソフトの開発に携わり、その後、ソーシャルゲームを開発する会社に転職してエンジニアとして働いた。そして15年のミクシィ入社を機に、それまで暮らした福岡県を離れて上京した。

「経験者として採用され、入社半年でマネージャーに昇格しました。現在は管理業務が中心で、『ファイトリーグ』事業のタスク管理やメンバーのスケジュール管理をする一方で、事業の将来性を見越した取り組みも行います」

■退社したら電話やメール連絡からも解放

部下との対話で重視するのが「ワン・オン・ワン」(1対1の面談)だ。「スタッフの年齢は幅広く、新卒1年目から5年目までの20代もいれば、10年を超える30代もおり、経験や性格に応じて話す内容を変えます。人前で自分を主張しない人もいるので、本音を聞き出し、会社のめざす道と、部の方向性を共有して、進行状況を把握しています」

部署はフレックスタイム制で、基本の勤務時間は10時~19時(コアタイムは10時~15時)だ。「当番制をとっているので、当番以外のエンジニアは、退社したら電話やメール連絡からも解放されます」

中山さん自身も、徐々に「働き方改革」をしてきた。「20代の頃はがむしゃらに働き、休日出勤も当たり前でしたが、30代に入り、『同じ働き方では自分が伸びないし、得られるものもない』と意識を改めました。マネージャーとして、自分のハンドリング次第でスタッフの働き方も変えられる。最近は、マネジメントの本も読むようになりました」

現在は部下8人、協力会社を含めて25人のスタッフを束ねる。

「社外の比率が高いのでメンバーの融合を考えながら、私自身は一歩引いて見守っています。会社や事業における将来のビジョンを共有し、チームワークを大切に運営したいと思います」

■直属上司が社長で、言いやすかった

2016年に中途入社した小林千絵さんは、現在、IT・ウェブ業界向けの求人情報サイト「Find Job!」のデザイナーをしている。

「ミクシィは6社目ですが、これまでの仕事に比べると、業務の幅が広くて刺激になります」

今はほぼ定時(10時~19時)勤務で退社できている。「仕事のこなし方は早いほう」と自負する小林さんだが、もう1つの理由もあった。

「入社したときのプロジェクトリーダーが社長(ミクシィ・リクルートメント社長の鈴木貴史さん)で、『通常業務で対応できない仕事量を負担させる気はない』という方針でした。業務量が大幅に増加すると『こなしきれません』と言うこともできたのです」

入社した当時は会社の変革期で、「エンジニアを大量採用して職場環境を整える時期でした。『Find Job!』はミクシィ創業期からの事業ですが、同世代も多く、スムーズに新しい職場になじむことができました」と話す。

学生時代は自他ともに認める“ゲーマー”だった小林さんは、特技を生かして、卒業後は3D系のコンシューマーゲーム会社などで働いてきた。大手ゲーム会社の勤務経験もあるが、ミクシィグループはまた違うという。

「社内の“コラボレーションルーム”に、横になれる畳スペースがあったのは新鮮でした。以前の会社では激務に追われたとき、昼休みに“お昼寝カフェ”を利用していたので(笑)」

業務サポートにも満足している。「デザインに使うフォントなど必要なものが足りない場合、上長の承認があれば、『はたらく環境室』がすぐに用意してくれます」

恵まれた環境に甘んじず、デザイナーとしての勉強は欠かさない。

「退社後も本を読んだり、手を動かすコーディング(プログラムを書くこと)もする。自分の好き嫌いではなく『ユーザーが利用しやすい』デザインの作成がモットーです。だから、スマホは娯楽ではなく情報収集。一見、ゲームをしているように見えても、デザインの流行りや操作におけるストレスはどうかをチェックしています。視野を広げるため、美術展にも行けば、IT・ウェブ会社のインスタレーション(現代美術の手法の1つ)にも行きます」

あわせて読みたい

「mixi」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  4. 4

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  5. 5

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  8. 8

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  9. 9

    北の法王招請に能天気すぎる韓国

    高英起

  10. 10

    誰もが美人? ハーフが苦しむ偏見

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。