記事

保護主義的な通商政策の影響を注視=黒田日銀総裁

[ウィスラー/東京 2日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は、カナダ西部ウィスラーで開かれた主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議後の記者会見で、米国の保護主義的な通商政策の動向を注視する考えを示した。「現時点で日本経済には、影響を及ぼしてはいない」との見方も併せて示した。

黒田総裁は日本経済の現状について「景気は緩やかに拡大している」とする一方、「海外経済の動向には、いくつか不確実性がある」と指摘した。そのうえで鉄鋼やアルミニウムの輸入制限を発動した米国の政策を念頭に「最近の保護主義的な通商政策の影響には、注意を要する」と語った。

黒田総裁は、また「物価面ではやや弱めの動きがみられるが、引き続き、物価安定目標2%に向けたモメンタムは、維持されている」との認識を示した。

同じ会見で麻生太郎財務相も、米国の通商政策に懸念が集まったのは「過去にあまりない」と指摘。米国がG7や世界貿易機関(WTO)のルールに違反することは「中国を利することになる」と懸念を表明した。

(木原麗花 編集:山口貴也)

あわせて読みたい

「黒田東彦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  2. 2

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  3. 3

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  4. 4

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

  5. 5

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  6. 6

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  7. 7

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  8. 8

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  9. 9

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

  10. 10

    新潮45問題で不買運動はおかしい

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。