記事

日大の暴力体質は50年前からそのままだ

1/2

■超ワンマン体制を堅持したまま異例の4期目

田中英寿・日大理事長の背後には常に暴力団の影がある。『週刊文春』(6/7号、以下『文春』)によると、司忍・六代目山口組組長や福田晴瞭・住吉会前会長と親密で、「山口組の若頭の高山清司親分とは兄弟の盃を交わしている」と堂々と自慢していたといわれる。

司組長とのツーショット写真が海外メディアで大きく報じられた時にも、「あれは合成写真だ」といい募り、超ワンマン体制を堅持したまま異例の4期目の再選をはたしている。

学生数7万5000人、卒業生は100万人になるという超マンモス大学のトップに君臨する田中だが、酒が入る時の口癖は「勉強なんて東大に任せておけばいいんだよ。こっちはな、数と喧嘩だったら誰にも負けねえんだ」。ハナから自分のところの学生を用心棒要員としか見ていないようである。

田中英寿・日大理事長。日本大学のウェブサイト「日本大学の歴史」より。

■日大の相撲部に所属し、34個のタイトルを獲得

田中は、青森県北津軽郡金木町の出身。太宰治と同じ町だが、田中の尊敬する人物は、太宰ではなく吉幾三だそうだ。

日大の相撲部に所属し、現役時代は34個のタイトルを獲得。1学年後輩に初の大卒横綱になる輪島がいた。指導者として日大に残った田中は、多くの力士を角界に送り込んだ。

『文春』によると転機は96年に誕生した第10代総長の総長選挙参謀を務めてからだという。以来、順調に出世の階をのぼり、2008年、ついに理事長の椅子を勝ち取る。

アメフト部を牛耳っていた内田正人前監督は田中に気に入られ、ナンバー2の常務理事にまで駆け上がってきた。

『週刊新潮』(6/7号、以下『新潮』)によると、田中理事長の懐刀は内田ではなく井ノ口忠男という日大アメフト部のOBだという。井ノ口は内田のことなど歯牙にもかけていないそうだ。

■「日大特製バウムクーヘン」のビジネス

彼は、危険タックルをした宮川泰介選手が会見を開くことを知ると、宮川を呼びつけ、「監督の指示ではなかった、自分の判断だったと言え」と詰め寄り、宮川はかなり悩んでいたという。

この人物、大阪でビジネスをする一方、2010年に作られた「株式会社日大事業部」の運営を一手に担ってきたそうである。ここは別名「日大相撲部」といわれていて、田中理事長率いる相撲部の関係者が複数採用されている。利益の大半は日大への寄付として処理されていて、「現体制の集金マシン」(『文春』)になっているそうである。

日大に関する物品の調達、業務委託など多岐にわたる業務を管轄しているが、その功績が認められ、昨年秋に日大本部の理事に抜擢された。

『新潮』によれば、ここが扱うものに「日大特製バウムクーヘン」というのがある。式典などがあると配られる日大印の菓子である。これを納めているのは、あの井上奨(つとむ)前コーチの実家だそうだ。

しかも、そこが作っているわけではなく、製造業者から買い取り、それを別の販売業者へ卸して日大に収めているというのである。これでは井上が内田のいいなりになるのも無理はない。

■少数の権力者たちが学校を私物化するという「歴史」

少数の権力者たちが学校を私物化し、その周りに甘い汁を吸おうという輩が群がり、学生たちが払っている学費をぶんどるという図式である。

危険タックル問題以降、次々に明るみに出る日大の暗部だが、1960年代後半に学生生活を送ったわれわれの世代には、こうした構図に“既視感”をもつ人が多いはずだ。

『文春』で、日大芸術学部出身の作家・林真理子がこう書いている。

「今度のことでわかったと思うが、日大というところは、とことん根が腐っている。こうなったら学生諸君、ぜひ起ち上がってほしい。私は経験していないのであるが、七〇年前後に学生運動という大きなムーブメントがあった。その中でも注目を集めたのは『日大闘争』。学生側が大衆団交して、トップに退陣を迫ったのだ。警察も介入して、あの頃は凄い騒ぎだったと記憶している」

正確には1968年から69年にかけてのことである。

20億円の使途不明金、定員の3倍もの水増し合格、検閲制度、右翼暴力学生の跋扈を許し、時の政治権力と一体となって、わが物顔に日大を牛耳っていた古田重二良会頭をはじめとする理事たちに、敢然と反旗を翻して学生たちが立ち上がったのが、学生運動史に燦然と輝く50年前の日大闘争であった。

私の友人で、『週刊現代』記者時代に『線路工手の唄』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した橋本克彦は、当時日大芸術学部にいて闘争の内部をつぶさに見ていた。

橋本の『バリケードを吹き抜けた風――日大闘争』(朝日新聞社)から、当時の様子を書き写してみよう。

■体育会系の猛者たちは、スト潰しに殴り込んだ

発端は、工学部教授の5000万円脱税だった。その後、東京国税局が日大の使途不明金が20億円あると発表した。

進歩的文化人だった日高六郎の講演会を学校側が中止させた。芸術学部の定員が1800名なのに、5514人も水増し合格させていた。教授たちにヤミ給与が配られていた。こうしたことが次々に判明した。

「古田会頭以下全理事は退陣せよ」。小さな火の手は経済学部から上がった。やがて路上で日大全共闘会議が結成される。

しかし、大学側は、暴力で学生たちを潰し、解決しようとしてきた。当時、日大にいて運動部所属だった私の友人は、その当時を振り返ってこう語った。

「日大闘争の記録では、全共闘の連中しか出てこないが、われわれ体育会系の猛者たちは、スト潰しに殴り込んでブチのめしてやったんだ」

そうした暴力学生たちには、古田側から日当が出ていたそうだ。

■警察や機動隊が逮捕したのは、ケガを負った学生だった

学生側にはゲバ棒もヘルメットも圧倒的に不足していたと、橋本はいう。右翼暴力学生に襲撃され、殴られ、瓶で頭を割られた学生もいた。だが、暴力学生を排除するために来た警察や機動隊が逮捕したのはケガを負った学生のほうだった。

学長は襲撃した暴力学生たちに、「諸君は真の日大の建学の精神を体得した」と褒めたたえたという。

しかし、全共闘を支持する学生の数は膨れ上がり、ついには、権力者の私利私欲を満たすためだけの学園を取り戻すために「ストライキ」を決行するのである。

世論もこれを支持した。朝日新聞(68年6月25日付)も、「日本大学の異常な発展の中で、学校の近代化が妨げられ、この事態が自然発生的に起こったことは否定できない。一挙に古い体制から新しい体制へと変化しなければならない段階に来ている」と書いた。

燎原の火のごとく広がった闘争に、あわてた古田側は改革案を提示したが、どのような責任を取るのかを示さず、先送りにした。

全共闘会議はこう宣言した。

「われわれの敵は、教育者という上品な仮面をつけた下品な連中なのだ。上品な仮面をつけ合い、仮装舞踏会で彼らとワルツを踊るつもりなどない」

あわせて読みたい

「日本大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  2. 2

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  5. 5

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  6. 6

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  7. 7

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  8. 8

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  9. 9

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

  10. 10

    3億円事件告白小説 専門家が分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。