記事

東芝メモリとともに売却された14社が判明

 6月1日、(株)東芝(TSR企業コード:350323097、東証2部)は、半導体メモリ事業を担う東芝メモリ(株)(TSR企業コード:023477687)を売却したと発表した。売却先は、米投資ファンド「べインキャピタル」を中心に組成された日米間連合の(株)Pangea(TSR企業コード:024937533)。売却額は2兆3億円。東芝はPangeaに3,505億円を再出資し議決権の40.2%を得て、持分法適用会社とした。

 同時に公表された東芝メモリの2018年3月期の業績(単体)は、売上高1兆1,185億円、営業利益4,605億円、経常利益4,606億円、当期純利益6,192億円だった。東芝メモリは2017年2月に設立された企業であり、東芝や東芝メモリが同等セグメントの2017年3月期の単体業績を開示していないため、前期比較は出来ない。ただ、半導体メモリ事業は、東芝の2018年3月期の連結営業利益の約9割を占めており、東芝の「稼ぎ頭」だった。

 東芝メモリの売却に伴い、関連14社もPangeaの傘下となった。6月4日、東芝メモリの担当者は東京商工リサーチ(TSR)の取材に応じ、14社の社名を開示した。14社は下記の通り。

国内会社

・東芝メモリシステムズ(株)(TSR企業コード:350650241、DUNSナンバー:70-584-7408)
・東芝メモリアドバンスドパッケージ(株)(TSR企業コード:882010778、DUNSナンバー:69-773-4069)
・東芝メモリ岩手(株)(TSR企業コード:026648466、DUNSナンバー:69-363-6399)
・東芝メモリエトワール(株)(TSR企業コード:027192180、DUNSナンバー:71-744-1065)

海外会社

・Toshiba Memory America, Inc. (DUNSナンバー: 08-070-8925)
・Toshiba Memory Europe GMBH(DUNSナンバー: 31-435-7139)
・Toshiba Memory Asia, Ltd.(DUNSナンバー: 66-464-9187)
・Toshiba Electronics (China) Co., Ltd.
・Toshiba Devices & Storage (Shanghai) Co., Ltd.
・Toshiba Memory Singapore Pte. Ltd.(DUNSナンバー: 65-926-4360)
・Toshiba Memory Semiconductor Taiwan Corporation(DUNSナンバー: 65-801-9179)
・Toshiba Memory Taiwan Corporation(DUNSナンバー: 65-887-4650)
・Toshiba Memory Korea Corporation(DUNSナンバー: 69-496-4341)
・Microtops Design Corporation(DUNSナンバー: 65-655-3380 )

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年6月5日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

 TSR情報とは

あわせて読みたい

「東芝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  2. 2

    よしのり氏 禁煙巡るヤジ許せぬ

    小林よしのり

  3. 3

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  4. 4

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

  5. 5

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  6. 6

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  7. 7

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  9. 9

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    フェアプレー精神がない安倍政権

    階猛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。