記事

「過労死=自己責任」田端信太郎発言がひどいからZOZOを叩く筋違い~社員投稿が会社責任ならSNS全面禁止

e0171573_21471060.jpg

ZOZOTOWN関係ないよね?
いくら田端信太郎氏の発言がひどくても、その発言内容に限定して議論や意見を言うべきであって、所属しているZOZOも悪いとか、ZOZOを退会してやれとか、ZOZO不買運動とか関係ないからそういうみっともない意見はやめようよ。

過労死は自己責任だともとれる発言を、「ZOZOTOWN」を展開する株式会社スタートトゥデイのコミュニケーションデザイン室長 田端信太郎氏がツイートしたことで炎上している。

さすがに私もこの意見はひどいと思う。
過労死してしまうのは、物理的に殺されたからではなく、精神的な呪縛や洗脳によって社員を追い込むことも大きな原因なのだから、まるで過労死した人が悪いという発言はあり得ないと私は思う。

でもね。
田端が気に食わない、田端黙れ、という圧力をかけるために所属会社のZOZOTOWNがうんぬんというのは関係のない話だ。

田端氏がどういう意見を持とうが直接的にZOZOTOWNには関係ないし、ZOZOTOWNの商品にも他の社員にもなんら関係ない話だ。

にもかかわらず気に食わない意見があるから会社に圧力かけて、所属会社を批判することで気に食わない発言をやめさせようという態度は、まるで過労死させるブラック企業の集団リンチ体質そのものではないか。

田端氏の発言がひどいなら、所属会社うんぬんとか出身大学うんぬんとか出身地うんぬんなんて関係のない話で、過労死のことに限定して議論なり意見を言えばいい。
それが議論や意見をする上での最低限のマナーだと思うのだが、ひどい発言をしたやつを黙らせるためには何でもしていい、関係のないところまで批判するというのはまるで筋違いだ。

もしこれでZOZOTOWNの業績に影響が出るようだったら、企業は社員のSNS投稿を一切禁止するしかない。

そんなことになってもいいんですか?
でも社員の投稿のせいで会社にまで悪影響が出るなら、企業はリスクヘッジから全社員にネットでの発信を禁止せざるを得なくなる。

そんなことになったらそれこそ恐ろしい社会だ。

だから。
田端氏の発言がひどいなら、その問題について論理的に反対すればいい。
田端氏の発言がひどいからといって#ZOZOTOWN不買 #zozotown退会祭り は筋違いだ。

ネット上の議論で気に食わない意見があった時、問題を超えたところで議論をすりかえて攻撃してしまう人がいかに多いことか。
もういい加減、そんなアホなことはやめたい。

e0171573_21474510.jpg

ちなみに体を採寸する無料配布のZOZOスーツアプリのできがあまりにひどく、恥ずかしいスーツを着せられた挙句何度計測してもエラーになり、やっと計測できたと思ったらエラーがでてふざけんな!
と思うならzozotown退会祭りでもZOZOTOWN不買でもやればいい。

でも田端氏の発言とZOZOTOWNにはなんら関係はない。

反論する人たちが賢くならないと、全社員のネット投稿が禁止される恐ろしい時代になるだろう。

・過労死について私の意見
自殺するぐらいなら会社を
辞めればいいって
洗脳されているから無理
~人殺し電通社員殺人事件を考える
https://kasakoblog.exblog.jp/24709684/

あわせて読みたい

「炎上」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜカルディ商品は買う気失うか

    MAG2 NEWS

  2. 2

    大地震でも出社 学ばぬ日本企業

    キャリコネニュース

  3. 3

    大阪市長の地震対応に称賛集まる

    キャリコネニュース

  4. 4

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  5. 5

    片山晋呉に激怒した招待客とは

    NEWSポストセブン

  6. 6

    再選望むも八方塞がりの安倍首相

    先見創意の会

  7. 7

    安倍首相「先手先手で対応する」

    ロイター

  8. 8

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  9. 9

    たかまつなな 正論貫くのは無駄

    たかまつなな

  10. 10

    栄氏の謝罪に反省感じられぬワケ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。