記事

問題だらけの日本スポーツ界……古い組織を変えるのは“非連続性”だ ~横浜DeNAベイスターズ前社長・池田純氏インタビュー~ - 日比野 恭三

 いま、日本のスポーツ界は岐路に立っている。

 横綱による暴力事件に揺れた相撲界。指導者によるパワハラ行為が明るみに出たレスリング界。そして、大学定期戦での悪質なタックルに端を発して大騒動に発展しているアメリカンフットボール界……。

 サッカーでは日本代表監督を解任されたハリルホジッチ氏が日本サッカー協会を提訴する事態となり、バドミントンでも選手の所属先移籍をめぐるトラブルが報じられた。

DeNAベイスターズ前社長が語る「日本スポーツの問題点」

 こうした現状に対し「組織に問題がある」と指摘するのは、池田純氏だ。


スポーツビジネスを学ぶ「NSBC」の学長を務める池田純氏 ©杉山拓也/文藝春秋

 横浜DeNAベイスターズの前社長として、球団の業績を24億円の赤字から黒字化へと導いた実績を持つ池田氏は現在、『Number Sports Business College(NSBC)』の学長を務める。NSBCは2期目を迎え、登壇したゲストは30名近い。スポーツ界のキーマンとの対話を重ねる中で浮かび上がってきたのが、協会や連盟、あるいは企業や大学といった「組織」に大きな問題点が潜んでいるという気づきだった。

「いま、いろいろな競技で問題が起きていますが、その根本には構造的な問題があるのではないかと思います。特に、上層部にいるのが利害関係者だという点ですね。たとえば外からやってきた若い人のように、利害関係がない人は『ファンや世の中が何を求めているか』という目線で運営することができる。

 でも利害関係者がトップにいると、忖度が生まれたり、意思決定が既存の業界寄りのものになってしまいます。プロ野球の球団に親会社がいるのも同じ構図。試合中継のあり方をとってみても、ファンにとってより利便性のあるサービスが提供できるはずなのに、親会社との利害関係の中で放映権の扱いにはさまざまな制限がかかってくる。要はアジェンダが変わってきてしまうんです」

組織の防衛や要職者の保身が目立つ

 池田氏の言うアジェンダとは、組織が意思決定し、行動する際の指針となる理念や大方針のこと。スポーツの企業や競技団体が掲げるべきアジェンダとしては、その競技の幅広い普及と将来にわたる発展、競技を通じた心身の健全な成長、プロならばファン目線に立ったビジネス施策によって一定の利益をあげることなども入ってくるだろう。

 しかし、現状を見る限り、ひとたび大きな問題が起きると組織の防衛や要職者の保身を優先し、世間が期待する解決の道筋とは乖離した対応に終始しているケースがほとんどに思える。速やかな調査による事実関係の把握と、それに基づく厳正な処分、社会に対する声明の発表などを率先して行い、各々が管轄する競技の環境を一刻も早く正常化させようという姿勢がなかなか見えてこないのだ。

業界の常識の延長戦上で考えるな

 旧来からの利害関係にどっぷりと浸かった組織を変革することは容易ではない。その分厚い壁を打ち崩すには「非連続が大切だ」と池田氏は言う。

「私は野球界とはまったく無縁のキャリアから球団社長になって、現場介入もしたし、横浜スタジアムのTOBも成功させた。それまでは不可能だ、タブーだとされてきたことをどんどんやったんです。業界の常識の延長線上で考えるのではなく、非連続だったからこそできたのだと思います。

 特にスポーツは夢を描くことが大切。外の世界からの視点で『ここまでやればみんなが夢を持てるな』というラインを最初に思い描いて、あとはそこまでのプロセスを高いクオリティで積み上げていく。既存の利害関係がないからゴールまで突き進めるし、そこまで行って初めて非連続が起こる。利害関係がある業界関係者には思い描けない絵を実現できるんです」

元選手が運営にまわるのはよくない、という風潮への疑問

 NSBCでは、非連続を起こしてくれそうな人物との出会いもあった。オーナーという立場から新日本プロレスに関わっていくことを選んだ木谷高明氏や、30代の若さで日本フェンシング協会の会長に就任した太田雄貴氏、同じく引退後まもなく全日本スキー連盟の要職に就きさまざまな改革に積極的に取り組んでいる皆川賢太郎氏、柔道全日本男子監督として日本柔道の復権を推し進めてきた井上康生氏といった面々だ。

 利害関係者の存在を問題点として指摘しながらも、希望を感じさせてくれる人材として競技経験者の名前が多く挙がるところが興味深い。

 その点について、池田氏はこう説明する。

「競技あがりの人(=元選手)が協会に入って運営する側にまわるのはよくないという声がありますが、それはちょっと違うかなと。彼らは若いこともあって、業界の利害関係にがんじがらめにされていないし、すごく自由な発想からスタートできる強みがある。選手の強化やトレーニングに対する考え方も、かつてのような根性論ではなく、科学的な視点を持っています。現に結果も出してきていますよね」

“非連続”を起こすのはどのような人物か

 彼らのような非連続な存在には共通点がある、と池田氏は見ている。

「想像力と推進力を掛け合わせた人。この両方の要素を持ち合わせていないと非連続を起こすのは難しい。たとえばスティーブ・ジョブズがそうだったと思うんです。新しい視点でものづくりに挑んで、アップルという大企業をつくり上げた。そうやって組織力を構築できれば、スティーブ・ジョブズがいなくても100点満点中60点ぐらいの製品を世に送り出し続けることはできるでしょう。

 でも、それもこの先ずっと成功するとは限らない。絶えず変わっていく世の中で、人の心を惹きつけられる商品を生み出すには、またどこかで非連続を起こす必要があるのだと思います」

 夢を描き、それを実現できる人。非連続の起点となりうる人。しがらみなく改革へと突き進む彼らこそ、岐路に立つ日本スポーツ界の希望の光と言えるのかもしれない。

INFORMATION

「Number Sports Business College」とは

横浜DeNAベイスターズ前球団社長で、現在はスポーツ庁参与、明治大学学長特任補佐など多方面で活躍する池田純氏が昨年4月に開講。
各競技団体やスポーツビジネスの世界で活躍している方を講師として招き、受講者を交えたディスカッションによりスポーツ経営人材の輩出を目指します。
今後の予定は6月14日の第5回に藁科義弘氏(川崎フロンターレ代表取締役社長)、6月27日の第6回に桑田真澄氏(元プロ野球選手)など豪華講師を招き、最前線の講義を展開します! 詳細、受講申込は下記リンクから。
「Number Sports Business College」はこちら

 鈴木大地氏、川淵三郎氏、為末大氏、堀江貴文氏など、豪華講師陣がスポーツビジネスの最前線を徹底解説した新書『最強のスポーツビジネス』(文藝春秋)も好評発売中。

(日比野 恭三)

あわせて読みたい

「日大アメフト問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  3. 3

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  4. 4

    朝日のギャンブル報道が支離滅裂

    木曽崇

  5. 5

    不妊の原因 約48%は男性側に異常

    幻冬舎plus

  6. 6

    宗男氏「石破氏発言は筋通らぬ」

    鈴木宗男

  7. 7

    子供を大学に入れるヤクザが増加

    NEWSポストセブン

  8. 8

    メディアは国民の敵? 米国で賛否

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    対人の信頼度 韓国が大幅に下落

    NewSphere

  10. 10

    クイズ不正解で有給認めず物議に

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。