記事

ディーン・フジオカ「東日本大震災とスマトラ沖地震について、僕が考えたこと」映画『海を駆ける』主演を通して感じたこと #2 - 「文學界」編集部

1/2

 公開中の映画「海を駆ける」(深田晃司監督)の主演をつとめたディーン・フジオカ。日本とインドネシアの共同制作である本映画をどのように受け止めたのか。インタビューの後編。

【写真】映画「海を駆ける」(日本・インドネシアの共同制作、深田晃司監督)より

※「ディーン・フジオカ 日本とインドネシア、この企画が成立するならそこにいたい」より続く

一人芝居をしている感触があった

――演出がそうとう細かかったということですが、具体的にどのような演出だったのでしょうか。

ディーン 細かいといっても、こういうフレームがあるからそこに無理やり体を合わせていくという感じではないんですよ。存在のあり方みたいな部分への演出と言ったらいいのかな。声のボリュームや歩き方についても細かい指示はありましたが、だからといって、手がこっち、足がこっち、みたいな秤で量るような指示ではない。そこはむしろ、こちらが力を発揮できる余地を与えてもらえた気がします。監督のなかでは、ラウという存在についてはっきりとしたイメージがもともとあったと思うんです。それを説明してもらい、僕が実際にやってみる。その様子を監督が見て、「なるほど、実際の肉体を通すとそういうふうになるんだ」と確かめ、「じゃあこうやってみたらどうなるか」とまた別のことを試してみる。そういう細かい調整を、リハーサルでずいぶんやりました。自分でも、どこかアートインスタレーションのような、一人芝居をしている感触がありました。


ディーン・フジオカ演じる謎の男・ラウは、ある日海岸に流れ着き、保護される。次々と不思議な現象を巻き起こすラウの力に目を付けたTVプロデューサーが、会見をさせるのだが…… 
『海を駆ける』 配給:日活 東京テアトル ©2018 "The Man from the Sea" FILM PARTNERS

 セリフの読み方に関しても、最初のリハーサルの時の印象が強くて。同じ意味を違う言語でしゃべった場合どういうふうに変わるか、みたいなことを何度も試していました。脚本上では英語になっているセリフをあえて1回日本語で読ませる、そのうえでもう1度英語で読ませて、どちらの言語を使うか考えたり。スイッチングというんでしょうか。たくさんのデータをサンプルし、それらを監督のなかでまた分析していくような不思議なリハーサルでした。

自然の力を借りて魅力につなげる

――そういうくりかえしの演出というのは、実際の撮影でも行われたのでしょうか。

ディーン 何回か撮影しましたね。これは一発しかできないと言っていたのに、いざやってみると「やっぱりもう1回だけやってみましょう」と言われたり。その日の状況で、光の具合やカメラのアングルも変わるし、「こう見えるんだったら、演技もこういうふうに変えたほうがいいかもしれない」とか、リハーサルでやったことを現場でまた何度も微調整する、そういうプロセスを黙々と続けていきました。イスラム圏での撮影でしたから、毎日定時になるとアザーンという礼拝を呼びかける声が町中に響くんですが、その間は撮影も中止するんです。それでアザーンが終わって再開したら、そこでもまた少し調整する。

 この映画は、セットなどは使わずほぼすべて自然と一緒に撮っているわけで、そういうときは抗ってもしょうがないというか、自然を理解してその力を借りるかたちで作品の表現の魅力につなげていかないといけないんですよね。まわりの環境条件も含めて緻密なプランニングのもとで撮影していたし、そこに、僕たちの演技が左右されてくる部分もあったと思います。つまり、その世界の中でみんなが生きている、ということですよね。1回目の後、2回目、3回目とくりかえしても、もしかしたら1回目を超えることはできないかもしれない。でも2回目、3回目だからこそできたテイクもあったりする。常に状況は変わっていくわけで。僕たちはいまみんなで一緒にひとつの映画をつくっているんだ、という感覚、そのライブ感がとても強い現場でした。

