記事

スターバックスのシュルツ会長が退任へ 大統領選出馬否定せず

シュルツ会長
Getty Images
シュルツ会長


米スターバックスは4日、同社を世界的なコーヒーチェーンに育て上げたハワード・シュルツ会長(64)が今月26日に退任すると発表した。米紙とのインタビューで同氏は、大統領選出馬の可能性を否定しなかった。

シュルツ会長が昨年、最高経営責任者(CEO)を退任した際、同氏の政治的野心をめぐる憶測が浮上していた。

米紙ニューヨーク・タイムズが4日付で掲載したインタビューでシュルツ氏は、大統領選への出馬の可能性を否定しなかった。同氏は、「新たな人生でやりたいことの一つに、お返しをするために何か果たせる役割がないか探すことがある」と語った。「それが何を意味するのかは、まだはっきりとは分からない」。

シュルツ氏はさらに、「国のため役に立ちたいが、それが公職に立候補しなくては達成できないと意味するわけではない」と付け加えた。

社会的な議論

シュルツ氏は1982年に、業務とマーケティングの責任者としてスターバックスに入社。いったん独立したが、1987年に同社を買収し、36年にわたってCEOを務めた。

スターバックスによると、シュルツ氏の下で同社は、合計11店から2万8000店以上の巨大チェーンに成長。株価は約210倍になった。

名誉会長に就任する予定のシュルツ氏は、著名な経営者としての立場を使って、社会的な議論でも意見を述べてきた。

従業員に健康保険を提供してきたスターバックスは、米国の小売業では先駆者的な存在で、移民問題についても明確な立場を表明してきた。

今年4月に、ペンシルベニア州フィラデルフィアのスターバックス店舗で友人を待っていた黒人男性2人が警察に通報され不法侵入の容疑で逮捕されたことについて、シュルツ会長は米CBSニュースに対し、「起きたことはあらゆる面で非難に値する」と語り、厳しい態度を示した。

スターバックスによると、シュルツ氏は今年の夏を本の執筆や家族と時間を過ごすことに充てる予定だという。

(英語記事 Starbucks boss leaves firm after 36 years

あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  2. 2

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  3. 3

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  4. 4

    大阪の大型地震「初めはドーン」

    THE PAGE

  5. 5

    片山晋呉に激怒した招待客とは

    NEWSポストセブン

  6. 6

    盗聴取材の共同記者に真相直撃

    NEWSポストセブン

  7. 7

    レスリング騒動は栄氏だけが悪か

    舛添要一

  8. 8

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  9. 9

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

  10. 10

    地震受け大阪府内で17万戸が停電

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。