記事

加計問題に新展開!? 安倍首相が「首相動静」を熟読した日 ~「官邸の記録」から「首相動静」への静かな変化が気になって~ - プチ鹿島

 安倍首相は昨年「読売新聞を熟読して」と言ったが、自身は最近朝日新聞を熟読した。そんな劇的な展開があったのである。

 一体何があったのか? おさらいする。

 5月22日の朝刊に「獣医学部『首相「いいね」』」(毎日新聞)、「首相『獣医大学いいね』」(東京新聞)と、たくさんのいいねが並んだ。


朝刊1面にならぶ「いいね」

首相の身内からも愛媛有利の声

 安倍首相と加計学園・加計孝太郎理事長が「2015年2月25日」に面会し、獣医学部新設の構想について説明を受けていたという文書を愛媛県が国会に提出したのだ(5月21日)。

 その説明に対して首相が「いいね」と応じたと記されていた。獣医学部の新設については首相は「2017年1月20日」に知ったと国会で答弁していたので思いっきり矛盾が出る。

《文書の内容が事実なら、答弁は根底から崩れる》(毎日新聞 5月22日)
《首相の出身派閥の細田派からは「8対2で愛媛県の方が正しいだろう」という声が出る》(朝日新聞 5月23日)

 首相の身内からも愛媛有利の声。大ピンチである。

 かつてポンジュースのCMで「愛媛のまじめなジュースです」が有名になった。今回は「愛媛のまじめな文書」が次から次と出てきて首相を追い詰めている状況だ。

「官邸の記録を調べた」から「首相動静も確かめた」へ

 首相は22日に否定。しかしこの「否定の仕方」について時系列で読んだら「あっ!」と気づいてしまった。今回の読み比べポイントである。

 まずこちらの記事を読んでいただきたい。

《22日朝。安倍首相は急きょ首相官邸で記者団の取材に応じ、愛媛県の文書を真っ向から否定した。「ご指摘の日に加計理事長と会ったことはない。念のため昨日、官邸の記録を調べたが、確認できなかった」》(朝日新聞 5月23日)

 これを頭に入れて、翌日の紙面(首相の言葉)を読んでほしい。

《「官邸でも自宅でも、記者が出入りする人を逐一確認している。首相動静も確かめた」とし、「自宅も含めて会っていない」と否定した。》(朝日新聞 5月24日)

 微妙な変化がわかるだろうか?

 22日は「官邸の記録を調べた」と言っていたのに、23日は「首相動静も確かめた」とわざわざ動静記事をメインにし始めたのだ。

入邸記録はあったのか、なかったのか?

 この変化はなぜか? 答えはここにある。

《菅義偉官房長官「入邸記録残っていない」 愛媛県の新文書記載の面会日》(産経ニュース 5月22日)

 首相が「官邸の記録を調べた」と言った日に、菅官房長官は「入邸記録は速やかに廃棄される取り扱いになっており、残っているか調査を行ったが確認できなかった」と述べたのだ。

 安倍首相と菅官房長官、2人の説明に食い違いが発生している。それとも、安倍首相は廃棄された記録を確認したのだろうか?

 この点に気づいたあとで23日の朝日一面を読むと流れがわかる。行間を楽しめる。

《首相は22日朝、首相官邸に入った際に記者団の質問に答え、15年2月25日の面会を否定。さらに午後の国会答弁でも重ねて否定した上で、「入邸記録は使用目的終了後、遅滞なく廃棄する取り扱いとされており、加計理事長が官邸を来訪した記録は確認できなかった」と説明。》(朝日新聞 5月23日)

 おわかりいただけただろうか。朝に言った「面会の否定」は「官邸の記録を調べた」が前提であったが(23日の朝日の別の記事・先ほど引用)、午後の国会では「入邸記録は廃棄」と首相自身が説明しているのである。午前と午後で言っていることが違う。つまりすり合わせをした様子がうかがえるのだ。

言い分の微妙なシフトに味わいがある

 このことは私だけでなく当然マスコミも気づいた。

《安倍首相、新愛媛文書を否定も菅氏発言とは食い違い》(日刊スポーツWEB 5月23日)

《午前と午後で、「新・愛媛文書」の内容に関する首相の発言が微妙にずれた。》

 そして最終的に官邸記録ではなく「首相動静も確かめた」とする言い分にシフトした。

 しかし、こうなるともっと大きな味わいどころが発生するのである。

 あれだけ朝日新聞を敵視していた安倍首相が、もしかすると朝日新聞の「首相動静」を盾にとって自分の正しさを言い始めたかもしれない、という皮肉である。

 首相が言う「首相動静」とは一般的な名称かもしれないし、他の通信社などもそういう記事のタイトルにしているが、野次馬的には朝日の「首相動静」と憶測したくなってしまう。なぜなら安倍首相が熟読を勧める読売新聞の「安倍首相の一日」ではなく、もし朝日新聞の「首相動静」を熟読して潔白を言い始めたなら……。安倍首相が愛媛新文書にどれだけ「詰められて」ピンチなのかわかる。

加計学園からの謎FAX

 すると5月26日、加計学園から1枚のFAXがマスコミに送られてきた。

《「実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出し、県と市に誤った情報を与えてしまったように思うとの事でした」とコメントを発表。当時の担当者に記憶の範囲で確認したという。》(朝日新聞 5月27日)

 安倍首相と加計孝太郎氏の面会はなかったのに、加計学園は「あった」と嘘をついて愛媛県に報告していたというのである。

 このエクストリーム展開! 離れ業!

 愛媛から次々に文書が出て、詰将棋で言えば絶体絶命だったが「そもそも将棋などない」という展開になったのだ。このパターン、いろいろ見てきたけど今回のが最強で最悪の匂いがする。

 ただ、ここまで離れ業の言い訳が発射されるのも、5月22日の朝の初動ミスに象徴される慌てぶりがあったからだろう。

 安倍首相の午前と午後の食い違い発言、そして「首相動静を盾にして反論」の流れ。今回は読み比べの醍醐味がかなりありました。

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「加計学園」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    早稲田の名物教授にセクハラ疑惑

    PRESIDENT Online

  3. 3

    大地震でも災害モードならぬ日本

    AbemaTIMES

  4. 4

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  5. 5

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  6. 6

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  7. 7

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  8. 8

    脱退2年活動禁止 NMB48奴隷契約

    文春オンライン

  9. 9

    日本人のW杯会場ゴミ拾いに称賛

    BBCニュース

  10. 10

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。