――そうやって何度か撮り直す際には、脚本のセリフそのものを変えてしまうこともあったのでしょうか。

ディーン あったと思います。対話のなかで自然に言える言葉が見つかればどんどん直されていました。アチェ語やインドネシア語のセリフなんかは、現地クルーのアドバイスもあったし。だからそこら辺のリアリティはしっかりしていると思います。決してインドネシアのことを知らない人たちが勘違いでつくった表現にはなっていない。でも一方でどこかサーリアルな感じもある。そのバランスがまたおもしろいですよね。

こんなにタメていいのかな

――深田監督には、俳優の演技に対して丁寧に演出をつけられる方なのかなというイメージがあります。編集で切ってつないでいくよりも、どちらかといえば長回しで演技をしっかり撮るというか。

ディーン 長回しの使い方の神髄を心得ている方だな、と思いますね。長回しって、使い方を間違えるとただの退屈なカットになってしまいがち。演じる側としても「こんなにタメていいのかな」と不安になる部分もある。でも深田監督は、その緊張感みたいなものをすごくセンシティブにとらえてうまく“間”を使っていた。きっと脚本をつくる時点で、自分のなかでの熾烈な戦いを経てきているんでしょうね。それぞれのキャラクターや物語にも、しっかりとした仕組みや土台があるからこそ、俳優に対して「どうぞ自由にやってください」と委ねてくれる。緻密なプランが脚本の段階でできているからこそ、それに負けないぐらいのクリエイティビティやイマジネーションが現場でわきあがってくる。深田監督の、独特な緩さのある、すごく細かい演出というのは、本当に勉強になりました。

――一方で、映画のとても重要なシーンでは、CGでの表現がかなり使われていますね。

ディーン CGを使った演技って、今の時代に役者をやっていると大なり小なり経験していくと思いますが、どうしてもつぎはぎな感じになってしまう部分がある。ここにこれが来るから腕のかたちをこうはめて、体をこう開いてそこに入れて、というような、技術的/構図的な演技にならざるをえないし、俳優としては受け身にならざるをえない。今回もそこが少し不安だったんですが、完成品を見て安心しました。ポエティックな世界観自体は崩されずに、そういうテクノロジーと表現がうまくかけあわさってさらに魅力が増していたので。そこは、監督の想像力やビジョンの強さのおかげですよね。

しんどいのに笑っている現場

――これまで様々な映画やドラマに出演してきたディーンさんから見ても、深田監督の演出方法というのはやはり独特だなと思いましたか。

ディーン もちろんいろいろな監督のいろんなやり方があると思いますが、自分がこれまで経験してきた日本の中でのアプローチの大枠からは、だいぶ外れていると思います。そういえば、今回の現場で、僕が初めて香港で俳優の仕事をした作品のことを思い出しました。『八月の物語』(2005年)という作品だったんですけど、深田監督と仕事をしてみて、そういえばこの感じが楽しくて俳優を始めたんだったな、という懐かしさを感じて。

 今回、現場自体はとても楽しかったんですけど、物理的にはすごくしんどかったんですよ。トイレもないようなところで撮影したり、道と呼べないようなぼこぼこの山道を車で何時間も移動したり、携帯だってほとんど通じなかった。そういう環境で撮影するというのは、スタッフもキャストも精神的にも肉体的にもしんどい部分があったはず。それでもみんな笑ってるんですよ。それはもう、みんなで今映画をつくってるんだ、という強い思いがあるからなわけで。こういう現場が自分はやっぱり好きなんだなと思って。監督のチャレンジ精神にも、「そうだよね、ここ、こだわるところだよね」と気づかされたし。俳優業を始めて13、4年経ちますけど、改めて初心にかえることができた気がします。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜカルディ商品は買う気失うか

    MAG2 NEWS

  2. 2

    大地震でも出社 学ばぬ日本企業

    キャリコネニュース

  3. 3

    大阪市長の地震対応に称賛集まる

    キャリコネニュース

  4. 4

    ニコ生主が反NHK政党で市議当選

    岡 高志 (大田区議会議員・政党無所属)

  5. 5

    片山晋呉に激怒した招待客とは

    NEWSポストセブン

  6. 6

    再選望むも八方塞がりの安倍首相

    先見創意の会

  7. 7

    安倍首相「先手先手で対応する」

    ロイター

  8. 8

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  9. 9

    たかまつなな 正論貫くのは無駄

    たかまつなな

  10. 10

    栄氏の謝罪に反省感じられぬワケ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。